最新! アメリカでの日本マンガ&ゲーム事情

最新! アメリカでの日本マンガ&ゲーム事情


 「日本のマンガやゲームは、世界での市民権を得ている」と言われるようになったが、アメリカでも日本のマンガとゲームは市場に浸透し、その地位は着実に確立されつつある。ロサンゼルスの「Anime Expo」にはじまり、ワシントンD.C.の「アニメUSA」、ニューヨークの「Anime NYC」など、各州に必ずひとつはあるといわれる大型イベントを筆頭に、ゲームやマンガ絡みのコンベンション(俗にいうコミケ)は小さな規模も含めれば全米に500近くあるとも言われる。その会場で、スパイダーマンなどで有名なアメリカのアニメ大手「マーベル」と肩を並べる主役は、日本発のものだ。

 BizSeeds編集部のあるシアトルでも、年に一回「SAKURA-CON」というコンベンションが開催されている。1998年には動員数がたった313人だったイベントが年々成長を遂げ、今や毎年2万人以上を集客するまでになった。SAKURA-CON当日は、シアトルの街中にセーラームーンやワンピース、エヴァンゲリオン、バイオハザード、ポケモンにドラゴンボールと、コスプレ族たちで溢れかえる。そういう格好の集団がバスやフェリーなどの公共交通機関を占拠する様子は、もはやシアトル初夏の「風物詩」と言った調子だ。

 権利売買という視点でみても、日本のコンテンツは元気がよい。今年も日本の人気漫画『攻殻機動隊』の実写版、『Ghost in the Shell』が公開されたばかりだが、ハリウッドでも日本のマンガは無視できない存在だ。つい最近も、ワーナー・ブラザーズがハリウッド版『進撃の巨人』を制作する権利を獲得したのではということが、話題になったばかり。来年には『タイタニック』で有名なジェームス・キャメロンが脚本を手掛け、『フォレストガンプ』のロバート・ゼメキスが監督を務める『銃夢』の実写版、『Alita: Battle Angel』も公開が決定している。

 このような流れを支えるひとつが、『OTAKU USA MAGAZINE』という雑誌である。アメリカでは、どこの書店にいっても置かれている人気の隔月雑誌だ。日本のマンガ、ゲーム、ポップカルチャーを知るための必須媒体ともいうべきこの雑誌の編集部は、米東部バージニア州にある。発行部数を電話で問い合わせたところ、実数は教えてはもらえなかったが、購読者層はここ3年ほど、毎年倍増しているそうで、アメリカやカナダだけでなく、世界の英語圏全域に読者がいると自信満々な様子だった。その際、「あなたが注目している日本のアニメで、次にアメリカで流行るものは何だと思うか?」と質問したところ、30分近くも熱弁を振るわれたが、そのスタッフ編集者が、「これぞ、イチ押し!」だと選んだマンガは、佐野菜見氏の『坂本ですが?』(アメリカ版タイトルは”Haven't You Heard? I'm Sakamoto”)だった。

坂本ですが? 1 (HARTA COMIX)

ビジネスに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


日本にあって、アメリカにないものとは

日本にあって、アメリカにないものとは

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。アメリカに長年住んでから日本に帰国すると、日本に住んでいたときにはまったく気づかなかった文化の違いに驚かされる。今回はそのいくつかを紹介しよう。


エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

エスカレートする白さの追求 白い歯にこだわるアメリカ人

「歯を見れば、その人がアメリカ人かどうか分かる」と揶揄されることがあるほど、アメリカ人は歯のホワイトニングやデンタルケアに非常に気を遣う。なぜ、白い歯にこだわるのだろう?


成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

成功への選択「あまのじゃく」2019年4月26日~5月2日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


成功への選択特別編「令和」という時代を読む

成功への選択特別編「令和」という時代を読む

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回は新元号「令和」と、その時代がもたらす日本の行方についての特別編。新しい時代は、どのような変化を日本にもたらしていくのでしょう?






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング