エアバス社の「空飛ぶタクシー」、まもなく飛行テストを開始 

エアバス社の「空飛ぶタクシー」、まもなく飛行テストを開始 


 車の運転中に渋滞にはまって、「もし、このまま空に浮かんで車の列を飛び越せたら」と思ったことはないだろうか? その空想の実現化が近づいてきた。現在、欧州の航空大手エアバス社は、エア・タクシーの飛行テスト準備を進めている。同社傘下企業である、米シリコンバレーの「A³(エイ・キューブド)」が、電動一人乗りの自動操縦飛行機「バハナ(Vahana)」の試作機第一号を組み立て中だ。

 「バハナ」とは、ヒンディー語の「空飛ぶじゅうたん」に由来する。強く軽いカーボンファイバー製の客室に、8枚の羽をもち、垂直に離着陸して水平に飛行移動する。一回の充電で、およそ40マイル(約65キロメートル)の連続飛行が可能だ。同プロジェクトの責任者ザック・ラヴァリング氏によると、同機は11月から米オレゴン州ペンドルトンのイースタン・オレゴン地域空港で飛行テストを始める予定だ。

 バハナは、タクシーや配車サービスのように、アプリで呼び出して利用する。乗客が最寄りの発着地(当初は既存のヘリポートなどを利用)へ向かう間に、管制センターが自動で搭乗前チェックを行い、飛行ルートを決定する。そして、乗客が機体に乗り込み、シートベルトを締めて離陸準備が完了すると、空をさっと飛んで目的地まで運んでくれるという。エアバス社の「バハナ」PR動画リンクはこちら。「車で1時間〜1時間半かかった場所に、15分以内で行けるようになる。運賃は同じ距離を走るタクシーと同程度。これは交通の未来に多大な影響を及ぼすだろう」と、ラヴァリング氏。ペンドルトンの無人航空機システム(UAS)試験場のマネージャー、ダリル・アブリング氏も、「こんな革命的な飛行機の初回飛行を行えるのは、大変な幸運だ」と同プロジェクトの開始を喜んでいる。

 もちろん飛行テストの後、実際に都会の上空をエア・タクシーが飛び交うようになるには、 連邦航空局(FAA)による安全性の認可取得(約3年はかかる見込み)に加え、電池の重量や収容人数の問題、そして利用者心理の問題など多くの課題がある。米航空コンサルタント会社リーハム社の航空分析専門家ビヨルン・フェルム氏は、「10席以下の小型機なら、10年以内に電動飛行が可能になるだろう」と予測しているが、元戦闘機のパイロットでもある同氏は「パイロットのいない飛行機に客として乗り込むのはためらうかも知れない」と、コメントしている。

 この軽量機「ハバナ」の競合は、米配車サービス大手のウーバー社が立ち上げたプロジェクト「ウーバー・エレベート」だ。さらに、航空機大手ボーイング社とジェットブルー航空の出資を受けたワシントン州カークランドのスタープアップ企業「ズーナム・エアロ」社が10〜50席の中型機を開発中で、同社もウーバー・エレベートと同様、2020年のエア・タクシー就航を目指している。

 航空・宇宙産業誌「アヴィエーション・ウィーク・アンド・スペース・テクノロジー」によれば、現在、都市の通勤市場をターゲットとする電動の垂直離着陸機(VTOL)の開発プロジェクトは、世界中に20社ある。その中には、エアバス社の他、エンブラエル社(ブラジル)、ベル・ヘリコプター社(米国)などの大手グローバル航空企業から、これまで無名だったロシア、ドイツ、イスラエルのスタートアップ企業までが名を連ねている。

引用元:Airbus Flying Robo-Taxi Readied For Testing In Oregon

イーロン・マスクの新構想 ロケットで地球上の都市間を高速移動?!

https://bizseeds.net/articles/445

 スペースXとテスラ・モーターズの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏が、またしても世間を騒がせている。先月29日、宇宙産業会議でスピーチした同氏は、その中でスペースX社の次世代ロケットBFRを月や火星への宇宙旅行のみならず、地球上の長距離移動にも使うという計画を発表した。

航空業界に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

空への夢の始まり13――とうとう、ひとりで機体を飛ばす

外国人には狭き門である、アメリカ一般旅客機パイロットへの道。その難関を突破し、育児をしながら現役活躍中の青木美和が、「夢の叶え方」を航空産業最新情報と共にお届けする『Sky High America』。アメリカの大学で航空学などを学びながら、フライト・スクールで実技を学ぶ生活にも慣れて来た頃、その日は突然やってきた。


 1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

3億人の子供達を感染症から守れ! 米非営利団体のイノベーションとは?

 年末のアメリカは、世の中に何かを還元するための寄付が盛んになる時期だ。アメリカには様々な活動を行う団体がたくさんあるが、なかでも今年、最も注目されたアイダホ州南西部に拠点を置く非営利団体を紹介しよう。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング