リベラル派と保守派の不法移民に対する温度差は何に起因するのか?

リベラル派と保守派の不法移民に対する温度差は何に起因するのか?


 リベラル派のほとんどは都会に住み、8割方はホワイトカラーの裕福な人々だ。

 彼らが接する不法移民は、子どもたちの面倒を見てくれるベビーシッター、黙々と働いてくれる家政婦、庭の芝刈りやプールの掃除をしてくれる労働者など、安い労働力を提供してくれるありがたい存在。そのため、リベラルな人々は費用効率のいい働き者の不法移民に同情的だ。

 一方、ベビーシッターや家政婦を雇えず、大きな庭もプールもない家に住み、麻薬の被害者が多い労働者階級の人々にとっては、不法移民は建設業者に安い労働力を提供してブルーカラーの人々の賃金を下げ、メキシコ国境から麻薬を運んでくる悪者という存在にかわる。

 それに加え、テキサス州やアリゾナ州などメキシコと国境を接するレッド・ステイツ(共和党派が多い州)では、国境警備隊が不法移民に襲われる事件や密入国を斡旋している麻薬カルテルの犯罪が頻繁に報道されている現状もある。
 この数週間にテキサスで特に大きく報道された事例だけでも、ざっと以下のような感じになる。

■ 7月23日、サン・アントニオで密入国斡旋カルテルに置き去りにされたトレイラーの中から、不法移民8人の死体が発見された。

■ 7月28日、港町ラレードで800万ドル相当の麻薬が押収された。

■ 7月30日、メキシコ・テキサス国境でメキシコ軍と麻薬カルテルの銃撃戦があった。

■ 7月31日、ジョージ・ブッシュ高校で11人が結核に感染していることが発覚したため、生徒と職員の結核検査が必要になった(プライバシー保護の立場から感染者の名前は公表されていないが、結核が発見された地域のほとんどが不法移民や難民が圧倒的に多かったため、大多数のテキサス人が「結核を持ち込んだのは不法移民の子どもだ」と認識)。

■ 8月5日、ヒューストンの住民二人を殺した容疑で捕まった不法移民ギャングの裁判で、地方検事が「彼らは縄張り内の住民に恐怖を植え付けるために、裏切り者を殺すときは刃物で滅多切りにしたり、弾丸をいくつも撃ち込み、意図的に惨殺している。」と発言。


 このように地元ニュースで報道される事件に加え、国境周辺の住人は不法移民から様々な被害を受けている現状もある。「不法移民に洗濯物やニワトリ、家庭菜園のトマトなどを盗まれた」、「不法移民が運転する車にぶつけられた」などの実害を被ったという報告は後を絶たない。前述したようなニュースや住民の被害話は、全米で放送されている保守派のラジオ番組で逐次取り上げられているため、国境に隣接した州以外の州に住む保守派も、”不法移民”という言葉を聞くと反射的に犯罪者を思い浮かべる。

 しかし、リベラルが9割方を占める大手メディアでは、不法移民に不都合なことは一切報道しない。そのため、リベラルな人々は不法移民による犯罪が頻発している事実を全く知らないまま、被害者たち及び被害者に同情的な人々が不法移民受け容れに反対する真の理由を理解できず、「保守派や労働者階級の人間は、心の狭い人種差別者だから不法移民が嫌いなのだ」と、信じ込んでしまうケースが多いと言える。

 2011年に会計検査院が発表した調査報告書によると、連邦刑務所の囚人の27%が外国籍(内訳はメキシコ国籍68%、コロンビア5%、ドミニカ共和国5%、キューバ3%、ジャマイカ2%、エルサルバドル2%、ホンデュラス2%)で、彼らの約半数が麻薬関連の犯罪、約3割が強盗・暴行の罪で投獄されている。この中には合法移民の外国籍者も含まれており、不法移民のみの数は明らかにされていない。しかし常識的に考えて、労働ビザや永住権の取得には「過去に住んだどの国でも前科がないことを証明しなければ与えられない」という条件があるため、合法移民が犯罪に走る例は少ないと考えられる。保守派が「不法移民は麻薬と犯罪を持ち込む」と思うのも無理はない。

 さらに、テキサスやアリゾナでは、何万人もの不法移民の子どもたちが公立学校に通っている。その彼らの学費や給食費、英語の補習費をまかなうための州税もバカにならない。また、スペイン語しかできない不法移民の子どもの世話に教師の手間暇がかかりすぎて授業がうまく進められず、学校全体の成績が下がる例も少なくない。

 リベラルなエリートたちも、テキサスやアリゾナの国境の町で1年ほど暮らして、スペイン語を話す生徒が圧倒的に多く、治安の悪い公立学校に子どもたち通わせてみてはどうだろう。そうすれば、保守派の気持ちを少しは理解できるかもしれない。不法移民による被害を毎日肌で体験している人々の苦労をリベラル派が理解できれば、「不法移民の子どもがかわいそう」という感情論だけに押し流されることなく、まともなディベートが成立し、建設的な不法移民対策を講じることができるはずである。

移民に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。


それでも、やっぱり「仮想通貨投資」はやめられない

それでも、やっぱり「仮想通貨投資」はやめられない

1月26日、仮想通貨取引所大手のコインチェックが利用者から預かった約580億円相当の仮想通貨「NEM」を不正アクセスによって失った事件は、アメリカでも話題になったが……。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、不法移民の親に連れられてアメリカに渡り、アメリカで育った子供たち「ドリーマーズ」に対する保守派の意見






最新の投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

シカゴを拠点に30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南する、岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。トランプ政権も2年目に突入し、アメリカの好景気が続く中、どのようなビジネスがアメリカに進出しやすいのだろうか?


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング