米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアルズ世代にはブランドは関係ない」

米国スタートアップ企業①ブランドレス「ミレニアルズ世代にはブランドは関係ない」

購買対象者は「ミレニアルズ世代」、「全商品3ドル均一」の一般消費財を売るEコマース・サイト「Brandless」(ブランドレス)。「今の若者は商品が良ければ、ブランドにはこだわらない」という起業家のアイデアに投資家が賛同し、約5千万ドル(約55億円)を集めて昨年起業、先月サイトをローンチした。


 ミレニアルズ世代(1980年代〜2000年代前半生まれ)の消費者は、「ブランド名で商品を選ぶのではなく、良い原材料を使った質の高い商品を安く買い、それを購入することで社会貢献もできることを求める」いう前提に基づき、「ミレニアルズ世代のための雑貨メーカー」というコンセプトで7月11日にローンチした一般消費財Eコマース・サイトの「Brandless」(ブランドレス)。
 巨大Eコマースのアマゾンドットコム社や、全米を網羅する大型スーパーマーケット、ウォルマート社が運営するJet.comなどは、「多様なメーカーの商品が何でも揃う」という構成で成功しているが、ブランドレス社は「販売商材は必要なものだけを揃える」という正反対の戦法で、パッケージや金額、商品構成などについても、すべてを「限りなくシンプルに」構成している。

 同サイトの商品写真を見て頂ければ一目瞭然だが、商品名だけが書かれたシンプルなパッケージに入った洗剤や石鹸、オリーブオイル、包丁などが、すべて「3ドル均一」で販売されている。3ドル以下の商品は数を増やして1オーダーが3ドルになるように揃えている。また、洗剤は1種類のみ、オリーブオイルも1種類のみと、ひとつの商品には他の選択肢がない。しかし、選択肢は少ないが、オーガニック食品やオーガニック綿、フェアトレードのコーヒー豆、グルテンフリー食品など、原材料や素材にこだわったオールナチュラルの商品だけを揃えているのが特徴だ。

 創業者のひとり、ティナ・シャーキー氏は、「すべてが均一価格だと消費者は安心して購入でき、各アイテム1種類しかないので迷うこともない。ブランド名称代金を支払わない分、オーガニックやフェアトレード商品なども価格を下げて販売できるので、一般的な家庭でもオーガニック商品が入手しやすくなるはず」と、話している。

 冒頭でも述べたように、アマゾンの逆を行くビジネスモデルの同ビジネスに、約5千万ドル(約55億円)の投資が集まった。ここに投資した企業には、カウボーイ・ベンチャーズ社、レッドポイント・ベンチャーズ社、グーグル・ベンチャーズ社などが入っている。

参考記事:A new startup that sells everything from chef's knives to maple syrup for just $3 raised $50 million to be the 'Procter & Gamble for millennials'
若者に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。シアトル市議会が大企業向けの新税をたった1カ月で撤回。リベラルでもうんざりするような「行き過ぎた人助け」の実態とは?


米ウォルマート、グーグルの自動運転車で送迎テスト

米ウォルマート、グーグルの自動運転車で送迎テスト

北米を制する小売業界の王者、ウォルマートが、元グーグル開発チームによる自動運転車、Waymoと提携し、顧客が購入した商品を自動運転車で受け取りに行けるシステム開発に取り組むことを発表した。オンラインの帝王、アマゾンドットコム社に対抗するための措置とみられている。


宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

宅配からシフト? アメリカの「ミール・キット」は店頭販売

あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料がセットされた「ミール・キット」。食材を洗ったり、切ったりする必要がなく、同封レシピに沿って調理すれば30分以内で美味しい食事を楽しめるキットは宅配が主流だったが、アメリカでは「ミール・キット」がスーパーマーケットやドラッグストアで販売される方向にシフトしているという。


「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

米アマゾンドットコム社が、鳴り物入りでオープンした無人精算システム小売店「Amazon Go」の存在を脅かすライバルが登場した。相手はアマゾン本社と同州内に本社を構えるマイクロソフト社だ。マイクロソフトの新開発システムは、アマゾンに対抗できるのだろうか?


アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……






最新の投稿


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


世界の種子を制するモンサントを告訴した米男性、奇跡の勝訴!

世界の種子を制するモンサントを告訴した米男性、奇跡の勝訴!

とうもろこしや大豆など遺伝子組換え種子や農薬を生産販売してきた多国籍バイオ化学メーカー、モンサント社の主力除草剤「ラウンドアップ」。これに発がん性があることを隠して販売していたとして、末期がんを宣告された男性が同社を告訴していた裁判で11日、男性側が勝訴。モンサントは約320億円の賠償金の支払いを命じられた。


米自動車大手GMに最年少シンデレラCFOが誕生

米自動車大手GMに最年少シンデレラCFOが誕生

9月から米ゼネラル・モーターズ社(GM)の最高財務責任者(CFO)に39歳の女性が就任する。これにより同社過去最強との呼び声も高い敏腕女性社長、メアリー・バーラCEOが率いるGMのイメージが、さらに変わりそうだ。男性中心の自動車産業で唯一、女性がトップを務めるGMのジェンダー・バランスは業界を変えていくのだろうか。


成功への選択「意外な来客」2018年8月10日~8月16日

成功への選択「意外な来客」2018年8月10日~8月16日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露。今回は、『フォーブス』誌が掲載した、トランプ大統領とイーロン・マスクの類似点をあげた記事を読んだ両者の意見を聞く。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング