テネシー州の裁判官「避妊手術を受けた服役者は刑期を短縮」

テネシー州の裁判官「避妊手術を受けた服役者は刑期を短縮」


 処方鎮痛剤の乱用が招いたオピオイド中毒は全米に蔓延しており、その問題が特に深刻なテネシー州では、オピオイドの過剰摂取による死者が2015年だけで1400人にものぼった。同州ホワイト郡一般裁判所法廷のサム・ベニングフィールド裁判官によると、犯罪に走る中毒患者も多く、法廷が取り扱う事件の圧倒的多数がドラッグに関連した犯罪だという。

 そこで同裁判官が出した解決法が、同郡の刑務所の服役者に対し、「長期的な避妊処置をしたら刑期を30日短縮する」というもの。男性は「精管切除手術」いわゆるパイプカット、女性はネクスプラノンと呼ばれる腕へのインプラントで、施術費用は無料。いずれもほぼ3年間避妊できる。同裁判官は、「これは命令ではない。出所後、望まない妊娠をして社会復帰が難しくなるのを避け、この間にリハビリを受けて生活の立て直しをするよう役立ててもらいたい」と話し、更生の手助けになることを望んでいると言う。

 しかし、このニュースが報道されると各方面から非難の声が上がった。全米最大の人権団体、アメリカ自由人権協会(ACLU)テネシー州取締役のヘディ・ワインバーグ氏は、「刑期と避妊をはかりにかけて選ばせるのは生殖の自主性の権利を侵すものであり、憲法違反だ」と非難し、「裁判官は地域に重要な役割を持つが、個人の妊娠を監督するのは仕事の範囲ではない」と訴えている。また、同郡の地区検事長 も「長期的な避妊を決断するのは個人的な問題で、裁判所が勧めたり命令したりすべきものではない」と話している。

 そうした世間の喧騒をよそに、当事者である服役者は、これまでに少なくとも24人の女性がインプラントの施術を受けており、男性38人が施術申し込み手続きをした。

 「女性たちに、自分の生活を立て直すために何ができるか考えるチャンスを与えたい」と話すベニングフィールド裁判官は、麻薬中毒の母親の胎内で育った子供がかかる「新生児禁断症候群」の教育プログラムに参加した服役者には2日のクレジットの提供もしており、服役者の社会復帰に役立つプログラムへの参加を奨励をしている。

引用元:Judge Promises Reduced Jail Time If Tennessee Inmates Get Vasectomies
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「空港で携帯を充電するな」の警告でUSBコンドーム人気、再浮上!

「空港で携帯を充電するな」の警告でUSBコンドーム人気、再浮上!

出張や旅行で移動中に、空港や車内に設置された電源やUSBアウトプットを利用して携帯電話やノートパソコンを充電する人は多いだろう。アメリカではロサンゼルス郡検察局が、大勢が旅行するホリデーシーズンを前に、公共機関で携帯を充電することによる詐欺被害の防止を呼びかけたところ、対策防止グッズの人気が浮上している。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(1)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回から3回連続で、アメリカで家を買いたい方や、不動産投資を考えている方々にも参考になる「アメリカでの家探し」について解説しよう。


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はトランスジェンダーの不法移民専用の収容施設が米国民のホームレスより環境が良いのはおかしいだろうという保守派の声について。


アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

日本でよく聞く「職質」、いわゆる「職務質問」とは、街にいる「怪しそうな人」に警察官が声をかけることだが、英語だと職質は「プロファイリング」と呼ばれる。日本と同様、警察官が気になった人に対して名前や職業などを尋ねることが、今アメリカでは社会的な問題になっている。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング