テスラ社のマスクCEOら「殺人ロボットの製作禁止」を呼びかけ

テスラ社のマスクCEOら「殺人ロボットの製作禁止」を呼びかけ


 人工知能の技術が日々着々と進化する中、テスラ・モーターズ社のイーロン・マスクCEOなどを含む人工知能ロボットを製作するIT企業の代表者たちが、非営利組織「Future of Life Institute(FLI)」を通じ、「自主的な判断ができる人工知能ロボットは戦場において大きな脅威になる」と呼びかけ、自治権を持つ殺人兵器の製作を禁止する国際連合を作ろうと世界の企業へ向けて声明文を発表した。

 現在、世界中の様々な企業で戦場へ送り出す人工知能ロボット兵器が生産されている。米軍は中東の戦場へ10年近く、遠隔操作にて無人ドローン兵器を送り込んでおり、イスラエル軍はガザの国境を警備するために遠隔で操作できる砲塔を置いている。今のところ軍の人工知能ロボットやドローンは人間が操作しているが、次のステップとして米国などで開発されている兵器の中には、「高度なレベルの判断だけ」を人間が下し、それ以外はすべて人工知能が判断する「セミ・オートマティック」の兵器も含まれる。

 人工知能が攻撃の判断を可能にする兵器の開発は、既にある程度のレベルには達しているため、「人工知能兵器が人間の関与なく、すべてを独自のデータで判断し、攻撃する」ことが可能な兵器の完成は、もはや時間の問題だ。SF映画のように、「たとえ人間の意思に反することでも、人工知能がデータ的に正しいことを瞬時に判断し、攻撃を開始する」とすれば、場合によっては味方が攻撃されたり、まったく関係ない人々が攻撃される可能性もあるだろう。

 この状況に対し以前から懸念を表明しているテスラ社のマスクCEOは、人工知能開発の暴走を止めるため、既に2015年にFLI へ1,000万ドル(当時約12億円)の寄付をしている。今回の共同声明では、「一度、それを製造してしまったら、殺人兵器は人間が戦場の状況を理解するのとは比べ物にならないほど素早く自主的に判断し、二者のうちのどちらを攻撃するべきかをデータだけで瞬時に決定してしまう。人工知能ロボットが自動殺人兵器と化して、人間が望まない方法で行動することは人類の脅威になる。それを起こしてはいけない」と、世界のAI開発中の企業へ訴えた。

 しかし、軍事産業は巨大だ。「呼びかけ」だけで新型兵器開発を止めさせることは、非常に難しいと見られている。また、たとえ世界中の企業からコンセンサスが取れたとしても、それが実際どれほどの効力を発揮できるのかも疑問視されている。戦争という国の行方を左右する事態において、人間はどこまで冷静でいられるだろうか。

引用元:Killer Robots Are Coming, and Elon Musk Is Worried
AI(人工知能)・ロボット >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

2月第1週ニュース・ピックス! テスラ異例の商品からアマゾンの新規事業まで

 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ。先週はアマゾンの新規医療健康ビジネスや、テスラCEOによる冗談のようなビジネスに注目が!


1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

1月第3週ニュース・ピックス! アレクサ躍進からエイリアン疑惑まで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 今回はラスベガス恒例の「CES」の話題や、北朝鮮の弾道ミサイル発射誤報で慌てたローカル・ニュースなどをご紹介。


 1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。






最新の投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

シカゴを拠点に30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南する、岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。トランプ政権も2年目に突入し、アメリカの好景気が続く中、どのようなビジネスがアメリカに進出しやすいのだろうか?


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング