米アマゾン、いきなりホールフーズの商品を最大43%値下げ

米アマゾン、いきなりホールフーズの商品を最大43%値下げ


 米アマゾン・ドットコム社は、高級自然食品スーパーマーケット全米チェーン・ホールフーズ社の137億ドル(約1兆5,000億円)の買収手続きを先月28日に完了。ホールフーズが同社傘下企業となった初日から、高級食料品の驚くべき値下げを開始した。

 ホールフーズ・スーパーマーケットは、オーガニック農作物や遺伝子組換えがされていない豆やとうもろこしなどを原料にした加工品などを多く揃える高級食料品店として知られている全米チェーンだが、アマゾン社はスーパーマーケット業界における最大競合先となるウォルマート社、クロッガー社、コストコ・ホールセール社など、低い価格帯の商品を取り揃える各社と争うため、ホールフーズの価格を一気に下げたと見られている。

 ニューヨーク市マンハッタンにあるホールフーズ店舗において値下げされた主商品は以下の通り(8月24日と28日の比較)。

オーガニック・ふじリンゴ 1ポンド3.49ドル→1.99ドル(-43%)
ホールトレード・バナナ 1ポンド79セント→49セント(-38%)
養殖サーモン切り身 1ポンド14.99ドル→9.99ドル(-33%)
オーガニック・Galaリンゴ 1ポンド2.99ドル→1.99ドル(-33%)
オーガニック・アボカド 1個2.79ドル→1.99ドル(-29%)
オーガニック・ロティサリー鶏 1個13.99ドル→9.99ドル(-29%)
引用元:Amazon Cuts Whole Foods Prices as Much as 43% on First Day
Amazonに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


Amazon 小売業界




最新の投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング