トランプ大統領の誤字を訂正するウエブスター辞書のツイートがすごい

トランプ大統領の誤字を訂正するウエブスター辞書のツイートがすごい


 トランプ大統領がツイートする文章には誤字(スペルミス)が多く、ときには単語の使用法が間違っていることすらあるということは、アメリカ国内外でも周知の事実だ。そんな大統領の間違ったツイートを正すべく、彼が何かをツイートするたびに、誤字や単語の誤用について、正確で丁重、穏やかな文調で本来の単語の正しい使い方やスペルについて淡々とツイートする、メリアム=ウエブスター辞典のツイート・チームの根気強さが話題になっている。

 先週、大統領が白人至上主義集会の擁護する発言を繰り返したことで、審議会のメンバーらがこぞって辞職するなど孤立しかけた大統領が、19日になって急に平和を呼びかけるツイートを2つ出した。しかし、その中にも誤字があったために、呼びかけとは逆の意味のことが伝わり、大統領の意図とは異なることが話題になってしまうという皮肉な結果になった。ウエブスター辞典チームのツイートによって、その間違いに気づいた大統領が、その二つのツイートを削除する前に拡散された画像はこちら

 大統領はツイートに、「我々の偉大な国は長い間、二つに分断されている。 ときには和解するために抗議が必要&我々は和解するだろう&以前より強くなるだろう」と書きたかったようだが、「和解するために」を意味する「heal」を、同じ発音だがスペルが異なる「heel」と記してしまった。その結果、文章は「人を卑しめる(見下げる)ために」という意味になり、しかも、この「heel」とは、犬の飼い主が、飼い犬に向かって「ついて来い!」と命令する際にも使用する(特に飼い主の先を歩く犬に向かって、飼い主の踵を追うように後ろを歩けと命令するときに使う)言葉であるため、白人至上主義者の持つ横暴なイメージに重なり、「いくらなんでも、この間違いはないだろう」という波紋と失望がネットに広がった。

 この件に関しても、ウエブスター辞典のツイッターは、淡々と大統領の使用した単語に一言でわかる説明を加えて下記をツイート。

 人々がウエブスターの素早い対応に感嘆している間に、大統領は何事もなかったかのように誤字を書き直した声明文を改めてツイートした。

引用元:Merriam-Webster Steps In After Trump Tells America To ‘Heel’
twitterに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


twitter トランプ大統領 SNS

関連する投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、不法移民の親に連れられてアメリカに渡り、アメリカで育った子供たち「ドリーマーズ」に対する保守派の意見






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング