偽の警察機関が120万ドル相当の武器を獲得できた理由

偽の警察機関が120万ドル相当の武器を獲得できた理由


 米連邦議会行政監査局(GAO)は、他の連邦機関の監査や捜査、政策分析などを行い、その情報を議会に提供する機関で、議会の番犬とも呼ばれている。そのGAOが今年は「おとり捜査」という手段を使い、米国防総省をひっかけた。
 架空の警察機関を作り上げ、国防総省に軍隊級の装備を申請したのだ。それらしいウェブサイトを設け、住所は検索すれば空き地にたどり着く、簡単にわかるものだったのにもかかわらず、1週間もしないうちに申請は通り、「おとり」の警察機関は、暗視用眼鏡、M-16A2ライフル銃、パイプ爆弾材料など、120万ドル相当の軍隊級装備を入手した。「確認らしいことは何もせず、現場を見に来るということもしない。ほとんどすべてが電子メールで片付いた。まるでeBayで買い物するようなものだった」と同捜査を担当したチームの責任者は語っている。
 国防総省は、今後は確認手続きを強化し、現場確認なども怠らないと約束したとGOAは報告している。この国防総省の大失態をRedとBlueはどう見るか?

出典『Wired』
元記事:How Fake Cops Got $1.2 Million in Real Weapons
RED:政府が無能だって? いや違うね。
“Government is Incompetent? Say it isn’t so”

 どんな政府だって間違いは犯す。この記事はトランプ大統領就任後、政府は以前よりもっと無能になったと断言しようとしている。

 どれ、その判定を少し正してみようか。オバマ大統領時代の2009年、米国アルコール・タバコ・火器取締局(ATF)は、メキシコの麻薬カルテルの犯罪組織に2000点もの武器の販売を促進し、即座に紛失している。これは米国境警備員ブライアン・テリー氏が、その紛失した武器で殺害されたことで発覚した。ATFはエリック・ホルダー司法長官(当時)の監督下にあったのだが、長官は「そういうことが起こっていたとは知らなかった、どうしてATF がそうした販売を認めたのか、FBIのだれがそれを知っていたのかわからない」と言っている。
 つまり、ホルダー元長官が公式質問の際に議会にウソをついたか、あるいは彼がまったく無能だったかのどちらかだ。

 さらに、リビアのベンガジにおけるアメリカ大使館襲撃がある。この時のアメリカ政府の役人の対応は完全に無能で恥ずべきものだ。英国の電信によると、当時(2012年9月)の米国中央情報局(CIA)が、アサド政権に対抗するグループの手に渡ることを期待して、リビアの地元民兵団に武器(高度な防空兵器システムを含む)の販売を促進していたらしい。もちろん、これらすべては2012年9月11日にベンガジの米国大使がテロリストに襲われ、崩壊した。
 オバマ大統領とヒラリー・クリントン国務長官は、これらの防空兵器がどこにあるか知らないし、アメリカ政府が無能であったことから不必要に命を落とした4人のアメリカ人の襲撃について、何ら対応策を立てていない。

 覆面捜査によってアメリカ政府が120万ドルの武器を失ったことは確かに良くない。しかし、それは今に始まったことではないのだ。少なくともトランプ大統領の下では、偽の警官に扮した政府職員に売られただけだ。それに引き換えオバマ大統領は、本物の武器を本物の犯罪者に売って、5人もの死者を出している。


BLUE:どうして警察に軍隊用の武器が必要なのか?
“Why Do the Police Need Military Weapons?”

 そもそも、なぜ警察に軍隊用の武器を売ろうとするのか、このコラムの読者は疑問に思うことだろう。1997年、アメリカ政府は軍隊・警察双方の経費節減のために、軍隊の余剰装備を警察に譲渡することを許可する法律を作った。譲渡されたほとんどの装備は武器ではなく、衣服や医療器材といったものだったが、警察署によっては装甲車のようなものを受け取ったところもある。アメリカ人は時にして、警察署がそうした本格的な装備をしていることを知って驚かされることがある。

 今回、バイヤー(偽警官)が本当の犯罪者でなかったのは、売り手にとって幸いなことだった。犯罪者に武器を売る者は、犯罪者と同じだけ非難されるべきだ。アメリカの警察が厳重に武装しているのは事実で、戦場にあってもおかしくない車両を携えている。武器が必要とされること自体はとても残念なことだが、警察が危険な状況に備えて十分な装備をしていることは安心につながる。
 しかし、大切なことは、警察は決して占領軍のように振る舞ってはならないということである。過去に警察が過度の武力と装備で対応して、大変な非難を浴びたことがある。警察の仕事は市民を守ることであって、市民を一掃することではない。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

この記事の寄稿者

「市民の声」を分かりやすくお届けする公式企画。分断が進むアメリカで、対立する思想を持つ市民はひとつのニュースをどう読むのか?
 対立する思想を持つ市民たちによって深まるアメリカの「分断」。アメリカには二大政党の共和党(保守)と民主党(リベラル)があるが、それぞれの政党支持者は、どれだけ考え方が異なるのだろう?人口で見ると保守派、リベラル派の比率は約半々で、両者のものの考え方は、水と油ほど異なると言われている。日本からはあまり分からない「普通」のアメリカ人たちの思想の傾向。
 この連載では保守派共和党の公式カラーである赤、リベラル派民主党の青をタイトルに、アメリカ国内で報道された「ひとつの記事」に対して、保守派(赤)とリベラル派(青)のアメリカ人がそれぞれのどんな見解を示すかを対比するBizseedsイチオシの連載・特別企画!

関連する投稿


マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

マイクロソフトが米国防省のクラウド契約を獲得

米国防省、通称「ペンタゴン」のクラウド・コンピューティング契約をマイクロソフト社が獲得した。これは破竹の勢いで拡大を続けるアマゾンドットコム社(AWS)が取ると見られていたため、米国防省のこの決定に業界がざわついている。


保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがここ2カ月間に報道したニュースの中で、多くの保守派が「フェイク・ニュース」だと断言しているニュースの「ワースト5」を紹介しよう。


高給を約束!? 中国がLinkedInでスパイをリクルート

高給を約束!? 中国がLinkedInでスパイをリクルート

世界中に5億4千万人超のユーザーを持つ、ビジネス特化型SNS「LinkedIn(リンクトイン)」。求職者の転職、企業の採用やビジネス上でのネットワーキングに広く使われているサービスだ。29 日、このLinkedInを使って中国政府が諜報員を世界規模でリクルートしていることを『NYタイムス』紙が記事にし、ユーザーに注意を促した。


アメリカとメキシコの国境の壁を挟んだピンクのシーソー

アメリカとメキシコの国境の壁を挟んだピンクのシーソー

アメリカとメキシコの国境の壁を挟んで設置したピンク色のシーソーで子供たちが遊ぶ映像がSNSを賑わせている。国境周辺の状況が悪化している中、人々に結束や調和を訴える目的で米カリフォルニア州にある大学の二人の教授が仕掛けた「アート・インスタレーション・イベント」だという。


国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

国境警備員の仕事は子守じゃない! 民主党が招いた不法移民激増の危機

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はメキシコ国境があるテキサス州の住人だからこそ見える国境警備隊と不法移民たちの日常と、保守派は不法移民の激増をどう見ているのかについて。






最新の投稿


育毛もテックな時代に?!

育毛もテックな時代に?!

米ノースキャロライナ州に拠点を置くPhotonMD社が販売しているテックな育毛医療機器が、密かな話題を呼んでいる。男女問わず、いわゆる若ハゲ(アンドロゲン性脱毛症)やストレス性脱毛などに高い効果があるという。どんな商品なのだろう?


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング