ハイキングにトレイルミックスがいい理由

ハイキングにトレイルミックスがいい理由


 ハイキング用ブーツの紐をしっかりと結んで、夜明け前にトレイル(ハイキング・コース)を出発した。ヨセミテ国立公園で過ごせる時間はたった1日しかなかったので、僕はその1日を目一杯満喫する計画を立てた。公園内の地図をよく確認して、いくつかの様々なトレイルを組み合わせ、ひとつのルートを作った。それは多様な地形や景色を見ることができる25キロ以上のコースだった。

 壮大な山のハイキングに行く時には、何が起きても対処できる十分な荷物が必要だ。しかし、多すぎるとその重さで辛くなるので、丁度いいバランスを見つけなければならない。僕のバックパックの中身は食べ物と水。それから、長年の経験から極力重量を減らした応急用具セット。水は重いけれど不可欠で、特に暑い日には非常に重要だ。食べ物は、りんごとチーズ。そして、ナッツやドライフルーツ、種、グラノーラ、チョコレートがひとつに混ざった袋詰めのトレイルミックス。軽くて食べやすく、すぐにエネルギーになる炭水化物と、そのエネルギーを持続させる脂肪が混ざっているトレイルミックスは、長距離ハイキングにはうってつけの食べ物だ。今回の僕のルートはビジターセンターの近くを通るので、そこでアイスクリームを楽しむことも計画に入れた。

 夜明け前のトレイルで、何人かの人を見た。彼らは全員、真剣なハイカーかトレイルランナーで、長い冒険のために早いスタートを切っていた。ほとんどの人達はまだベッドの中にいる時間だったので、僕は朝のトレイルを長い時間、独り占めできた。夜明けから数時間して、キャンプをしていた人たちが反対側から歩いてきた。様々な言語を話す、いろいろな国の人たちとすれ違った。トレイルで異なる国籍の人々に会うのはとても嬉しかった。最近では一般的になってきていたが、そう遠くない昔、こういう場所では僕みたいな人たちにしか会わなかったからだ。

 人里離れた岩棚でランチを食べるために止まるまで、僕は数時間、歩き続けた。自然の中で一人、素晴らしい景色を見る。こんな日は、フルーツ、チーズ、一握りのトレイルミックスと水という簡単な食事の全てが、5つ星のグルメな食事と同じくらい美味しい。

 ランチから数時間たったあとのトレイルでは、ジーンズにスニーカーを履き、ジャンクフードと炭酸飲料を持った人々を見かけるようになった。やがて、ビジターセンターについた。山の中を長い距離、一生懸命に歩いてきて、バスや車で同じところにやってきた人々に囲まれるのは、すごく奇妙な経験だった。

 楽しみにしていたアイスクリームだったが、僕はその長い行列には並ばないことに決めた。そして、座ってトレイルミックスを食べながら、他の人々と一緒に素晴らしい景色を楽しむことにした。周りには、体に悪そうな食べ物を食べている不健康そうな人々がいた。僕は彼らのことが、少しかわいそうに思えた。彼らはおそらく、大変な距離を歩いてくることで得られる達成感を経験することはないだろう。その一方で、僕は何人かの人々が、きっと僕のことをかわいそうだと思っているように感じた。エアコンの効いた車で快適に来ることができるのに、わざわざ徒歩でやってきて、汗だくになり、つまらないトレイルミックスを食べて水を飲む。彼らにとって、それは不必要な行動だと感じたかもしれない。

 僕は、あと10キロほど歩かなければならなかったので、長い休憩は取らなかった。そこを出るとき、数日間トレイルを歩いていると言う一人の若者に会った。彼は食べるものがなくなってしまったために、現実社会に戻らねばならなくなったそうだ。僕は、トレイルミックスと水を彼に分けてあげた。そして、残りのトレイルを一緒にハイキングした。僕たちは、それほど話をしなかったが、仲間がいることが嬉しかった。歩きながらふと彼を見ると、見覚えのある眼差しをしていた。社会から完全に離れて自然の中で何日か過ごすと、人には安らぎと充足感が芽生える。そして、それをできるだけ長く持ち続けるように努力するが、目まぐるしいスケジュールと責任が待つ世界へ帰る現実を受け入れなければならない。脳が再び、普通の毎日について懸念し始める。温かいシャワーと食べ物を楽しみにする。そして、トレイルの最後の何キロかは永遠に続くように感じるのである。

 トレイルの終点で、僕たちは、互いの健康を祈って別れた。僕は国立公園に感謝した。こういう素晴らしい公園があることで、素性や健康状態にかかわらず、誰もが美しい自然を楽しむことができ、こうしてトレイルで様々な人々に出会うことができるのだから。

 彼の後ろ姿を見送った僕は、アイスクリームを探しに歩き出した。

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

 アメリカ中西部オハイオ州の小さな田舎街に生まれる。オハイオ州立大学に通った後、アメリカ各地を転々と暮らしながら旅をした経験を持つ。これまでに就いた職業は飲食業、ツアーガイド、ミュージシャン、セールスマン、オフィス勤務、物書き、長距離トラック運転手、花屋さんなど多岐に及ぶ。現在はワシントン州にある国際輸送業関連会社に勤務し、平日は会社でデスクワーク、週末は趣味のハイキング、ランニング、写真撮影などに勤しんでいる。料理と食べること、そして自分と異なる文化を知ることが何よりも好き。文化の違いを学ぶだけでなく、共に美しい地球上で生きる者として、その差異の中にも人間として何か共通点を見つけることを常に心掛けている。

関連するキーワード


アメリカ人

関連する投稿


構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


【Red vs. Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

【Red vs. Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回はニューヨークで「最も予約が取れないレストラン」に名前が挙がる高級寿司店の日本人オーナーシェフの発言について。


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。






最新の投稿


有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

有罪に見えにくい服装とは? 法廷スタイリストが選ぶセレブの出廷服

巨額の資産を持つドイツの令嬢になりすましてニューヨークの社交界に入り、高級ホテルの宿泊費やプライベートジェットのフライト代などを踏み倒して有罪判決を受けていた女性詐欺師、アナ・ソロキン。今月、同被告に4~12年の禁固刑が言い渡されたことで再び法廷での彼女の服装や、他の女性被告たちの服装に注目が集まった。


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング