シリコンバレー・エンジニアって、どんな人たち?

シリコンバレー・エンジニアって、どんな人たち?


 世界中から優秀なエンジニアが集まるシリコンバレー。そこで働くエンジニアたちとは、どんな人達だろうか? 20年近く、この地でハードウエア・エンジニアをしている私の夫や、彼の同僚や友人を中心に、私が知り合ったシリコンバレーで働く多くのエンジニアたちの印象や特徴をお伝えしよう。

英語ができないことを馬鹿にしない

 シリコンバレーには世界の頭脳が集まっている。優秀な人たちが大勢いる場所だが、自分の英語が完璧でないことを馬鹿にされた経験は一度もない。むしろ私は、つたない英語を話していた当初から彼らとは話しやすいと感じていた。
 夫いわく、シリコンバレー・エンジニアは学生時代に相当の勉強をして、何事においても何かを習得することが容易でないことを知っているから、完璧でなくても英語を話そうとしていることに敬意を感じるそうだ。
 また、彼らは語彙も多く、頭の回転も速いせいか、話を聞いていて意味が分からなくても、違う単語に置き換えたり、言い方を変えて理解できるように努力をしてくれる。また政治・経済・海外事情・宗教など知識も豊富なので、話している相手の英語が流暢でなくても、「きっと、この話をしているのだろう」と素早く想像し、その場の会話をちゃんと成り立たせてくれる。また、外国人と話すことに慣れているため、インドのアクセント、中国のアクセント、もちろん日本のアクセントが強くても理解してくれる。

日本のことをよく知っている

 シリコンバレー・エンジニアは外国のことをよく知っている。Zen(禅)やMeditation(瞑想)に興味を持つ人が多いためなのか、出張で東京に行くことが多いからなのかは分からないが、びっくりするほど日本のことを良く知っている人が多い。日本は中国の一部とか、アジアはひとつの国だと思っているアメリカ人も少なくない中(参考:アメリカ人は北朝鮮がどこにあるか知らない?!)、シリコンバレーのエンジニアからは私の方が「アベノミクスについてどう思う?」、「Kurosawa監督の映画はどれが好き?」などと質問されてしまい、うまく答えられず焦ったこともある(笑)。

食べ物に好き嫌いがあまりない

 アメリカ人は食べ物の好き嫌いが多く、食べず嫌いが多いと言われているが、シリコンバレーでは、それは適用されないようだ。食べてはいけないものがあるヒンズー教やイスラム教などを信仰していたり、ベジタリアンではないエンジニアたちは、どんな国の食べ物も選り好みせずに食べる印象を受ける。
 外国人が多く在住しているので、シリコンバレーには様々な国の料理を出すレストランがあり、 GoogleやAppleのカフェテリア(社員食堂)のメニューも、インド料理、寿司、ペルシャ料理、メキシコ料理など多国籍だ。シリコンバレーではアジア人以外でも、ほとんどの人が箸をきちんと持てることに驚かされる。エンジニアたちは海外出張も多いため、出張先でも良い仕事をするためには、その国の食べ物を選り好みせず食べることも大切だそうだ。私の夫も海外との接点によって好き嫌いが克服できた一人だが、日本出張の際に日本の食事の量が彼にはあまりに少な過ぎて、空腹を満たすために嫌いな海老も食べざるを得ず、それがきっかけで海老嫌いを克服できたと言っている。

時間に正確

 エンジニアは常にデッドライン(納期)との闘いだ。スケジュールを守れる、きちっとした性格の人がエンジニアになるのか、プライベートでも時間に正確に行動する人が多いようだ。アメリカ人は時間にルーズだと言われるが、シリコンバレーのアメリカ人は日本人並みに時間に正確で、待ち合わせをして相手に待たされることはほとんどない。「電車が30分遅れても、遅れたうちに入らない」という時間に大らかなインド人たちも、シリコンバレーでは時間を守って行動している。

健康維持に努める

 日本人よりも労働時間は少ないが、短い時間で猛烈に集中して仕事をしたり、時には早朝や深夜に海外と電話会議があったり、海外出張が多かったりと、シリコンバレー・エンジニアの仕事は意外に体力勝負だ。そんな中で効率良く質の高い仕事をするためには、体調をしっかり整えることも仕事のうちと考える人が多い。
 私の夫も睡眠時間は毎日7時間取り、週に2~3回ランニングをして、ヘルシーな食事を心掛けて健康維持に努めている。これはアメリカの文化でもあるが、仕事帰りなどに飲んでから家に帰ってくることは、まずない。仕事が終わるとまっすぐ帰宅し、家でのんびりするか、ランニングをしに行く。
 また、ある程度の社員を抱えている企業であれば、オフィスビルにジムが併設されているので、出勤前後やランチタイムに気軽に運動をできるし、会社のカフェテリアでも低カロリーのメニューや、スーパーフード入りの食事を提供して、会社側も社員の健康を保つよう努力している。クオリティの高い仕事ができるのは、健康な身体があってこそ、なのだ。

他者への敬意

 シリコンバレー・エンジニアの誰もが必ず意識していると言われるのは、「他者への敬意」だ。国、宗教、政治、文化、セクシュアリティなどが自分とは異なっても、それを批判することはまずない。
 中国人と台湾人、またユダヤ人とイスラム教信者など、対立しあう国や宗教の人たちが一緒に働くことはしょっちゅうあるが、「それは国と国との問題」、「宗教上の問題」だとして、対立を職場に持ち込むことはない。
 Google社員の友人から聞いた話では、最近は男性用トイレに、トランスジェンダー用の生理用品が置かれるようになったそうだ。その友人は、「社会的にマイノリティである人たちを自分の会社が尊重することに感心し、非常に誇りに思う」と言っていた。「他者へのリスペクト(敬意)」があるからこそ、シリコンバレーでは様々な国、文化、宗教、人種、セクシュアリティが入り混じっても、良いチームワークを保ち、クオリティの高い仕事ができるのだろう。

 真面目に仕事をこなし、時間に正確なシリコンバレー・エンジニアたちは、日本人と少し気質が似ているような気がする。しかし、GoogleやAppleなどのキャンパス(オフィスを含む敷地全体)を訪ねると、そのリラックスした雰囲気にたいていの日本人が驚く。ワークライフバランスが取れているからこそのギャップだと思うが、日本人がストレスなく働く方法やグローバルに活躍できるヒントは、こうしたシリコンバレー・エンジニアの意識や考え方にありそうだ。

シリコンバレーに関する記事 >

この記事の寄稿者

OLから、唯一の日本人として2004年にNFLサンフランシスコ49ersチアリーダーに合格し活動。その後、ネバダ州立大学にてピラティスライセンスを取得。2006年にエンジニアと国際結婚をし、シリコンバレーに移住。現在、アメリカではDK Body International セールス&マーケティング担当・サンフランシスコエリアのコーディネーター、日本では一般社団法人プロフェッショナルチアリーディング協会代表理事を務める。TBS「マツコの知らない世界」“チアリーディングの世界”のナビゲーターとしての出演し、日本でも話題になった。

関連する投稿


アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

アマゾンCEOベゾス氏、20億ドルの慈善ファンドを立ち上げ

米アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が14日、20億ドル(約2,240億円)の慈善ファンド「Bezos Day One Fund」を立ち上げたことを公式ツイッターで発表した。このファンドは、ホームレス支援と幼児教育にフォーカスするもので、今年3月のForbes誌の長者番付の1位になったベゾス氏がこれまで行った寄付の中で最大のものとなる。


リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

リベラルでも賛同しかねる、行き過ぎ人道支援

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。シアトル市議会が大企業向けの新税をたった1カ月で撤回。リベラルでもうんざりするような「行き過ぎた人助け」の実態とは?


シリコンバレーの新トレンド 裏庭で養鶏

シリコンバレーの新トレンド 裏庭で養鶏

毎日コンピューターに向かい、長時間の集中を強いられる仕事をしているシリコンバレーのIT業界従事者たちの間で、自宅の庭で鶏を飼うことが流行っている。バーチャルの世界から離れて、できるだけ自然と触れ合いたいと考える人が増えているようだ。


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


シリコンバレーの成功者に聞く。Marvell Technology Group創設メンバー ガニ・ユスフ氏 後編

シリコンバレーの成功者に聞く。Marvell Technology Group創設メンバー ガニ・ユスフ氏 後編

IT業界の世界的聖地とも言えるカリフォルニア州のシリコンバレー。この地に在住して10年、元NFLチアリーダー齋藤佳子がシリコンバレーの見逃せない情報や、地元に飛び交う噂話などをお届け。今回はMarvell Technology社の創業メンバーのひとり、ガニ・ユスフ氏に独占インタビュー。ビジネスを成功させる秘訣を聞いた。






最新の投稿


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

ティーンエイジャーにとって最大の悩みのひとつが、ニキビ。成人でも顔や体にあるニキビや吹き出物に悩む人は多い。そんな中、どんなニキビも見事にスッキリと取り除いてしまう美人皮膚科医の存在がインターネット上で広まり、アメリカでは「その女医がニキビを潰す映像を見ること」がサブカルチャー的な人気を誇っているという。


【11/12追記あり】大統領よりも重要!?「最高判事」でアメリカが変わる

【11/12追記あり】大統領よりも重要!?「最高判事」でアメリカが変わる

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。中間選挙が終わるや否や、アメリカ中が危惧する問題が勃発。大統領より時に重要で、国を揺るがしかねない最高判事問題とは?


中間選挙の結果がトランプ再選にとって好都合なワケ

中間選挙の結果がトランプ再選にとって好都合なワケ

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。先日の米中間選挙で、トランプ率いる共和党は下院の過半数を民主党に取り返されてしまったが、保守派たちは「この方がトランプ再選に向けて好都合だ」と思っているのだ。


成功への選択「週末の体づくり」2018年11月9日~11月15日

成功への選択「週末の体づくり」2018年11月9日~11月15日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング