空への夢の始まり⑦――ハロウィーン・パーティーの悪夢

空への夢の始まり⑦――ハロウィーン・パーティーの悪夢


 アメリカ留学生活も半年が過ぎる頃には、英語に耳が慣れて来て、少しずつ会話が聞き取れるようになった。でも、なかなか自分からは話しかけられない。うまく想いを伝えられず、単語で返答するのがやっとだった。自分から話しかけられる度胸がついてきたのは、1年が過ぎた頃だ。今となっては、何でも来い!と思えるような小さなことでも、18歳だった私は失敗を恐れるあまり、ぎこちない会話をすることが精一杯だった。

 そんな時期に、とんでもないカルチャーショックに遭遇した。それは渡米2年目のハロウィン・パーティーのことだ。大学の寮で一緒に暮らしていた友達にハロウィーンのパーティーに誘われた。それは、キャンパス外の大きな邸宅で300人近くの学生が集まるという大規模なパーティーで、私にとってアメリカ生活で初めての大きなパーティーだった。英語が上手く話せなかったので社交の場は苦手だったが、お祭りのような賑わいと雰囲気に飲み込まれ、私も友達が用意してくれた魔女のコスチュームに身を包み、 興味津々で参加した。

 夕方からのパーティーだったが、周囲はもう真っ暗だった。大きいがとても古い家で、音楽や大きな喋り声が遠くからでも聞こえてきた。家の中に入ると、歩く場所もないほどの人でいっぱいだった。ほとんどがキャンパスで見かける学生たちだ。みんなそれぞれ仮装をして、楽しそうにお酒を片手に騒いでいた。人がこんなに大勢いるパーティーは初めてで、それに加えて部屋には煙が充満して目が痛かった。私は早くも不安になり、日本人の友達から離れないようにしていたのだが、途中で見失ってしまった。

 英語が話せないので「ハーイ」と愛想笑いをしながら、友人を探してお屋敷の中を歩いた。地下にも部屋があり、ちょっとのぞいて見ると、なんだかすごく煙たい。むせるほどでは無かったが、前が見にくいほど煙が充満していた。と、その時、上階の床がバタバタと人々が走り去る足音できしみ始めた。「なんだ? なんだ?」と思っているうちに部屋に警察官が入ってきた。「みんな動くな!」と言っていた気がするが、煙で周りがよく見えず、訳がわからなかった。

 警察官に誘導されて外に出ると、私は尋問を受けた。自分に何が起きているのか全くわからないまま、不安と恐怖で涙が出てきた。警察がやって来たのは、違法ドラッグの取り締まりのためだった。 今こそアメリカでは州によって大麻は合法だが、当時は簡単に手に入る大麻も違法だった。そもそも大麻がどんなものかも知らない私には、あの部屋の煙と、タバコの煙の区別もつかなかったが、警察にいろいろ聞かれても混乱して全く相手の言っていることが聞き取れなかった。どうにか私が何も関係していないことがわかると、警察はすぐ放免してくれたが、寮への帰り道は自分に起きたことへのショックと、楽しい会が一変する場面に簡単に遭遇してしまうアメリカの怖さを見たことで相当落ち込んだ。

 私を含め日本で育った人は、違法ドラッグの取り締まりに巻き込まれる経験をすることなど、ないのが普通だろう。初めてのハロウィーン・パーティーでの経験は私にとって一種のトラウマになり、子供が生まれるまではハロウィーンは最も苦手な行事となってしまった。ドラッグが簡単に入手できるアメリカ社会は、イノセントな日本人にとって最も大きなカルチャーショックではないだろうか。

学生に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。






最新の投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

シカゴを拠点に30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南する、岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。トランプ政権も2年目に突入し、アメリカの好景気が続く中、どのようなビジネスがアメリカに進出しやすいのだろうか?


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング