「ドリーマー政策」撤退は違法! 15州の司法長官がトランプ政府を提訴

「ドリーマー政策」撤退は違法! 15州の司法長官がトランプ政府を提訴


 今月6日、全米15州とワシントンDC特区の司法長官が、トランプ大統領が「ドリーマー」と呼ばれる幼少時に親と不法入国した若者の在留を認める移民救済制度「DACA」の撤退を決定したことに対し、決定の阻止と同制度の維持を求めて提訴した。

 提訴したのは、ニューヨーク州、マサチューセッツ州、ワシントン州、オレゴン州、コネチカット州、デラウェアー州、ハワイ州、イリノイ州、アイオワ州、ニューメキシコ州、ノースカロライナ州、ペンシルベニア州、ロードアイランド州、ヴァーモント州、ヴァージニア州の15州と、ワシントンDC特区の民主党所属の司法長官ら。リベラルで知られるカリフォルニア州は提訴に踏み切っていない。提訴を主導するニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官は6日の声明で、トランプ政権のこの決定は「冷酷で短絡的かつ非人道的だ」と批判、「ドリーマー」の若者たちは「ルールを守り、懸命に働いて税金を支払っている。その多くの人にとって米国が唯一の我家であり、留まるに値する人たちだ」と指摘した。

 司法長官らは訴状にて、トランプ氏が昨年の大統領選でメキシコ人を中傷する発言や侮辱的な表現を繰り返したことに触れ、今回の決定には「DACA」の恩恵を最も受けているメキシコ人への差別意識も働いていると指摘。「DACA」で在留資格を得た約80万人の「ドリーマー」たちが在留資格を失う場合、州経済にも悪影響が及ぶとも主張している。

 米司法省はこの提訴について、「DACA」はオバマ前大統領の大統領令で導入されたため議会手続きを踏んでおらず、現トランプ政権の立場を擁護したい方針。各地で反対デモ集会が開催されるなど、人権を訴える米市民たちも多い中、移民政策の権限を有しているトランプ大統領との戦いは、原告側にとって厳しいものになると見られている。

引用元:15 States, D.C. Sue Trump Administration Over Ending DACA
移民に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

トランプ大統領、またもや圧勝? 次の選挙を勝利に導く福音派

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の熱心な支持層である「福音派」の底力について。


米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

米大統領選ガイド(5) 「2020年の激戦州はここだ!」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

『TIME』誌「今年の人」に10代のグレタさん それを揶揄する米大統領

恒例の米『TIME』誌が選ぶ「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、スウェーデンの高校生で環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが選ばれた。同誌史上、最年少の「今年の人」となったグレタさんは、環境危機を世界規模で訴えて特に若者たちから熱烈に支持を受けている。しかし、トランプ大統領はそれがおもしろくないようだ。


【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

【Red vs. Blue】アメリカには、なぜドナルド・トランプが必要だったのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は「アメリカには、なぜトランプが必要だったのか?」という米メディア記事について。






最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

今週の神秘ナンバー占い(2020年1月24日~30日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

オーストラリアの大火災と環境保護に逆行する米大統領

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、世界的な環境保護政策や気候変動への動きに逆行して、そうでないことを推し進めるトランプ大統領と彼に献金する人たちについて。


CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

CES2020で最も笑いをとった新商品 「猫好きなあなたへ」

毎年1月、米ラスベガスで開催される電子機器業界最大の見本市、CES。今年も約4,500社が最先端の技術を駆使した新製品を紹介した。そんな中、「もっともバカげた商品」との呼び声が高かった商品を紹介しよう。


ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨーク女子大学生殺人事件 〜そこから読み解くアメリカの刑事裁判〜

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生・光田有希が、アメリカの大学生たちの文化やトレンドなどの情報をお届けするコラム。今回は著者と同じ大学に通っていた女子学生が大学キャンパスのすぐそばで殺害された事件と、それにまつわる周囲の反応を紹介する。


米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

米大リーグの名監督3人が「サイン盗み」で続々解任! どうなる今季?

2017年のワールドシリーズの王者、ヒューストン・アストロズ。この強豪球団が、ハイテク機器を使用して相手のサインを盗んでいた疑惑が浮上し、それを調査していた米大リーグ機構が不正があったと断定。それを受けて、わずか4日間で3球団の監督が解任されるという緊急事態に米球界はもちろん、野球ファン以外の人たちも注目している。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング