米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアル世代にはブランドは関係ない」

購買対象者は「ミレニアル世代」、「全商品3ドル均一」の一般消費財を売るEコマース・サイト「Brandless」(ブランドレス)。「今の若者は商品が良ければ、ブランドにはこだわらない」という起業家のアイデアに投資家が賛同し、約5千万ドル(約55億円)を集めて昨年起業、先月サイトをローンチした。


 ミレニアル世代(1980年代〜2000年代前半生まれ)の消費者は、「ブランド名で商品を選ぶのではなく、良い原材料を使った質の高い商品を安く買い、それを購入することで社会貢献もできることを求める」いう前提に基づき、「ミレニアル世代のための雑貨メーカー」というコンセプトで7月11日にローンチした一般消費財Eコマース・サイトの「Brandless」(ブランドレス)。
 巨大Eコマースのアマゾンドットコム社や、全米を網羅する大型スーパーマーケット、ウォルマート社が運営するJet.comなどは、「多様なメーカーの商品が何でも揃う」という構成で成功しているが、ブランドレス社は「販売商材は必要なものだけを揃える」という正反対の戦法で、パッケージや金額、商品構成などについても、すべてを「限りなくシンプルに」構成している。

 同サイトの商品写真を見て頂ければ一目瞭然だが、商品名だけが書かれたシンプルなパッケージに入った洗剤や石鹸、オリーブオイル、包丁などが、すべて「3ドル均一」で販売されている。3ドル以下の商品は数を増やして1オーダーが3ドルになるように揃えている。また、洗剤は1種類のみ、オリーブオイルも1種類のみと、ひとつの商品には他の選択肢がない。しかし、選択肢は少ないが、オーガニック食品やオーガニック綿、フェアトレードのコーヒー豆、グルテンフリー食品など、原材料や素材にこだわったオールナチュラルの商品だけを揃えているのが特徴だ。

 創業者のひとり、ティナ・シャーキー氏は、「すべてが均一価格だと消費者は安心して購入でき、各アイテム1種類しかないので迷うこともない。ブランド名称代金を支払わない分、オーガニックやフェアトレード商品なども価格を下げて販売できるので、一般的な家庭でもオーガニック商品が入手しやすくなるはず」と、話している。

 冒頭でも述べたように、アマゾンの逆を行くビジネスモデルの同ビジネスに、約5千万ドル(約55億円)の投資が集まった。ここに投資した企業には、カウボーイ・ベンチャーズ社、レッドポイント・ベンチャーズ社、グーグル・ベンチャーズ社などが入っている。

参考記事:A new startup that sells everything from chef's knives to maple syrup for just $3 raised $50 million to be the 'Procter & Gamble for millennials'
若者に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ。先週はアマゾンの新規医療健康ビジネスや、テスラCEOによる冗談のようなビジネスに注目が!


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、不法移民の親に連れられてアメリカに渡り、アメリカで育った子供たち「ドリーマーズ」に対する保守派の意見


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング