保守派がトランスジェンダー入隊に反対する真の理由

保守派がトランスジェンダー入隊に反対する真の理由


 米軍へのトランスジェンダー入隊を禁じたトランプ大統領の決断を、保守派は歓迎している。

 アメリカのメディア報道を鵜呑みにすると、これは「トランプも保守派も心が狭く、トランスジェンダーを差別しているから」だと思えるだろう。しかし、トランプ大統領がトランスジェンダーの入隊を禁じた最大の理由は「医療コストがかかるから」という経済的なものだ。

 軍事、安全保障、宇宙開発などの調査を専門としているシンクタンク、ランド・コーポレーションの調査結果によると、トランスジェンダーの現役米軍兵士は約2,500人で、性転換手術や手術前後のケアーのためにかかる医療費は240万~840万ドルと見積もられている。この額は総軍事予算の0.04~0.13%で全体の1%にも満たないため、リベラル派の市民たちや、その9割がリベラル派である主要メディアは、「そんな微々たる金額を出し惜しみするとは、保守派はマイノリティーに対する愛がない」と言って反発している。

 しかし、そう反発している人々は、イラクやアフガニスタンで戦っている米軍兵士たちが生き残るための必需品を自腹で買わねばならない羽目に陥っている、という悲惨な現実を知らないため(あるいは、知っていても無視している)、このような暴言を平然と吐けるのだろう。にわかには信じがたいことだが、前オバマ政権による軍事予算の大幅カット、さらに絶対にクビになる心配がない国の役人たちの非効率なお役所仕事のせいで、最前線で戦っている兵士たちに防弾チョッキやヘルメットなどが十分に支給されていない。役人の不手際により、迷彩服も砂漠や山岳地帯用の茶色と灰色のものではなく、ジャングル用の黒と緑のものが支給され、戦場でかえって目立ってしまうという愚かな結果に至ったケースもあるほどだ。

 そのため、兵士の家族たちが彼らの命を守るための必需品を買い、非営利団体「トゥループス・ダイレクト」などの団体を通して最前線に送っている現状がある。 兵士の給料は決して高くはなく、裕福ではない家庭の子供たちが兵士になるケースが多いため、兵士の妻や親族たちがなけなしの金をはたいて防弾チョッキなどを買い、アメリカという国のために戦っている配偶者や子どもたちに送っているのである。彼らにとっては240万ドル~840万ドルという金額は大金であり、多くの保守派が「そんなカネがあるなら、まずは戦場の最前線で命の危機にさらされている兵士たちに必需品を買って送るべきだ」と思うのも当然であろう。

 政府が運営する退役軍人病院で順番待ちをしている間に亡くなった退役軍人の遺族や、今も順番待ちをしている退役軍人たちも、「性転換するための手術費に当てる予算があるなら、負傷した退役軍人が私立の病院でも治療を受けられるようにしてほしい」と思っている。

 『ワシントン・ポスト』紙は、米軍が男性機能不全治療薬の購入費に4,160万ドルを割いていることを指摘して、240万~840万ドルを出し惜しみする保守派を叩いた。しかし、男性機能障害は兵士たちが入隊時に持ち込んだ障害ではなく、戦場での恐ろしい経験に起因する心的外傷後ストレス障害(PTSD)の副産物である場合が圧倒的に多く、トランスジェンダーの医療費と比較するのは筋道が通らない。前者は兵役の代償であり、後者は兵役とは無縁の費用だ。

 最前線で戦っている兵士たちの命や退役軍人の治療や健康維持よりも、トランスジェンダーの権利を優先するのは、ダブル・スタンダードではないだろうか? 保守派がトランスジェンダーの入隊に反対するのは、トランスジェンダーの人々に対する愛がないからではなく、戦場にいる兵士たちと、既にアメリカを守るために戦った退役軍人たちへの愛と同情心の方がそれよりも強いからだと思う。

 アメリカの多くのジャーナリストたち(=ホワイト・カラーのエリート)や、リベラル派の人々は、そもそも軍隊が嫌いな人がほとんどで、家族にも隣人にも友人のネットワークにも兵士が一人もいない人が多いため、兵士や兵士の家族の苦悩を理解できないだろうし、理解したいとも思わないだろう。アメリカのメディアが保守派の心境を公正な視点から報道する日が訪れることを願うばかりである。

LGBT(LGBTQ)に関する記事 >

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

バイデンで大丈夫なのか? 失言ばかりのバイデン「迷言集ベスト10」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領の再選を阻止しようとする民主党代表候補バイデン氏の「失言や物忘れがひどすぎやしないか」という件について。


スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

スーパー・チューズデーは何が“スーパー”なの? リベラルの言い分

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、アメリカ中が注目する「スーパー・チューズデー」の「何がそんなにスーパーなのか?」について。


米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(9)「スーパー・チューズデーはなぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


3
【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【エッセイ】エッグノックとはどんな飲み物?

【ライフ&カルチャー】会社勤めのコラムニスト デイビッド・アンドリューズ

4
トランスはジェンダーだけではない?

トランスはジェンダーだけではない?

【政治・社会】ビジネス&出版プロデューサー グッドイヤー ・ ジュンコ

5
軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

軍人たちが行う積極的な「第二の人生設計」

【ライフ&カルチャー】アメリカ国防総省キャリア カイゾン・コーテ

>>総合人気ランキング