遺伝子検査の結果に落胆する白人至上主義者たち

遺伝子検査の結果に落胆する白人至上主義者たち


 「23 and me」や「haplotype」など、アメリカでは多くの企業が唾液から簡単に遺伝子検査ができるサービスを提供しており、昨今注目を集めている。そんな遺伝子検査について、白人至上主義をうたう極右派ウエブサイトの中で最も長い歴史を持つ「ストームフロント」の読者フォーラムが白熱している。

 社会学者のアーロン・パノフスキー氏とジョアン・ドノヴァン女史は、共同研究の一環として同ウエブサイトのフォーラムにおける遺伝子検査に関するスレッドを細かく調べた。その結果、サイト上のコメントなどから、3,000人以上の白人が遺伝子検査を受けた経験があることが分かった。しかし、その検査結果をシェアーしたのは153人だけで、そのうち白人の遺伝子のみの家系の人は3分の1しかいなかった。他人種の遺伝子が混ざっていた結果をシェアーした人たちは、「遺伝子検査が間違っている」、「検査などより、自分の家系のことは誰よりも自分がよく知っている」などとコメントし、科学を非難している。

 この研究者たちの研究目的は、白人以外の遺伝子しか入っていない白人至上主義者の数や比率などの調査ではなく、白人主義者たちが自分に白人以外の遺伝子が入っているという事実に気づいたとき、「彼らは、それにどう対応するか」を社会学的な見地で検証しようというもの。同研究の調査では、 他人種に対しては激しい怒りを感じて暴力的に排斥しようとする白人至上主義者たちだが、同じ白人コミュニティーのメンバーたちが、本人が思っていたような遺伝子検査の結果が得られなかった(他人種の遺伝子が入っていた)際、多くの矛盾点に言い訳や特例をつけて、その人のために「白人」の定義を再考し、引き続き仲間でいられるように事実の改ざんをするなどの様子が見られたという。この研究結果がカナダの学会で発表されたのは、シャーロッツビルで起きた白人至上主義集会を巡る暴動の直後だったが、研究発表のタイミングはまったくの偶然だそうだ。

 企業の検査法に問題があると考える白人至上主義者たちの間では、遺伝子検査の結果が100%白人だと出ることを祈って、異なる企業の遺伝子検査を次々に受け続ける人も多いという。受ける側だけでなく、企業側にとっても、この流行りは複雑な心境ではなかろうか。

引用元:White Nationalists Are Flocking to Genetic Ancestry Tests — but Many Don't Like Their Results
白人至上主義に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


【Red vs Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

【Red vs Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。先日、人気司会者のオプラ・ウィンフリーがゴールデン・グローブ賞で披露した感動的なスピーチが全米の話題をさらったが……?


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。






最新の投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

シカゴを拠点に30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南する、岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。トランプ政権も2年目に突入し、アメリカの好景気が続く中、どのようなビジネスがアメリカに進出しやすいのだろうか?


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング