米債務上限引き上げの失敗を懸念する米金融業界

米債務上限引き上げの失敗を懸念する米金融業界


 米ワシントンDCで政治経済に深く関係するロビーストや銀行家、投資家、格付け会社など金融業界関係者らが、ホワイトハウスと米国議会の機能不全が改善されない現状下では、10月に設定された締切日までに米連邦政府の債務上限を引き上げられない事態が起こるのではと、警戒を強めている。

 債務上限とは、連邦政府が国債を発行して借り入れられる金額を法的に定めたもの。実際の借入額が上限に達すると、議会が上限を引き上げる必要があり、それができなければ政府は債務不履行(デフォルト)に陥る。財務省は今月29日までに議会が債務上限(19兆8,000億ドル)を引き上げる採決をすることを望んでいるが、それが行われない場合は米政府が債務不履行となり、米国はもとより世界金融に大きな混乱をきたすことになると見られている。

 特にトランプ大統領が先月、白人至上主義者を擁護するような発言をしたことで、大統領の後ろ盾であった大手企業各社がそれまでとは異なる態度をとっていることや、それによって共和党内の統制もとれていないことは懸念の種だ。また先月には、トランプ大統領がメキシコ国境の壁の建設費を優先すべきだと主張したことで、党内および議会における不協和音をさらに高めてしまった。

 米銀行協会(ABA)のロブ・リコルズ最高責任者は「信じられないほどリスクは高い。デフォルトに伴う経済的な影響は途方もなく大きい」と述べ、今月の情勢を注視していく方針で、米証券業金融市場協会(SIFMA)は金融機関と協議しながらデフォルトの危機が高まった場合への準備を進めているという。この準備についてSIFMAのマネージング・ディレクターであるロバート・トゥーミー氏は、「我々は債務上限が引き上げられることを信じているが、万が一のために備える必要がある」と説明している。

引用元:Financial Firms Fear Turmoil Over Fraught U.S. Debt Ceiling Talks
トランプ大統領に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがここ2カ月間に報道したニュースの中で、多くの保守派が「フェイク・ニュース」だと断言しているニュースの「ワースト5」を紹介しよう。


16歳の対応がクレバーだと絶賛!トランプ大統領の皮肉に大人な対応

16歳の対応がクレバーだと絶賛!トランプ大統領の皮肉に大人な対応

国連の温暖化対策サミットで各国の代表を前に、怒りの涙を浮かべながら迅速な温暖化対策を熱望するスピーチをしたスウェーデンの16歳の活動家、グレタ・トゥーンベリさん。温暖化対策に後ろ向きといわれるトランプ大統領がツイートでトゥーンベリさんを皮肉ったところ、彼女の対応が「クレバー(賢い)!」だと世界的な話題になった。


「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

「私たち」対「彼ら」を押し通すトランプ大統領と保守派たち

アメリカ西海岸にはリベラルな州が集中しているが、なかでもワシントン州は圧倒的にリベラル派が多く住む土地だ。同州在住で、トランプ大統領と共和党の政策にまっこうから反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤が「トランプを支持しない人たちの声」をお届けする。今回は声を上げずに隠れている共和党の政治家たちについて。


【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は『フォーブス』誌による、トランプ大統領のツィッターのつぶやきが投資家心理を悪化させて株価が急反落し、投資家たちは約5兆ドルも失ったという記事について。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年10月18日〜24日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング