若者に流行りのミーム━使い方次第ではハーバードの合格取り消しに?━

若者に流行りのミーム━使い方次第ではハーバードの合格取り消しに?━


 Meme (ミーム) という単語を聞いたことがあるだろうか。

“I found funny memes!” (面白いミームを見つけた)
“Oh my god, the meme you sent me yesterday was hilarious!” (昨日あなたが送ってくれたミーム、面白過ぎ!)

 こんな会話をよくネットやチャットで見かける。元々は人から人へ伝わる情報や文化、例えば昔話や習慣を表した単語だが、最近インターネットで使われている「ミーム」は、それとは違った意味合いを持つ。

 若者たちが使っている「ミーム」とは、一般的にインターネットを通して拡散される、画像を加工して吹き出しを追加する「おもしろ画像」のことを指す。知っている方も多いと思うが、数年前に日本で流行った「写真で一言ボケて (bokete)」というアプリにコンセプトは似ている。画像には芸能人、政治家、動物、キャラクターなど様々な人や物が使われ、その画像に対して、いかにクリエイティブに面白くボケることができるかが、ミーム作成者のゴールだ。

 まずミームを作って投稿し、一部のコミュニティーで広めてから、その他の伝達手段(フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、タンブラー)などを通して、より大きなコミュニティーに伝えていくのが、若者のミーム拡散の手法だ。フェイスブックやインスタグラムには、ミームをたくさん投稿する専用アカウントがある。例えば 9gagというアカウントは、一般人が投稿した流行りのミームを取り上げ、アカウントのフォロワーに拡散している。

 ただ面白いミーム画像を投稿するなら良いのだが、度が過ぎたり、内容が適切でない場合は、その投稿が炎上したり、大勢から反感を買ってしまうことも少なくない。アメリカでは「ポリティカル・コレクトネス」と言われる考え方が重要視されている。これは政治的や社会的に正しく、偏見や差別のない表現を重視する姿勢のことを指す。ソーシャルメディア上においても、ポリティカル・コレクトネス的に正しくない投稿は批判される対象となり、個人の将来に関わる結果を招いてしまう場合まであるのだ。

 最近も、ハーバード大学の合格者約10名が、同学年の合格者を集めたフェイスブックのグループで不適切なミームを投稿したことから、合格が取り消しになったという出来事が話題になった。ちなみにアメリカでは、大学に合格して進学を決めると、フェイスブック上で同じ学年のもうすぐクラスメイトになる人たちと繋がり、グループを作る習慣がある。例えば “○○ University Class of 2021” (○○大学・2021年卒業クラス)など、分かりやすい名前のグループを作って、入学前、そして入学後も情報拡散や情報収集のために利用するのだ。

 さらに複数の大学では共通の趣味であるミームを楽しむために、その大学だけの「ミーム投稿・共有用グループ」を作っているところもある。合格が取り消されたハーバードの学生たちも、このミーム専用グループで投稿していたが、投稿した内容が厳しい指摘を受けたのだ。彼らの投稿は、人種差別、自殺、ホロコースト(ナチスの大虐殺)、性的暴行などをネタにするものだった。これらの投稿が大学本部に伝わり、投稿をした生徒の合格を取り消すという決断をハーバード大学は下した。

 ハーバード大学の決定に、世論は賛否両論だった。「将来を担うリーダーたちを輩出するハーバード大学に、このようなマインドセットを持つ人間はいるべきではない。大学の決断は素晴らしい」という声もあれば、「発言の自由という権利があるのだから、彼らが何を投稿しても関係ない」といった考えを持つ人もいたようだ。ハーバード大学ほどの一流大学になると、こういった出来事への対応も注目されてしまうのである。

 ミームは当初は楽しんで投稿するだけのものだったが、最近は「いかに誰も傷つけずに面白い内容にできるか」が、ミーム作りの重要なポイントにもなっている。時として、人を中傷したり、人を馬鹿にすることが「面白い」と思われることがある。しかし冗談と中傷の境界線はどこにあるのかについては、誰もが自問すべきだろう。SNSのスピード感やライブ感に振り回されるのではなく、何かを投稿する前にまずしっかりと考えてからこうしたサービスは利用すべきではないだろうか。SNSはパブリック・スペースだ。その内容を発信したらどういう影響があるか、想像力を働かせながら楽しむことが大切だと思う。

若者に関する記事 >

この記事の寄稿者

1997年生まれ、21歳。東京都出身。青山学院初等部・中等部を卒業後、米国バージニア州の女子校、St. Margaret’s Schoolに2年通う。2015年にコネチカット州のWestminster Schoolに転校し、卒業。現在はニューヨークにあるコロンビア大学・バーナードカレッジにて都市計画と国際関係、教育を専攻し、国際貢献の分野を志している。

関連するキーワード


若者 メディア

関連する投稿


テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

テキサス人が選んだ2018年のフェイク・ニュース トップ5

 テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。年末を迎えた今回は、テキサスに暮らす保守派たちが選んだ「2018年のフェイク・ニュース トップ5」を著者の解説つきで紹介しよう。


アメリカの若者たちに大人気の電子タバコ、JUULとは?

アメリカの若者たちに大人気の電子タバコ、JUULとは?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は、アメリカの若者たちの間に急速に浸透したフレーバー入りの電子タバコ「JUUL」(ジュール)と、それにまつわる様々な問題について。


アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

アメリカのティーンたちはファッションよりも外食費

ミレニアルズの後の世代は「iジェネレーション」や「ジェネレーションZ」と呼ばれる、生まれた頃からスマートフォンと触れ合っている世代。なかでも2000年以降に生まれたアメリカのティーンたちは、ファッションよりも外食費に小遣いを遣うと言われているが、その傾向は今年も継続。それが投資にも影響するというが……


【Red vs. Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

【Red vs. Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。先日、人気司会者のオプラ・ウィンフリーがゴールデン・グローブ賞で披露した感動的なスピーチが全米の話題をさらったが……?


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング