SNSにおけるスマート・シェアリング

SNSにおけるスマート・シェアリング


 「SNSで写真をシェアーしたり、コメントを投稿する前に、必ずひと呼吸おくこと」。これは、このコラムで繰り返し書いていることだが、ソーシャル・メディアに何かを掲載するということは、あなたが想定しているよりも大勢の人たちにそれが見られる、ということである。たとえ「プライバシー設定」にしていても、一度オンラインに掲載した写真やビデオ、文章などを自分ひとりで完全にコントロールすることは難しい。たとえそのコメントや写真を削除しても、自分が消したはずの投稿が他のサイトでは閲覧可能ということは十分あり得る。削除をする前に、誰かがそれをコンピューターにダウンロードしていれば、いくらでもそんなことは可能になる。だからこそ、投稿ボタンをクリックする前に、それが家族や友達、同僚、近所の人たちにシェアーされても問題ないものかどうかを考えるべきなのだ。

 自分以外の人が写っている写真をシェアーする場合も、その写真が公の場で公開されても、そこに写っている全員が構わないと思うか否かを考えてから投稿するべきだ。そして、それに迷ったときは「もしも、この写真が美術館に大きく飾られていたとしたら、それを見て自分や友達は恥ずかしいと思うだろうか?」と、自分に問うてみよう。もしも、この答えが「いいえ」であれば、その写真は公の場でシェアーしても問題ない写真だろう。

 仮にあなたのSNSのアカウントがビジネス用の場合、たとえばツイッターのプロフィールをあなたという職業人で作っているならば、仕事関係者たちがあなたに関する情報やサービス、考え方などを知ることができるので、検索エンジンのインデックス(索引)にあなたの投稿を記録させた方がよいだろう。

 しかし、個人的なアカウントの扱いには気をつけたい。たとえば飲み会やパーティーの写真は、会の参加者や友人にシェアーするのは楽しい思い出でも、世界中の人が見ることができるオンライン上に永遠にシェアーされる設定にはしない方がよい。フェイスブックの設定が「友達だけ」または「友達の友達まで」の場合はそうなるが、通常設定だとインデックスがつけられる。ツイッターもアカウントを完全にプライベート設定にしない限り、常にパブリックであり、検索が可能だ。

 インスタグラムのアカウントはグーグル上で索引され、シェアーした写真以外の基本プロフィール情報はそこにキャプチャーされる。インスタグラムはすべての写真に、検索エンジンでインデックスしないようにタグをつけている。しかし、そのタグを無視する複数の検索エンジンや、コンテンツ・シェアーリング・サイトも存在するので、インスタグラムに個人的な写真を掲載する際には、アカウント全体をプライベート設定に変更する方が安全だ。

 また、自分はプライベート設定にしているという安心感から、結果的に個人情報を無意識のままオンライン掲載している人も少なくない。たとえば、よくネット上で見かけるのが、新しいパスポートや社員証、学生証を手にした際に、それが嬉しくてその写真をシェアーしているケースだが、こうしたことも大変危険だ。ワクワクする気持ちが大きくて、ついシェアーしてしまったのだろうが、そこに映っているパスポート番号や入館証の番号が個人情報として盗まれてしまう可能性を考えるべきである。自宅の表札の前やマンションの入口で撮影した記念写真を掲載している人もいるが、そういう写真を探して拾っている輩やストーカーもオンライン上にはびこっている。トラブルを出来るだけ避けるためにも、掲載する写真の背景や手にしているものに問題がないか、写真をシェアーする前に確認してから投稿しよう。

 こういう話を聞くとインターネットと関わることが怖くなる人がいるかも知れないが、注意点さえ守れば、ソーシャル・メディアは誰もが安全に楽しめる便利なツールだ。だから、何をシェアーするか内容の選択だけはスマートに行おう。

SNSに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


 1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

 年末のアメリカは、世の中に何かを還元するための寄付が盛んになる時期だ。アメリカには様々な活動を行う団体がたくさんあるが、なかでも今年、最も注目されたアイダホ州南西部に拠点を置く非営利団体を紹介しよう。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング