米食品医薬品局(FDA)、タバコのニコチン含有量引き下げを計画 

米食品医薬品局(FDA)、タバコのニコチン含有量引き下げを計画 


 米国では毎年48万人以上の人が、タバコに関連する死因で亡くなっている。米食品医薬品局(FDA)は、紙巻きタバコのニコチン含有量を中毒性のないレベルまで引き下げるという新計画を7月末に発表し、さらに、電子タバコがFDA認可を得るための製品情報提出期限を2018年から2022年へ先送りすることを発表。この二つの案が、専門家の間で賛否を呼んでいる。

 FDAのスコット・ゴットリープ長官は、「米国人をおびやかすタバコの中毒問題とその解決策の核となるのはニコチンだ。FDAは可燃性タバコに含まれるニコチンの中毒レベルに取り組むことも戦略に入れる」と語った。ちなみに英国やカナダでは、タバコでダメージを受けた臓器の写真をパッケージに掲載するなどして消費者を警告しているが、米国では憲法が保障する「表現の自由」のため、画一的デザインの導入を行うことができない。

 これに対し、「ニコチンを減らすというのは一見名案だが、すべてのタバコ製品からニコチンを除去しない限り、事態はむしろ悪化する。ニコチン摂取量を確保しようとして喫煙本数が増え、喫煙者がますます有害な煙に晒される」と語るのは、英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのロバート・ウェスト教授だ。英国タバコ・酒類研究センター副所長で、スターリング大学のリンダ・ボールド教授も同意し、非合法の闇市場が活発化する可能性を指摘する。

 電子タバコの情報提出期限の延長についても、意見が分かれている。賛成派は、電子タバコは紙巻タバコより安全性が高いという根拠があり、英国医学会会報(BMJ)上の最近の研究でも電子タバコが禁煙を助けるかもしれないと言われている点を指摘。しかし、認可期限を厳しくすると、市場から電子タバコがなくなってしまうかもしれない。英国の民間禁煙団体「タバコフリー・キッズ・キャンペーン」のマシュー・L・マイヤース会長は、「FDA認可が遅れると、グミベアーやチェリークラッシュやバナナスマッシュの味をした子供向けの悪質な電子タバコが、監視なしに売られることになるだろう」と、反対している。

 米ノースイースタン大学のグレゴリー・コノリー教授は、電子タバコ認可の先送りによって、アイコス(iQos)のような加熱式タバコが市場参入してくることを危惧している。加熱式タバコは、煙は出ないがニコチンが含まれているため中毒性がある。対して、英国の禁煙推進団体アッシュ(ASH)の最高責任者デボラ・アーノット氏は、「英国ではタバコで人の命に関わるのはニコチンではなく煙だと長く認識されてきた。紙巻タバコをやめて煙の出ないニコチン製品に切り替えるよう喫煙者をサポートすべき、という英国政府の声は最近まで耳を傾けられてこなかった」と、加熱式タバコを歓迎している。

引用元:FDA plans to reduce nicotine in cigarettes to non-addictive levels
健康に関する記事  >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


健康 アメリカ人

関連する投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング