驚嘆の事実! アメリカでは大学生も教授も大学構内で銃を携帯できる

驚嘆の事実! アメリカでは大学生も教授も大学構内で銃を携帯できる


 アメリカでは国内の31州でキャンパス・キャリー(大学構内での銃携帯)が許されている。

 2007年にヴァージニア工科大学で起きた乱射事件で33人が殺された後、リベラル派は一斉に銃規制強化を訴えた。しかし、保守派は、「学生や教授の中に1人でも銃を持っている人がいたら、犯人を撃って被害を最小限に止められたはずだ」と、銃所持権拡大を主張した。

 日本人の感覚だと、リベラル派の意見の方が、はるかに筋道が通っていると思えるだろう。しかし、銃が日常化しているアメリカでは、過半数が銃所持権保護派の論理に賛同しているのが現状なのだ。事件後、一気にキャンパス・キャリーの支持率が高まった。そして現在では31州(文末参照)が大学のキャンパスで銃を携帯することを許すに至ったのだ。

 厳密には、テキサス、コロラド、オレゴンなどの10州は、“公立大学は教授や学生の銃所持権を侵害してはならない”というスタンスをとっているため、もし公立大学の学長が「キャンパス・キャリーを許さない」と言えば、その大学は州法違反で処罰を受けることになる。その他の21州では、キャンパス・キャリーを許可するか否かは、各大学の判断にゆだねられている。カリフォルニア、マサチューセッツ、ニューヨークなどの20州ではキャンパス・キャリーは全面的に禁止だ。

 キャンパス・キャリーとは、教授や学生に銃携帯を強いる、というものではない。銃所持許可証を持っている教授や学生は「護身のためにキャンパス内で銃を携帯してもよい」、という意味だ。誤解がある場合も多いが、テキサスなどの10州でも、公立大学で誰もが銃を携帯しているわけではない。どの大学も携帯者数を公表していないため正確な数は分からないが、実際にテキサスの公立大学に通う学生たちの話を聞く限りでは、銃を携帯している人は極めて少ないようだ。

 銃所持の許可証を得るためには、銃規制が緩いテキサスでさえも、精神鑑定や薬物検査を通過し、前科がないことを証明しなければならないので、銃携帯者が犯罪を起こす可能性は低いと考えられる。とはいえ、「落第点を与えたり、授業中に注意をしたら学生に撃たれてしまうかも知れない」と怯えて、ヘルメットと防弾チョッキを身につけて教壇に立つ教授もいる。

 また、悪者が携帯者の銃を奪う可能性もあり得るので、銃が日用品となっているテキサスでも、少数ながら銃携帯反対派が存在し、「人生経験が浅い若者に、キャンパス内で銃を持たせるのは事故の元」だとして、キャンパス・キャリー法を覆そうとしている動きも見られる。

 ちなみに2015年10月にギャラップ社が行った世論調査では、「身元調査を通過して銃の扱いの訓練を受けた銃携帯者が増えれば、アメリカはもっと安全になると思うか?」というアンケートに、回答者の56%が「思う」と答えている。アメリカでは乱射事件が起きる度に、全米ライフル協会(NRA)が「銃を持った悪者を唯一阻止できるのは銃を持った善人だ(Only Thing That Stops a Bad Guy With a Gun Is a Good Guy With a Gun)」と謳っているが、アメリカ人の56%がこのスローガンに賛同している、ということだ。

 今のところ、キャンパス・キャリーに起因する事故は起きていないが、アメリカの大学への留学を考えていらっしゃる方は、キャンパス・キャリーを禁じている州の大学を選ぶことも、考慮すべき項目にいれたほうがいいかもしれない。

キャンパス・キャリーの現状

「公立大学は銃所持許可証を有する職員や学生のキャンパス内での銃携帯を阻止してはならない」としている州:
アーカンソー、コロラド、ジョージア、アイダホ、カンザス、ミシシッピー、オレゴン、テキサス、ユタ、ウィスコンシン

各々の大学の判断に委ねている州:
アラバマ、アラスカ、アリゾナ、コネチカット、デラウェアー、ハワイ、インディアナ、ケンタッキー、メイン、メリーランド、ミネソタ、モンタナ、ニュー・ハンプシャー、ノース・ダコタ、オハイオ、ペンシルベニア、ロード・アイランド、サウス・ダコタ、ヴァーモント、ヴァージニア、ウェスト・ヴァージニア

キャンパス・キャリーを禁じている州:
カリフォルニア、フロリダ、イリノイ、アイオワ、ルイジアナ、マサチューセッツ、ミシガン、ミズーリ、ネブラスカ、ニュー・ジャージー、ニュー・メキシコ、ニューヨーク、ノース・キャロライナ、オクラホマ、サウス・キャロライナ、テネシー、ワシントン、ワイオミング

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!






最新の投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

アメリカ進出の第一歩は「アイデンティティ」

シカゴを拠点に30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南する、岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。トランプ政権も2年目に突入し、アメリカの好景気が続く中、どのようなビジネスがアメリカに進出しやすいのだろうか?


「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

「ストロー禁止令」は、アメリカのレストラン業界をどう変える?

米カリフォルニア州で「客からの要求がない限り、飲み物用のストローは提供しない」という新法案が提案され、レストラン業界が揺れている。なぜ、そのことが業界に不安の声を広げるのだろうか?


なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

なぜ、アメリカに「サンクチュアリー法」が必要なのか

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回のコラムは先日、全米でニュースになった「カリフォルニア州の新法律は不法移民を守るためのものなのか?」について、著者がリベラル派としての見解を述べる。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング