米債務上限引き上げの失敗を懸念する米金融業界

米債務上限引き上げの失敗を懸念する米金融業界


 米ワシントンDCで政治経済に深く関係するロビーストや銀行家、投資家、格付け会社など金融業界関係者らが、ホワイトハウスと米国議会の機能不全が改善されない現状下では、10月に設定された締切日までに米連邦政府の債務上限を引き上げられない事態が起こるのではと、警戒を強めている。

 債務上限とは、連邦政府が国債を発行して借り入れられる金額を法的に定めたもの。実際の借入額が上限に達すると、議会が上限を引き上げる必要があり、それができなければ政府は債務不履行(デフォルト)に陥る。財務省は今月29日までに議会が債務上限(19兆8,000億ドル)を引き上げる採決をすることを望んでいるが、それが行われない場合は米政府が債務不履行となり、米国はもとより世界金融に大きな混乱をきたすことになると見られている。

 特にトランプ大統領が先月、白人至上主義者を擁護するような発言をしたことで、大統領の後ろ盾であった大手企業各社がそれまでとは異なる態度をとっていることや、それによって共和党内の統制もとれていないことは懸念の種だ。また先月には、トランプ大統領がメキシコ国境の壁の建設費を優先すべきだと主張したことで、党内および議会における不協和音をさらに高めてしまった。

 米銀行協会(ABA)のロブ・リコルズ最高責任者は「信じられないほどリスクは高い。デフォルトに伴う経済的な影響は途方もなく大きい」と述べ、今月の情勢を注視していく方針で、米証券業金融市場協会(SIFMA)は金融機関と協議しながらデフォルトの危機が高まった場合への準備を進めているという。この準備についてSIFMAのマネージング・ディレクターであるロバート・トゥーミー氏は、「我々は債務上限が引き上げられることを信じているが、万が一のために備える必要がある」と説明している。

引用元:Financial Firms Fear Turmoil Over Fraught U.S. Debt Ceiling Talks
トランプ大統領に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。最近は毎日にように「まさか、この人が?」という文化人や有名人の過去のセクハラ行為が次々とメディアに取り上げるが……?


【Red vs Blue】トランプ大統領、水を飲むためスピーチを中断

【Red vs Blue】トランプ大統領、水を飲むためスピーチを中断

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、話題に事欠かないトランプ大統領の「大統領としての振る舞い」がなっていないと批判する米メディアの記事について。


アウトドアウエアのパタゴニア、トランプ大統領を告訴

アウトドアウエアのパタゴニア、トランプ大統領を告訴

 壮大なグランド・ステアケース・エスカランテ国定公園と、ベアーズ・イヤーズ国定公園は唯一無二の自然の宝庫。しかし、鉱山開発を推進するトランプ大統領は保護を辞めると決定。そこに、パタゴニアが立ち上がった!


「メリー・クリスマス!」と言いたい人は、どうすればいいのか?

「メリー・クリスマス!」と言いたい人は、どうすればいいのか?

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。日本とは異なり、多人種から構成されるアメリカでは、12月の挨拶も一筋縄ではいかない……。


米大統領夫人と副大統領夫人が揃ってファストフード店でランチ?

米大統領夫人と副大統領夫人が揃ってファストフード店でランチ?

米国のファースト・レディとセカンド・レディが揃ってテキサス州のハリケーン被災地を訪問中、予告なく地元のファストフード・ハンバーガー店に立ち寄り、気軽にランチを購入して店員やプレスを驚かせた。






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング