セルフレス(無私)の境地を手に入れる

セルフレス(無私)の境地を手に入れる


 軍隊経験を通して学べた最も貴重なことのひとつが、「人は一人ではない」ということだ。あまりにも単純で当然なことのようだが、ともすると人はそんな単純なことすら忘れてしまう。「自分さえよければいい」、「自分ばかりが損をしている」など、いつでも主語が「自分」の人は、無駄に悩んだり、ヤケになったりするだけでなく、時に恐ろしく身勝手な行動に出てしまうものだが、あなたは大丈夫だろうか? この問いに対し、身に覚えがあるようであれば、今から話すことを真剣に聞いて欲しい。

 命を落とすかもしれないと思えるような緊張下では、一人では行動出来ない。また、「自分は一人だ」という思考になることも出来なくなる。実際、私自身、このシンプルな気づきに、どれだけ救われたか分からない。中東や北極などの赴任地で死の恐怖を味わったことは幾度かあるが、その度に同じ志を共有し、信頼しあえる仲間がいることに深く感謝したものだ。

 軍隊を快く思わない人もいるとは思うが、我々の仕事の多くは「人助け」がミッションであり、危険を冒してでも誰かを助けねばならないという事態が日常的に起こる。多くの仲間たちが、自己犠牲を厭わない行動で自らを差し出すのを目の当たりにしてきたが、「セルフレス(無私)の境地」にならねば、そんなことはとても出来ない。

 命の危険を伴うような軍隊の事例は特殊かもしれないが、あなたにとっても「セルフレス」という言葉は、間違いなく人生を豊かにするためのキーワードであると言えるだろう。人生を豊かにしたいと望むならば、あなたはまず「人は一人ではない」ということに気づかねばならない。自分のことのように、他人のことも大切に出来るようにならなければ、「セルフレスの境地」には辿り着くことは出来ない。そのために必要なことは、自分のために何かをしてくれた人の行為に気づけるようになること、そして自分自身も誰かのために積極的に手を差し伸べる行動を取ることだろう。これらは、決して難しいことではない。日々、第三者とのかかわりの中で、自分や人の行動をまずは俯瞰することだ。

 こうしたことに価値を持とうとしない人というのは、例え自分では無意識であっても、いつでも損得を基準に行動してしまうものである。あなたは人と接する際に、相手との人間関係の中に何か「隠れた思惑」を持っていないだろうか? 自分の得を優先するあまり、相手の気持ちや、相手が大切にしているものを見ようとしない、ということはないだろうか? 自分の周囲にいる人たちの顔を思い浮かべながら、一度この問いについて考える時間をもってみてほしい。

 アメリカでは、セルフレスに身を差し出した兵士の家族を「みんなで支えよう」という活動が盛んである。この国には戦死したり、負傷した兵士たちの家族のための社会支援プログラムがたくさんあるが、そのひとつに「Fold of Honor」という非営利団体がある。名だたる企業がこの団体の活動をサポートしており、働き手を失った家庭の子供のためにスカラシップを提供するなど、さまざまな素晴らしい活動を続けている。企業であっても、個人であっても、無私の境地にある者は、社会の一部として誰かのために手を差し伸べるということに、とても積極的だ。

 「Fold of Honor」の支援者の中でも大手ビールメーカーのバドワイザー社の支援は、その活動の一部を映像化して公開し、話題になった(下記動画)。元海兵隊員だった俳優のアダム・ドライバーが、湾岸戦争で負傷した父をもつ21歳の看護師志望の少女の元に「夢」を届けにいくという内容だが、これに代表されるような取り組みは、アメリカのあちこちで見られる。そう、「人は一人ではない」のだ。

自己啓発に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング