投資の真の醍醐味は自分の夢を「現実」のものにすること

投資の真の醍醐味は自分の夢を「現実」のものにすること


 「投資の成功の秘訣を一言で言うなら?」と尋ねられたら、私は、「人生の目的を考え、公式に沿い、心を迷わせないという基本に忠実であること」と答えるだろう。当連載で今までに述べて来たいくつかの重要な点を一言で言い表すなら、このシンプルな表現に尽きる。基本事項に関しては過去のコラムにもう少し詳しく述べてあるので、ご興味ある方はこちらを読んでいただくとよいかもしれない。

 どんな芸でもまず「型」から入る。武芸家はひたすら師匠を真似、稽古を繰り返し、「黒帯」や「名取」を取得していく。その後も一生稽古を繰り返し、「あの人の芸」と呼ばれる独特の味をもつ達人になっていく。

 私の元々の専攻は音楽・演劇であるが、作曲やジャズのようなクリエイティブで自由だと思われる分野も、音階やリズムの基礎など最初は「型」をひたすら練習するものだ。「型」が身についているからこそ、その後、センスも即興も広げられ、その人のスタイルとなる素晴らしい演奏が出来るようになる。

 投資も同じように、「公式(型)」を習得した後は、いろいろな技術を組み合わせて、その人なりの「アート」にして行ける。私も「私の芸」と言える独特のものを極めるべく、稽古を続行中である。私が、「投資のアート」が素晴らしいと思うのは、それが夢を実現することの出来る芸でもあるからだ。金銭的に潤うことは、まず第一章の実現である。当連載一回目のコラムにも書いたが、私が投資をすることで実現したかった夢は、「人生を旅する時間」を得ることで、その夢は少しづつ実現しつつある。前から妻と夢見ていた、ひと夏かけての図書館巡りのドライブ旅行は、ついに今年決行できた。

 そして第二章、第三章……。現実に巨大な富を得ることが出来たら、何をしたいだろう? 何をもって「巨大な富」とするだろうか? その目標にたどり着いたら、どうしたいか? その時の自分の夢は何なのか? 投資を身近に考えることは、「自分の本質」を深く考えることでもある。家族の夢をヘルプし、さらに夢をかなえられる余裕があるとしたら……? 私は半世紀以上生きてきた間に、たくさんの人にお世話になった。そのことに感謝して、みんなが幸せになるプロジェクトに使えたら……と思う。将来の夢を、いろいろ楽しく考える余裕ができたのも、投資に出会ったからである。

投資・株に関する記事 >

この記事の寄稿者

ローレンス・クリエイティブCEOとして、投資・ビジネスに特化した英語学校「ローレンス・インスティテュート」を運営。米ワシントン州のグリーンリバーカレッジで大学進学集中ESL科での教員経験から、日本人の英語指導には定評がある。ハワイ大学演劇科修士課程・博士課程修了後、1990年代には日本国立能楽堂内の国際演劇協会の職員として能楽の研究、学会誌の編集に携った経歴をも。The Japan Time、東洋経済オンラインニュース英語版『Tokyo Business Today』など寄稿多数。学校運営、投資家を続けながら、妻と世界中の図書館巡りを楽しんでいる。
著書:『ペンタゴン式 諜報員の英会話習得術』(講談社)

関連するキーワード


投資・株 自己啓発

関連する投稿


もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

米ロサンゼルス在住のヨガ愛好家が開発したヨガマットが、全米のヨガ愛好家たちを夢中にさせている。一体、どんなマットなのだろう?


目紛しく変わる時代の中で

目紛しく変わる時代の中で

時間に追われず、望むライフスタイルを実現するための投資家が多いアメリカ。ビジネス、金融、投資英語などのハウツーを交え、稼ぎながら自由を楽しむライフスタイルを紹介するケネス・ローレンスの『禅的投資』。今回は、2017年の1年間をかけて本格的な身辺整理をした著者の備忘録と英語で投資をする際に覚えておきたい用語を紹介しよう。


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法







最新の投稿


シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

シアトルのホームレス人口はなぜ減らない?

アメリカ生活20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカの文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は多くの画期的な解決策が提示される「ホームレス問題」の中で、「この解決策ってどうなの?」という疑問が沸いてしまうような対策案について、リベラルな著者ならではの視点をまとめてみた。


こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

ティーンエイジャーにとって最大の悩みのひとつが、ニキビ。成人でも顔や体にあるニキビや吹き出物に悩む人は多い。そんな中、どんなニキビも見事にスッキリと取り除いてしまう美人皮膚科医の存在がインターネット上で広まり、アメリカでは「その女医がニキビを潰す映像を見ること」がサブカルチャー的な人気を誇っているという。


【11/12追記あり】大統領よりも重要!?「最高判事」でアメリカが変わる

【11/12追記あり】大統領よりも重要!?「最高判事」でアメリカが変わる

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。中間選挙が終わるや否や、アメリカ中が危惧する問題が勃発。大統領より時に重要で、国を揺るがしかねない最高判事問題とは?


中間選挙の結果がトランプ再選にとって好都合なワケ

中間選挙の結果がトランプ再選にとって好都合なワケ

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。先日の米中間選挙で、トランプ率いる共和党は下院の過半数を民主党に取り返されてしまったが、保守派たちは「この方がトランプ再選に向けて好都合だ」と思っているのだ。


成功への選択「週末の体づくり」2018年11月9日~11月15日

成功への選択「週末の体づくり」2018年11月9日~11月15日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング