テネシー州の裁判官「避妊手術を受けた服役者は刑期を短縮」

テネシー州の裁判官「避妊手術を受けた服役者は刑期を短縮」


 処方鎮痛剤の乱用が招いたオピオイド中毒は全米に蔓延しており、その問題が特に深刻なテネシー州では、オピオイドの過剰摂取による死者が2015年だけで1400人にものぼった。同州ホワイト郡一般裁判所法廷のサム・ベニングフィールド裁判官によると、犯罪に走る中毒患者も多く、法廷が取り扱う事件の圧倒的多数がドラッグに関連した犯罪だという。

 そこで同裁判官が出した解決法が、同郡の刑務所の服役者に対し、「長期的な避妊処置をしたら刑期を30日短縮する」というもの。男性は「精管切除手術」いわゆるパイプカット、女性はネクスプラノンと呼ばれる腕へのインプラントで、施術費用は無料。いずれもほぼ3年間避妊できる。同裁判官は、「これは命令ではない。出所後、望まない妊娠をして社会復帰が難しくなるのを避け、この間にリハビリを受けて生活の立て直しをするよう役立ててもらいたい」と話し、更生の手助けになることを望んでいると言う。

 しかし、このニュースが報道されると各方面から非難の声が上がった。全米最大の人権団体、アメリカ自由人権協会(ACLU)テネシー州取締役のヘディ・ワインバーグ氏は、「刑期と避妊をはかりにかけて選ばせるのは生殖の自主性の権利を侵すものであり、憲法違反だ」と非難し、「裁判官は地域に重要な役割を持つが、個人の妊娠を監督するのは仕事の範囲ではない」と訴えている。また、同郡の地区検事長 も「長期的な避妊を決断するのは個人的な問題で、裁判所が勧めたり命令したりすべきものではない」と話している。

 そうした世間の喧騒をよそに、当事者である服役者は、これまでに少なくとも24人の女性がインプラントの施術を受けており、男性38人が施術申し込み手続きをした。

 「女性たちに、自分の生活を立て直すために何ができるか考えるチャンスを与えたい」と話すベニングフィールド裁判官は、麻薬中毒の母親の胎内で育った子供がかかる「新生児禁断症候群」の教育プログラムに参加した服役者には2日のクレジットの提供もしており、服役者の社会復帰に役立つプログラムへの参加を奨励をしている。

引用元:Judge Promises Reduced Jail Time If Tennessee Inmates Get Vasectomies
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


【Red vs Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

【Red vs Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。先日、人気司会者のオプラ・ウィンフリーがゴールデン・グローブ賞で披露した感動的なスピーチが全米の話題をさらったが……?


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング