ヒラリー・クリントンの司法取引

ヒラリー・クリントンの司法取引


 ジャーナリストのエド・クレイン氏の記事によると、米司法省がヒラリー・クリントン氏に対し、私的な電子メールアドレスを使用して機密文書の取り扱いをした問題について、調査を再開する旨を伝え、もし有罪を認めれば司法取引をする用意があると申し出ていると報じた。ただし、クリントン氏はまだいかなる犯罪にも問われておらず、司法取引は通常、検察から弁護士に申し出るものだと記事は補足している。情報源は「クリントン氏の弁護士」とされているが、クレイン氏は『The Truth About Hillary』(2005年刊)の著者であり、本書は信ぴょう性、公正性に欠ける内容だと、保守・リベラル双方から批判を受けた。また、同記事の内容について他メディアでは一切報道されておらず、事実をチェックするサイトのSnopes.comもこの話が真実かどうか疑問視している。
 ヒラリー・クリントン批判者が飛びつくこの話題に、RedとBlueはどう反応するだろう?

出典 『NEWSMAX』 
元記事:Ed Klein: Hillary’s Plea Bargain

RED: ヒラリー・クリントン陥落
“Hillary Clinton is Going Down”

 どちらの政党が政権を握っているかには関わらず、アメリカの正義はすべての市民を平等に扱っていると、私は考えたい。しかし残念なことに、それは真実ではない。民主党政権の司法省のもとで、ヒラリー・クリントンはいくつもの重大な罪を犯したが、それらは見逃された。どういう意味かだって? 2016年の夏と秋にかけて、バラク・オバマの司法長官ロレッタ・リンチは、ヒラリー・クリントンの選挙運動陣営と協議してヒラリー・クリントンの犯罪調査を進める最善策を話し合っていたではないか? まったく狂っている。警察は、容疑者にどういう捜査方法がよいかなどと聞いたりはしない。単に調査をするだけだ。

 トランプ政権の司法長官がヒラリー・クリントンに司法取引を申し出たとされている。これは、国務長官だったクリントンが自分の犯した罪を認めれば、公開裁判と懲役刑を回避するという取引だ。アメリカ政府の二枚舌と公に恥をさらすことを避けるため、そして、いかに権力を持っていようと、いかに堕落していようと、法の下の平等はまだ守られていることを国民に示すために行われたものだと、私は推測している。いずれにしてもヒラリー・クリントンは堕ちた。この女はアメリカの政治に対する障害であり、国に恥をもたらしている。


BLUE:エド・クラインはヒラリー・クリントンに執着している
“Ed Klein is Obsessed with Hillary Clinton”

 これは、フェイク・ニュースだ。筆者のエド・クラインは、ヒラリー・クリントンに個人的に執着している。彼のツイッターには「ヒラリー・クリントンは有罪だ」というバナーが貼ってある。彼はさらに、ヒラリー・クリントンを攻撃する本を数冊書いており、最新作は誤った事実、歪められた真実、勝手に編集された引用句であふれている。

 この記事は、たったひとつの匿名の情報源に基づいたもので、その情報源は「クリントンの弁護士」とされている。なぜクリントンのために働いている弁護士が、明らかにクリントンが嫌いな人たち、または怒れる保守派たちに向けて反クリントンを売りものにした本を書いて金持ちになろうとしている著者(あるいは両方かもしれない)のために、わざわざ雇用主にとって有害な情報を提供しようとするだろうか?

 この嘆願取引について、このクラインの記事以外は、どこのニュースにも言及されていない。この記事が掲載された後、クラインはテレビ番組「America Talks Live」で、司法省がクリントンに関する調査の再開を「検討中」だと言っているが、記事では調査はすでに再開されたと書かれている。フェイク、フェイク、フェイク。こんな本をわざわざ買って読む人たちがいることも驚きだ。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

ヒラリー・クリントンに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


南部では、トランプ大統領は嫌われていない

南部では、トランプ大統領は嫌われていない

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などを、ジョーンズ千穂がアーカンソー州より徹底紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は、長年アメリカを二分する「人工妊娠中絶手術問題」を、南部在住の著者が一般人目線で、ご近所さんの意見をまとめてみた。


【Red vs Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

【Red vs Blue】オプラのゴールデン・グローブ賞スピーチは感動的か否か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。先日、人気司会者のオプラ・ウィンフリーがゴールデン・グローブ賞で披露した感動的なスピーチが全米の話題をさらったが……?


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

アメリカの大手メディアが伝えない「不法移民の実態」

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、不法移民の親に連れられてアメリカに渡り、アメリカで育った子供たち「ドリーマーズ」に対する保守派の意見






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング