米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアルズ世代にはブランドは関係ない」

米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアルズ世代にはブランドは関係ない」

購買対象者は「ミレニアルズ世代」、「全商品3ドル均一」の一般消費財を売るEコマース・サイト「Brandless」(ブランドレス)。「今の若者は商品が良ければ、ブランドにはこだわらない」という起業家のアイデアに投資家が賛同し、約5千万ドル(約55億円)を集めて昨年起業、先月サイトをローンチした。


 ミレニアルズ世代(1980年代〜2000年代前半生まれ)の消費者は、「ブランド名で商品を選ぶのではなく、良い原材料を使った質の高い商品を安く買い、それを購入することで社会貢献もできることを求める」いう前提に基づき、「ミレニアルズ世代のための雑貨メーカー」というコンセプトで7月11日にローンチした一般消費財Eコマース・サイトの「Brandless」(ブランドレス)。
 巨大Eコマースのアマゾンドットコム社や、全米を網羅する大型スーパーマーケット、ウォルマート社が運営するJet.comなどは、「多様なメーカーの商品が何でも揃う」という構成で成功しているが、ブランドレス社は「販売商材は必要なものだけを揃える」という正反対の戦法で、パッケージや金額、商品構成などについても、すべてを「限りなくシンプルに」構成している。

 同サイトの商品写真を見て頂ければ一目瞭然だが、商品名だけが書かれたシンプルなパッケージに入った洗剤や石鹸、オリーブオイル、包丁などが、すべて「3ドル均一」で販売されている。3ドル以下の商品は数を増やして1オーダーが3ドルになるように揃えている。また、洗剤は1種類のみ、オリーブオイルも1種類のみと、ひとつの商品には他の選択肢がない。しかし、選択肢は少ないが、オーガニック食品やオーガニック綿、フェアトレードのコーヒー豆、グルテンフリー食品など、原材料や素材にこだわったオールナチュラルの商品だけを揃えているのが特徴だ。

 創業者のひとり、ティナ・シャーキー氏は、「すべてが均一価格だと消費者は安心して購入でき、各アイテム1種類しかないので迷うこともない。ブランド名称代金を支払わない分、オーガニックやフェアトレード商品なども価格を下げて販売できるので、一般的な家庭でもオーガニック商品が入手しやすくなるはず」と、話している。

 冒頭でも述べたように、アマゾンの逆を行くビジネスモデルの同ビジネスに、約5千万ドル(約55億円)の投資が集まった。ここに投資した企業には、カウボーイ・ベンチャーズ社、レッドポイント・ベンチャーズ社、グーグル・ベンチャーズ社などが入っている。

参考記事:A new startup that sells everything from chef's knives to maple syrup for just $3 raised $50 million to be the 'Procter & Gamble for millennials'
若者に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

アメリカの若者のエクササイズ事情:運動というライフスタイルのかたち

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちのエクササイズのトレンドについてお届けする。


アメリカの若者たちに大人気の電子タバコ、JUULとは?

アメリカの若者たちに大人気の電子タバコ、JUULとは?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちの間に急速に浸透したフレーバー入りの電子タバコ「JUUL」(ジュール)と、それにまつわる様々な問題について。


なぜ、アマゾンは毎日5,000本ものバナナを配り続けるのか?

なぜ、アマゾンは毎日5,000本ものバナナを配り続けるのか?

米アマゾン・ドットコム社の本社があるシアトルの街中で、無料のバナナ・スタンドを開始したのは2015年12月。昨年1月には配布100万本を達成し、来月末でスタンド開始から早3年が経とうとしている。同社は今後もバナナの配布を続ける予定だというが、なぜバナナなのだろう?


リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。シアトル市議会が大企業向けの新税をたった1カ月で撤回。リベラルでもうんざりするような「行き過ぎた人助け」の実態とは?


米ウォルマート、グーグルの自動運転車で送迎テスト

米ウォルマート、グーグルの自動運転車で送迎テスト

北米を制する小売業界の王者、ウォルマートが、元グーグル開発チームによる自動運転車、Waymoと提携し、顧客が購入した商品を自動運転車で受け取りに行けるシステム開発に取り組むことを発表した。オンラインの帝王、アマゾンドットコム社に対抗するための措置とみられている。






最新の投稿


来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

来年は「カツサンド」がアメリカのトレンドに?

アメリカでは年末が近づくと発表される、来年の「レストラン・メニューのトレンド」予想。今年の食トレンドは、「サステーナブルなシーフード」、「手作り調味料」、メルロー・カットなど牛ステーキの「新カット」などだったが、来年は日本が誇るB級グルメ「カツサンド」が、アメリカのレストランにおけるトレンドになるらしい。


成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

成功への選択「脱、暴飲暴食」2018年12月14日~12月20日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


共和党の民意無視がアメリカを蝕む

共和党の民意無視がアメリカを蝕む

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、先の中間選挙で共和党州から民主党州に変わった州の現知事が、退任前に新しく就任する知事の権力を制限する法律を制定しようとする動きについて、著者の憤慨をまとめた。


アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

アメリカで再注目されている「サードプレイス」の重要性

日常生活の中で定期的に通えて、第三者と会話を交わせる場所「サードプレイス」が、個人や地域の活力を生み出す上で重要であると社会学者のレイ・オールデンバーグ氏が提唱したのは、今から約20年前のことだ。ネット社会が確立した今、アメリカでは再び、自宅でも職場でもない第三の場所、「サードプレイス」の重要性が注目されている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング