宿題よりも読書や家族の時間を 「低学年は宿題なし」の動き広がる

宿題よりも読書や家族の時間を 「低学年は宿題なし」の動き広がる


 全米の学校で、低学年の子どもたちへの宿題を見直す動きが起きている。「宿題の学習効果はほとんどない」という研究結果が出され、家庭でも、宿題のストレスに悩まされることへの不満が高まっているためだ。

 今年度、フロリダ州中部にあるマリオン郡公立小学校では、ほとんどの日に宿題を出さないことにした。同郡の教育長ハイディ・マイヤー氏は、長い間「家族間の夜の口論のきっかけ」となってきた宿題の代わりに、親が子どもたちに毎晩20分間、本を読むことを奨励した。宿題をなくすことは、教師たちにとってもプラスがある。宿題の採点作業から解放されれば、教師たちは本来注力すべきである授業の準備や、教育のための時間を増やすことが出来る、と同氏は話している。

 また、ワシントン州バンクーバーや、テキサス州ヒューストン郊外のケイティ独立教育学区などでも「宿題なしの夜」が静かに広まりつつある。昨年8月、テキサス州ゴッドリー小学校の2年生教諭ブランディ・ヤング氏が、新年度には宿題を出さないと親に手紙を送ったということが、ソーシャルメディアで話題になったこともあった。同氏が家族で夕食を一緒に食べ、本を一緒に読み、外で遊び、子供を早く寝かせるようにフェイスブック上で勧めたところ、それに共感する人たちによって広く投稿が拡散されたのだ。

 一方で、宿題に関する研究は、大部分が高学年の生徒に着目したもので、結論もまちまちと言う現状もある。デューク大学のハリス・クーパー氏は、低学年(幼稚園から小学3年生まで)では確かに「宿題と成績」の間に相互関係はほとんどないが、年齢が上がるにつれて相互関係が強まると指摘。「宿題の肯定的な因果効果」を主張している。同氏は、宿題は子どもの自主性や自制力を強め、時間管理力を高め、家庭と学校の連携を増すなど、他の利点もあるはずだと主張している。

 一部の地域では、「宿題なし」に対する親たちからの揺り戻しもある。ニュージャージー州のウェスト・ウィンザー=プレインズボロ学区では、一昨年に中国・インド・韓国からの移民である親たちが、「これでは我々の子どもたちは将来に対して準備ができない」と教育の「知的レベルの低下」を訴えている。

 長い間、多くの学校は、学年数あたり10分間以上の宿題を課さないという「10分ルール」に賛同してきた。1年生は10分間、9年生は90分間、12年生には2時間相当の宿題というわけだ。スタンフォード大学教育大学院の上級講師デニース・ポープ氏は、このルールは中学校と高校ではうまくいくかもしれないが、これを開発した研究者たちも、小学校レベルでは試行していないと話している。

 「若者への不健康なプレッシャーを減らし、若者の成功についてのより広いビジョンの擁護を目指す」研究と介入のためのプロジェクト「チャレンジ・サクセス」の共同創設者でもある同氏は、子どもたちが健康に育つためには、遊ぶ時間、家族の時間、休憩時間がもっと必要であり、宿題はそれを妨げると言う。高校生には「大人が仕事のミーティングに備えるように」授業の予習が必要だが、低学年では「家庭では他のことが優先されるべきだ」と同氏は語っている。

引用元:Schools ditching homework for younger students in favor of reading, family time
教育に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(後編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(後編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。2月9日に開幕した平昌冬季オリンピック。前回に引き続き、北米の女子アイスホッケーがなぜ優位なのかを解説しよう。


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。


【Red vs Blue】アメリカから見る「日本の少子化危機と日常生活への影響」

【Red vs Blue】アメリカから見る「日本の少子化危機と日常生活への影響」

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米ビジネス・インサイダーの記事、「日本の少子化の危機」を読んで保守派とリベラル派がどう感じたかを問うた。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング