ソフトウェア業界でマイノリティーは差別されているのか?

ソフトウェア業界でマイノリティーは差別されているのか?


 Googleのソフトウェアエンジニアが、激しい議論を呼ぶ10ページにわたる文書を社内で公開した。女性従業員の比率が低いのは女性の生物学的違いによるものだと主張し、Google社のダイバーシティ・ポリシーの正当性に疑問を差し挟むものだ。それが社外にリークされ、社内外で様々な議論を巻き起こし、そのエンジニアは解雇された

 Googleに限らず、全てのソフトウェア業界の大企業はダイバーシティを推進している。性別、人種、国籍、性的指向など、様々な違いを持つ人々が集まって個性を発揮できる組織を作ることが企業としての良いパフォーマンスに繋がる、というのが信条である。折に触れてのトップマネジメントからのメッセージ、定期的な従業員トレーニングの実施、各マイノリティー・グループの社内活動の支援などが行われている。

 「ダイバーシティを推進」という言葉からも分かるように、企業の人員構成には大きな偏りがあるのが現状だ。大企業での従業員の女性比率は25%〜40%程度、人種の方は60%が白人、35%がアジア系、残り5%がヒスパニック系や黒人などの「その他」というのが典型的な比率である。アメリカ労働省はGoogleを相手に「同じレベルの同じ職種でも男女で給料に差がある」という訴訟を起こしている

 多くの他社、例えばMicrosoftやFacebookからは、自社内には性別による給料格差は存在しないという声明が出ている
 Microsoftは、性的・人種的マイノリティーの平均給与が男性・白人に比べて同等であることを公式ページで宣言している

 それではそれらの会社でダイバーシティはきちんと達成されているのかというと、そういうわけではない。ほとんどの会社で、管理職レベルの従業員の男性・白人比率の方が、全従業員の比率より明らかに高いのだ。このGoogleMicrosoftのページを見ると、全従業員(Overall)の男性・白人比率よりも、管理職(Leadership)の男性・白人比率は6%〜12%も高くなっている。

 ならば、これは明らかに差別であり、すぐに是正されるべきだ……と言えれば話は簡単なのだが、残念ながら単純な話ではない。比率を同じにするルールを決めれば、実力が十分でないマイノリティーを昇進させるケースが出てくる可能性がある。社内の色々な場面で恐らく差別は存在するだろうが、「この事例、実力ではマイノリティーのAさんが昇進するべきだったのに、差別が理由でマジョリティーのBさんを昇進させた」と客観的に証明できる事例はまず存在しない。人種・国籍のマイノリティーについては英語能力が劣ることが実力不足の理由にもなり得る。先述した「ダイバーシティ推進」より直接的な対策は簡単ではないのだ。

 ではマイノリティー側には打つ手は無いのか……と考えると、これは統計に基づくデータがあるわけでもなく、「そういうものを見かけることがある」だけだが、ひとつだけ様々な場所で見かける「対策」がある。マイノリティー同士で集まることだ。

 自分がマネージャーになったら、同じ国の人たちを勧誘してチームを編成する。白人男性が半数以上のチームは避ける。自分が女性なので、女性比率が低いチームには入らない。その結果、「チームAは白人男性だらけ、チームBは〇〇人が多い、チームCは女性比率が異常に高い」といったことが、そこここに見られることになる。本連載の第2回で述べたように、現在私が働いているチームは「非アメリカ人が異常に多い」チームである。そして、マネージャー達と同じ国籍を持つ従業員の比率は、他のチームに比べて高めになっている。私が以前所属したチームでは、「自分以外のメンバーが全てロシア人」という状態になったこともある。特定マイノリティーが大多数を占めるようになると、「仲間はずれ」な人は別のチームに移りがちになる。

 重ねて言うが、これは数少ない事例からの推測に過ぎず、完全に「気のせい」かもしれない。もちろん、全ての人がそういうことを気にして所属チームを選ぶわけではない。ただ、様々な説が100%間違いであるとも、正しいとも言い難いのが「ダイバーシティ」や「差別」問題の難しいところであり、だからこそ冒頭のGoogleのエンジニアのメモについても、様々な議論が沸き起こるのである。

IT業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

宮城県仙台市出身。宮城県仙台第一高等学校卒業、東北大学工学部情報工学科卒業、東北大学大学院情報科学研究科修了。幼稚園から大学院まで、通った学校すべてが半径3kmの円内に収まっている。日本ヒューレット・パッカード社在籍中に米国駐在。日本帰任後に米国移住を決意、Agilent Technologies、Amazon.comを含むシリコンバレーやシアトルエリアの企業5社に勤務。現在は Microsoft Corporation AI & Research Group にて Senior Applied Scientist として働く。

関連する投稿


「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

アメリカ西海岸にはリベラルな州が集中しているが、なかでもワシントン州は圧倒的にリベラル派が多く住む土地だ。同州在住で、トランプ大統領と共和党の政策にまっこうから反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤が「トランプを支持しない人たちの声」をお届けする。今回は声を上げずに隠れている共和党の政治家たちについて。


フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

フェイスブック、アメリカで「デート・アプリ」開始

昨年から19カ国で展開されているフェイスブック社のデート・アプリ、「フェイスブック・デーティング」のサービスがアメリカでも5日(日本時間6日)から開始された。個人情報の流出事故が続く同社によるデート・アプリだけに、「セキュリティーは大丈夫なのか?」という声が飛び交っている。


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


GDPRがアメリカにもたらした教訓 いまさら聞けないデータビジネスの心得とは

GDPRがアメリカにもたらした教訓 いまさら聞けないデータビジネスの心得とは

Facebookの個人情報流出事件では、その制裁金の高さに注目が集まったが、アメリカ企業であっても欧州の顧客データがあるだけで「EU一般データ保護規則(GDPR)」に従う必要があり、今、どの企業もデータ管理の再強化を迫られている。


フェイスブックに政治観を明記するか否か

フェイスブックに政治観を明記するか否か

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。フェイスブックのプロフィール・ページの基本データの中にある「政治観」という欄。ここに「保守派」と堂々と書ける人とは?






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング