タイムズスクエアに20トン超の砂糖の山 子供の食生活に警鐘をならす

タイムズスクエアに20トン超の砂糖の山 子供の食生活に警鐘をならす


 ヘルシー志向のスナックを製造販売するカインド(KIND)社が、8月22日、ニューヨークのマンハッタンの中心地タイムズスクエアで、重量にして4万5千485パウンド(約20トン)もの砂糖を積みあげるというイベントを行った。これは「全米の子供たちが5分間毎に消費している添加糖分の総量」に当たる。その膨大な量の砂糖を目に見える形で示すことで、人々が子供の食生活を考えることを狙ったものだ。

 添加糖分は遊離糖類とも呼ばれ、食品や飲料の加工調理中に加えられる糖類のほか、はちみつ、シロップ、果汁、濃縮果汁など天然に存在する糖類も含む。これらの糖分を摂り過ぎると肥満に繋がるだけでなく、心臓疾患による死の危険が増すという研究結果もある。

 アメリカ心臓協会(AHA)は、子供が一日に摂取する添加糖分を100カロリー(小さじ約6杯分)以下にするよう勧めているが、実際の摂取量はそれよりもはるかに多い。2015〜2020年版「米国人のための食生活指針」のデータによると、アメリカの子供たちは一日平均270カロリー以上の添加糖分を消費しており、そのほとんどは甘味飲料からである。標準的な9歳児は、毎年、自分の体重相当の添加糖分を摂取している、とカインド社は見積もっている。

 添加糖分の一番の問題は、それが栄養価のない「エンプティー・カロリー」である点だ。カインド社の健康生活専門家で登録栄養士のステファニー・ペルッツァ氏は、「子供たちの食事から、栄養がないのに過剰なカロリーがある添加糖分を減らせば、果物・野菜・全粒粉など栄養豊富な食物を選ぶ機会が増えるはず。今回のイベントによって、特に子供をもつ親たちが十分な知識をもって慎重に食事を選ぶようになることを望んでいる」と語っている。

引用元:Over 45,000 Pounds of Sugar Dumped in Times Square Illustrates Alarming Child Health Trend
健康に関する記事  >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


風呂好きが多い日本でも流行るか? アメリカの最新バスタブ

風呂好きが多い日本でも流行るか? アメリカの最新バスタブ

アメリカでは「湯船に肩まで浸かって毎日温まる」という人は、日本に比べると極端に少ない。たいていのアメリカ人は、毎日シャワーのみだ。しかし最近はアメリカでも湯船の効用が認識されはじめ、性能の良い「バスタブ」が開発されている。なかには、こんな優れた商品も登場している。


魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

魚を出さない寿司屋! インスタ映えする「100%ヴィーガン寿司」

食に対する意識が高いニューヨークには、肉や魚を食べない人たちも多く、健康的な料理を出すレストランの人気が高い。そんなニューヨークで、野菜と果物と穀物だけで作る「100%ヴィーガンの寿司」が、着々とファンを増やしている。


アメリカでシェイプウェアーがうける理由

アメリカでシェイプウェアーがうける理由

「美しく見られたい」と日々努力を続ける人たちはどの国にも大勢いるが、理想の体型はそう簡単には手に入らない。合理的なことを好むアメリカでは、着るだけで一回りは細く見えるシェイプウエアーの売上が好調だ。


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。






最新の投稿


女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

女性の大敵セルライト、アメリカで話題の撃退法とは

多くの成人女性の皮膚に見られる、悪しきセルライト。オレンジの皮のように、でこぼこした肌を少しでも目立たなくするために、エステやマッサージ、除去手術、超音波治療など様々な解決策が市場に出ているが 、アメリカでは安全で安価な撃退法や即効性のみを重視した解決法などに注目が集まっている


イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

イーロン・マスクの地下交通システムがシカゴ市内を走る?!

宇宙ロケットや高級電気自動車開発などで世界に話題を振りまく実業家イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社ボーリングが、米シカゴ市の新交通システムの入札で交渉権を獲得。同市の市街地と空港間に地下トンネルを作り、電動ポッドを走らせる正式交渉に入ることが決まった。もし完成すれば空港と市街地をたった12分で移動できることになる。


「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

「Amazon Go」に対抗 米マイクロソフトが無人精算システムを開発中

米アマゾンドットコム社が、鳴り物入りでオープンした無人精算システム小売店「Amazon Go」の存在を脅かすライバルが登場した。相手はアマゾン本社と同州内に本社を構えるマイクロソフト社だ。マイクロソフトの新開発システムは、アマゾンに対抗できるのだろうか?


【Red vs Blue】差別ツイートをした人気女優の番組を即打ち切ったTV局をどう見るか?

【Red vs Blue】差別ツイートをした人気女優の番組を即打ち切ったTV局をどう見るか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、高視聴率の冠番組を持つ女優が人種差別ツイートをした直後に、その女優をクビにしたABCテレビの対応について


風呂好きが多い日本でも流行るか? アメリカの最新バスタブ

風呂好きが多い日本でも流行るか? アメリカの最新バスタブ

アメリカでは「湯船に肩まで浸かって毎日温まる」という人は、日本に比べると極端に少ない。たいていのアメリカ人は、毎日シャワーのみだ。しかし最近はアメリカでも湯船の効用が認識されはじめ、性能の良い「バスタブ」が開発されている。なかには、こんな優れた商品も登場している。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング