アトランタのスポーツジム、警察官と軍人の入会を禁止

アトランタのスポーツジム、警察官と軍人の入会を禁止


 ジョージア州アトランタにあるフィットネス・ジム「EAV Barbell Club」が、警察官と軍人は入会を禁止するとした手書きの貼り紙の写真をインスタグラムに載せ、その内容と下品な言葉遣いに非難が殺到した。オーナーによると、同ジムのメンバーの大半はマイノリティー(編集部注:同地域では黒人を意味するのが一般的)であり、警官や軍人の存在は会員に不安を与えてしまうというのが理由だ。同貼り紙は取り外されたが、オーナーはきちんとした表記の表示を改めて取り付けると言っている。一方、アトランタ警察署は地元テレビ局の取材に対し、「この規則によって同ジムの非常事態に警察の出動が妨げられることはない」と述べた。警官、軍人の入会禁止に対するRedとBlueの見解は?

出典『CBS News』
元記事:Atlanta gym bans police officers, members of military from joining

RED: この経営者がしたことは合法だが、バカげている
“American Gym Owner is stupid…legal, but stupid ”

 ジョージア州アトランタのスポーツジムのオーナーが、警察官と軍隊員は彼のジムの大半の会員(マイノリティーだと表現している)を不安にさせるから、加入できないと言っている。どうしてだ? そのジムの会員たちは犯罪者なのか? あるいはISISのメンバーか? いや、バラク・オバマが8年前に大統領になった時、黒人たちが常に犠牲者であるという社会通説を助長させたことに原因があるのだろう。彼は黒人犠牲について、行く先々で常に宣伝するような行動を取り続けた。こうした元大統領の行動は、社会に影響を与えて当然だ。それで、すべて説明がつく。

 この愚かなジムの経営者が、自分の施設に警官と軍人を入会させないことはできる。しかし彼の顧客は、警官であれ軍人であれ、恐れるべきではない。数字で検証しよう。FBIによると、ざっと1,200人のアメリカ人が過去2年の間に警官によって殺されている。しかし同じ期間に約9,000人の黒人が、他の黒人によって殺されている。つまり、黒人が警官によって殺されるよりも、同じ人種である黒人によって殺される確率の方が8倍も高いということだ。警官と軍人が彼らを不安にさせるという理屈はばかげている。禁止するのは合法だが、バカげている。


BLUE:ジム経営者が法的権利を行使し、インスタが炎上
“Atlanta Gym Exercises Its Legal Rights, Internet Goes Crazy”

 この南部にあるジムは個人事業だ。服装の規則を設けるのと同じように、警官を歓迎しないなら、そうする権利がある。アメリカにおいて差別禁止法があるのは、一定のグループの人々が差別されてきたからだ。こうした法律は人種、宗教、出生国、性を理由に差別されることのないよう、人を守っている。しかし、警官と軍人は差別禁止法によって守られる対象ではない。なぜなら、差別に苦しめられるグループではないからだ。

 実際、アメリカ人の多くは、我々アメリカ市民を“差別するために”警官と軍人が出動させられたことを覚えている。例えば、第二次世界大戦中に、日系アメリカ人がアメリカ人であるにもかかわらず強制収容されたときがそうだった。あるいは1960年代のアフリカ系アメリカ人の公民権運動における不穏な状態のときもである。アフリカ系アメリカ人は、その他の人種よりも警官によって殺される可能性が高いという統計が出ている。もちろん、ほとんどの警官は彼らの職務をうまく公正にこなしているが、残念なことに、アメリカではすべての人が警官を信頼してはいないのが事実である。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

差別に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


【Red vs Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

【Red vs Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。先日、人気司会者のオプラ・ウィンフリーがゴールデン・グローブ賞で披露した感動的なスピーチが全米の話題をさらったが……?


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。






最新の投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

シカゴを拠点に30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南する、岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。トランプ政権も2年目に突入し、アメリカの好景気が続く中、どのようなビジネスがアメリカに進出しやすいのだろうか?


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング