幼稚園児に性教育「生殖器では性別を判断できない」

幼稚園児に性教育「生殖器では性別を判断できない」


 性同一性障害(トランスジェンダー)について、広く一般に知られるようになったのは比較的最近のことだが、米国最大の家族計画支援非営利組織である米国家族計画連盟(PPFA)が発表した新指導要綱で、幼児教育の際に「生殖器と性アイデンティティーは必ずしも一致するものではないことを念頭におくように」と保護者へ注意を促したことが論議を呼んでいる。

 「男性器があるからその子は男の子、とは限らない」などと具体的な表現例を用いながら指導している同要綱について、保守派のアメリカ小児科医師会は、「性混乱に陥った男児の98%、女児の88%が思春期を過ぎると最終的には生物的な性を受け入れるようになる。性イデオロギーは子供に害があり、深刻な精神的な疾患を見つけにくくさせる。薬品および外科的な処置で、生まれ持った性とは反対の性に変装することが正常で健康的であると子供たちを信じるように条件づけするのは虐待である」と、PPFAの新指針の危険性を警告している。

 性別だけでなく、性アイデンティーティーをも幼児のうちから教育するべきなのか? 保守派のRedとリベラル派のBlueはどう考える?

出典『Breitbart』
元記事:Planned Parenthood to Preschoolers: ‘Genitals Don’t Make You a Boy or Girl’

RED: 家族計画連盟は活動を辞めるべき
“Planned Parenthood must end”

 アメリカにおける左翼主義者の狂気は、真実、正義、名誉などに価値をおいた、かつての素晴らしいアメリカ文化を抑制してしまった。
 この世に生まれたすべての子は、遺伝的にも身体的にも、男か女のどちらかに作られている。自然界の隅々にその写しが存在し、地球上のすべての哺乳類に明らかに反映されている。それなのに、この家族計画連盟の邪悪な害獣は、外からの影響を受けやすい幼い子供たちに、生殖器が男女を決めるのではないと教えようと言う。これは虐待だ。おぞましい嘘だ。国民の血税である政府の基金を受けている組織による不埒な行為だ。
 左翼主義者は、人として最も価値ある資質としての理性を、感情に置き換えようとしている。そのために、すべての産室ですべての医師が、出産時に「赤ちゃんは男の子ですよ」、あるいは「女の子ですよ」と伝えている客観的な事実があるにも関わらず、彼らはこの嘘を広めようとしているのだ。性は感情をもとにしたものではないし、その人がどうありたいという願いをもとにしたものでもない。羽を生やして空を飛ぶことはできないのと同様、子供は生物学的な性を選べない。いかなる人も、いかなる組織も、性別違和感に影響されている少数の子供たちに、自身の出生の現実を認識できるよう教えるべきだ。

 記事内のアメリカ小児科医師会による警告に加え、後戻りすることは不可能な身体的切断(性転換手術)を試みた人が自殺する可能性は40倍に上ると言われている。一般社会は、子供たちを堕落させようとする軽蔑に値する試みを拒絶する必要がある。



BLUE:真実は流行おくれ
“Truth Is Out of Style”

 『ブライトバート』はひどく右派に偏った報道をするウエブサイトだとよく知られており、この記事もそれに当てはまる。
 まず、家族計画連盟(PPFA)を「納税者出資の妊娠中絶業者」と名指ししているが、それは誤解を呼ぶ表現だ。なぜなら、納税者の出資部分は、妊娠中絶の基金にはあてられていないからだ。妊娠中絶以外にも家族計画連盟は、ほかの場所でこれらのサービスを受けられない人々に、カウンセリング、基本的な公共医療、産児制限(避妊)などを提供している。

 この記事は、「アメリカ小児科医師会(ACP)」が出した、性同一性障害は子供たちに害があるとする資料だけに頼って書かれている。アメリカ小児科医師会は、名称にCollege(大学)と入れているが、学校教育的におけるCollegeではない。これは500人のメンバーで成り立つ右翼的な政治支援団体だ。ACPは、64,000人のメンバーを持つ医師たちの学術グループ、米国小児科学会(American Academy of Pediatrics)が、同性愛者の結婚を支持したことに腹を立てて作られた団体、単なる右翼的グループなのだ。

 ほとんどの西洋医学の医師は、行動規範に従うことを宣誓しており、その中に「なかんずく、私は、決して神を演じてはならない」という一節がある。少数の医師グループが、患者のセクシュアリティについて、彼らが信じていると主張する神よりもよく知っていると発言しているのはばかばかしい偽善だ。医師の役割は、人々が健康で暮らすための助けをすることであって、医師自身が信じることに従わせようと患者を強制することではない。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

この記事の寄稿者

関連する投稿


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(後編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(後編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。2月9日に開幕した平昌冬季オリンピック。前回に引き続き、北米の女子アイスホッケーがなぜ優位なのかを解説しよう。


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。


【Red vs Blue】アメリカから見る「日本の少子化危機と日常生活への影響」

【Red vs Blue】アメリカから見る「日本の少子化危機と日常生活への影響」

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米ビジネス・インサイダーの記事、「日本の少子化の危機」を読んで保守派とリベラル派がどう感じたかを問うた。






最新の投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

シカゴを拠点に30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南する、岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。トランプ政権も2年目に突入し、アメリカの好景気が続く中、どのようなビジネスがアメリカに進出しやすいのだろうか?


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング