宿題よりも読書や家族の時間を 「低学年は宿題なし」の動き広がる

宿題よりも読書や家族の時間を 「低学年は宿題なし」の動き広がる


 全米の学校で、低学年の子どもたちへの宿題を見直す動きが起きている。「宿題の学習効果はほとんどない」という研究結果が出され、家庭でも、宿題のストレスに悩まされることへの不満が高まっているためだ。

 今年度、フロリダ州中部にあるマリオン郡公立小学校では、ほとんどの日に宿題を出さないことにした。同郡の教育長ハイディ・マイヤー氏は、長い間「家族間の夜の口論のきっかけ」となってきた宿題の代わりに、親が子どもたちに毎晩20分間、本を読むことを奨励した。宿題をなくすことは、教師たちにとってもプラスがある。宿題の採点作業から解放されれば、教師たちは本来注力すべきである授業の準備や、教育のための時間を増やすことが出来る、と同氏は話している。

 また、ワシントン州バンクーバーや、テキサス州ヒューストン郊外のケイティ独立教育学区などでも「宿題なしの夜」が静かに広まりつつある。昨年8月、テキサス州ゴッドリー小学校の2年生教諭ブランディ・ヤング氏が、新年度には宿題を出さないと親に手紙を送ったということが、ソーシャルメディアで話題になったこともあった。同氏が家族で夕食を一緒に食べ、本を一緒に読み、外で遊び、子供を早く寝かせるようにフェイスブック上で勧めたところ、それに共感する人たちによって広く投稿が拡散されたのだ。

 一方で、宿題に関する研究は、大部分が高学年の生徒に着目したもので、結論もまちまちと言う現状もある。デューク大学のハリス・クーパー氏は、低学年(幼稚園から小学3年生まで)では確かに「宿題と成績」の間に相互関係はほとんどないが、年齢が上がるにつれて相互関係が強まると指摘。「宿題の肯定的な因果効果」を主張している。同氏は、宿題は子どもの自主性や自制力を強め、時間管理力を高め、家庭と学校の連携を増すなど、他の利点もあるはずだと主張している。

 一部の地域では、「宿題なし」に対する親たちからの揺り戻しもある。ニュージャージー州のウェスト・ウィンザー=プレインズボロ学区では、一昨年に中国・インド・韓国からの移民である親たちが、「これでは我々の子どもたちは将来に対して準備ができない」と教育の「知的レベルの低下」を訴えている。

 長い間、多くの学校は、学年数あたり10分間以上の宿題を課さないという「10分ルール」に賛同してきた。1年生は10分間、9年生は90分間、12年生には2時間相当の宿題というわけだ。スタンフォード大学教育大学院の上級講師デニース・ポープ氏は、このルールは中学校と高校ではうまくいくかもしれないが、これを開発した研究者たちも、小学校レベルでは試行していないと話している。

 「若者への不健康なプレッシャーを減らし、若者の成功についてのより広いビジョンの擁護を目指す」研究と介入のためのプロジェクト「チャレンジ・サクセス」の共同創設者でもある同氏は、子どもたちが健康に育つためには、遊ぶ時間、家族の時間、休憩時間がもっと必要であり、宿題はそれを妨げると言う。高校生には「大人が仕事のミーティングに備えるように」授業の予習が必要だが、低学年では「家庭では他のことが優先されるべきだ」と同氏は語っている。

引用元:Schools ditching homework for younger students in favor of reading, family time
教育に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

「名門校に通うと、偏るから行かない!」という選択

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。ハーバード大学やスタンフォード大学――誰もが知る名門校だが、合格しても、このような名門大学には行きたくない人もいるらしい。


学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

学校よりも面白い? ホームスクールでオンライン教育

アメリカでは多くの子供たちが学校には通わず、親が自宅で教える「ホームスクール」で勉強している。こうしたホームスクールの多くは、オンライン教育を上手に取り入れており、数あるオンライン・プログラムの中には、『ハリー・ポッター』がテーマの科学の授業などもあり、人気を呼んでいる。


アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

医療・がん保険の「アフラック」と聞けば、多くの人はコマーシャルに登場する、コミカルでちょっとトボけたアヒルを思い出すだろう。そのアヒルを模したロボットを、がんの子供たちに届けようという取り組みが始まった。同社がロボテック会社のSproutel社と共に開発したアヒルを紹介しよう。


キッズがおねだりする洋服の秘密

キッズがおねだりする洋服の秘密

最近、アメリカの子供たちの間で爆発的な人気を集めている洋服がある。ロサンゼルスのメーカーが販売している「Cubcoats」だ。可愛くて便利な上着の全容とは?


アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカにおける教員の年収引き上げ、払うのは誰?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。連載初回では、「公立の教員の給料を支払うのは、なんと私だった」という当然でありながら、別の意味で驚愕的な現実に対面した著者の視点をまとめた。






最新の投稿


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング