遺伝子検査の結果に落胆する白人至上主義者たち

遺伝子検査の結果に落胆する白人至上主義者たち


 「23 and me」や「haplotype」など、アメリカでは多くの企業が唾液から簡単に遺伝子検査ができるサービスを提供しており、昨今注目を集めている。そんな遺伝子検査について、白人至上主義をうたう極右派ウエブサイトの中で最も長い歴史を持つ「ストームフロント」の読者フォーラムが白熱している。

 社会学者のアーロン・パノフスキー氏とジョアン・ドノヴァン女史は、共同研究の一環として同ウエブサイトのフォーラムにおける遺伝子検査に関するスレッドを細かく調べた。その結果、サイト上のコメントなどから、3,000人以上の白人が遺伝子検査を受けた経験があることが分かった。しかし、その検査結果をシェアーしたのは153人だけで、そのうち白人の遺伝子のみの家系の人は3分の1しかいなかった。他人種の遺伝子が混ざっていた結果をシェアーした人たちは、「遺伝子検査が間違っている」、「検査などより、自分の家系のことは誰よりも自分がよく知っている」などとコメントし、科学を非難している。

 この研究者たちの研究目的は、白人以外の遺伝子しか入っていない白人至上主義者の数や比率などの調査ではなく、白人主義者たちが自分に白人以外の遺伝子が入っているという事実に気づいたとき、「彼らは、それにどう対応するか」を社会学的な見地で検証しようというもの。同研究の調査では、 他人種に対しては激しい怒りを感じて暴力的に排斥しようとする白人至上主義者たちだが、同じ白人コミュニティーのメンバーたちが、本人が思っていたような遺伝子検査の結果が得られなかった(他人種の遺伝子が入っていた)際、多くの矛盾点に言い訳や特例をつけて、その人のために「白人」の定義を再考し、引き続き仲間でいられるように事実の改ざんをするなどの様子が見られたという。この研究結果がカナダの学会で発表されたのは、シャーロッツビルで起きた白人至上主義集会を巡る暴動の直後だったが、研究発表のタイミングはまったくの偶然だそうだ。

 企業の検査法に問題があると考える白人至上主義者たちの間では、遺伝子検査の結果が100%白人だと出ることを祈って、異なる企業の遺伝子検査を次々に受け続ける人も多いという。受ける側だけでなく、企業側にとっても、この流行りは複雑な心境ではなかろうか。

引用元:White Nationalists Are Flocking to Genetic Ancestry Tests — but Many Don't Like Their Results
白人至上主義に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

行き先不明。「逃避行」を応援する旅行代理店が話題に

アメリカには、驚くような経験を、驚くような手法で提供してくれる旅行サービス会社がある。一体どんなサービスなのか?


リサイクルよりすごい! 完全再利用パッケージで商品を配達する新事業

リサイクルよりすごい! 完全再利用パッケージで商品を配達する新事業

プラスチックやガラスの容器などのリサイクルは、もはや常識だ。でも、リサイクルするよりも、容器をそのままの形で再利用すれば、さらに環境に優しくなる。アメリカでそれを実現した画期的なエコ・ビジネスが「Loop」だ。


NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

NASAを賞賛したり、ディズニー映画を楽しむのはダメなのか?

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、リベラル派やリベラル系の新聞が「NASAやディズニー映画は人種差別で男尊女卑だ」と指摘していることについての保守派の意見をまとめた。


可愛い子犬たちと泡が部屋に届くルームサービス?!

可愛い子犬たちと泡が部屋に届くルームサービス?!

米キンプトン・ホテルチェーンの「ホテル・モナコ・デンバー」が、8月26日の「National Dog Day」を祝い、部屋に子犬たちとスパークリングワインのボトルが届くパッケージを提供することを発表。そのプロモーション写真の犬たちの可愛らしさでSNSが沸いている。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング