フェイスブックが待望の動画タブ「Watch」を公開

フェイスブックが待望の動画タブ「Watch」を公開


 フェイスブックが、オリジナル動画を見るための新しいタブ「Watch(ウォッチ)」を公開し、今月10日からアメリカの一部地域で導入が開始された。今後、徐々に地域を拡大していく予定のこの新機能は、テレビ局各社やスナップチャット、ツイッター、ユーチューブから、動画広告費やユーザーを吸い取ってしまう存在になるかもしれない。

 「Watch」の最初のコンテンツ・パートナーには、NASA(米航空宇宙局)、マッシャブル、クォーツ、ハースト、米メジャーリーグ野球、マクラッチーなどの大手企業や機関が含まれている。コンテンツはパートナーがフェイスブックのために制作するオリジナル動画で、録画とライブ・ストリーミングが含まれる。収益は動画提供側が55%、フェイスブックが45%で分配される。

 フェイスブックの製品ディレクター、ダニエル・ダンカー氏のブログによると、「Watch」は、ユーザーが自分の興味がある番組を見つけられやすいようにカスタマイズ可能で、友達や参加コミュニティーがよく見ている動画の推薦も表示されるという。Watchlist(ウォッチリスト)機能もついており、新コンテンツのアップデートやエピソード配信を受けて、生中継中に「いいね」や、コメントをつけることもできる。

 コンテンツは幅広いジャンルをカバーする予定。アメリカで有名なTV番組のホストが巷の親切な人々を紹介する番組や、世界を旅するためにニューヨークのテック業界の仕事を辞めたナセル・ヤッシンの特集、作家で講演家のギャビー・バーンスタインがファンの質問にリアルタイムで答える番組、大リーグ野球の試合も毎週1試合生中継するなど、立ち上げから幅広いラインナップを展開中だ。

 フェイスブックがこれを発表したのは、競合サービスのスナップチャットを運営するスナップ社の第2四半期決算公開の直前というタイミングだった。この一年間、スナップ社も、ミレニアル世代やZ世代向けのオリジナルコンテンツのために、主要なテレビ各社や映画スタジオと多くの協力関係を築いている。

 この二つのサービスは競合でも、いくつか違いがある。スナップチャットのコンテンツは、モバイル機器だけが対象だが、Watchは携帯機器、デスクトップ、ラップトップ、TVアプリなどすべてのデバイス上で見られる。スナップチャットの番組は平均3〜5分間と短いが、フェイスブックは長い動画も流す。スナップチャットの動画は、ほとんどがすでに人気を得た既存の番組だが、フェイスブックの新番組の多くはオリジナルだ。これらの点から、フェイスブックの新機能「Watch」は、広告主を引きつける規模に急成長する可能性が高く、今後の展開が注目されている。

引用元:Facebook Is Finally Launching Its Long-Awaited Original Video Tab
Facebookに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


Facebook 新サービス NASA

関連する投稿


デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

デルタ航空、女性だけのクルーで120人の女子学生をNASAへ

米デルタ航空は今月6日、パイロットやメカニックなどの全クルーを女性だけで運行させた機体に、120人の女子学生を乗せてヒューストンのNASAへ招待した。その様子を映像に収めた撮影クルーも全員女性という徹底ぶり。その映像リンクも!


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?


リサイクルよりすごい! 完全再利用パッケージで商品を配達する新事業

リサイクルよりすごい! 完全再利用パッケージで商品を配達する新事業

プラスチックやガラスの容器などのリサイクルは、もはや常識だ。でも、リサイクルするよりも、容器をそのままの形で再利用すれば、さらに環境に優しくなる。アメリカでそれを実現した画期的なエコ・ビジネスが「Loop」だ。


フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

昨年から19カ国で展開されているフェイスブック社のデート・アプリ、「フェイスブック・デーティング」のサービスがアメリカでも5日(日本時間6日)から開始された。個人情報の流出事故が続く同社によるデート・アプリだけに、「セキュリティーは大丈夫なのか?」という声が飛び交っている。


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング