レイ・チャールズが感心したSONY製品

レイ・チャールズが感心したSONY製品


 今年の6月から始まったメアリー・J・ブライジのワールドツアーも、9月下旬に全行程が終了する。今回のツアーは、相次ぐハリケーンの影響で延期や中止になった公演の処理に苦労したが、なんとか無事に終了できそうである。

 先日、 公演先のホテルのロビーで米国人の同僚の一人と雑談をしていた時、彼がロビーに置かれた大型テレビを指差して、「日本製はデザイン性能も機能も世界で一番だったのに、どうなってしまったんだ? どのホテルにも日本製品が見られないじゃないか」と言い出した。彼はSONY製品の大ファンなので、この状況に納得できないという。普段はほとんどテレビをみない私でも、そのことには気がついていた。私が過去に宿泊したホテルで、日本製のテレビが置かれていたことは皆無に近い。ホテル以外でも事情は同じで、公演で使用する会場にはシアターやアリーナ、スタジアムとあるが、いずれの会場でも使用するモニターで日本製品を見つけることは稀である。パスポートの継続申請をするために訪ねた日本領事館の待合室に設置されたテレビでさえ、日本のニュースを放映していたものの、日本製品ではなかった。なんと寂しいことだろう。

 今年4月に日本公演で東京に滞在して銀座を訪れた際、あのソニービルが閉館されたことを知って驚いた。東京でプロモーターとして仕事をしていた頃は、来日アーティストやプロダクション・スタッフを頻繁にソニービルにお連れしたものだ。最新のSONY製品を直接手で触って確認できる画期的なショールームは、海外から来た彼らが「訪ねたい場所」の常に上位だった。

 SONY製品に関することで、私が帯同したアーティストのなかで最も印象深いのは、レイ・チャールズだ。彼が日本滞在中、ホテルの部屋でも常に機材や楽器と接していた姿を思い出す。彼は最新の音響機器にとても興味があり、あるSONY製品のことが気になっていたようで「ソニービルに行って、実際に見たいものがある」とおっしゃられた。彼がいう機材がソニービルにあることを確認して、早速、車で一緒に銀座へ向かった。レイ・チャールズはお目当ての機材を前に、担当者からの説明を受けながら実際に機材を操作してみては、また質問をするというのを繰り返し、あっと言う間に2時間ほど過ぎた。始終丁寧に対応をしてくださったその担当者は、「一体、どこでこれらの機材に関する情報を得られているのですか? 大変お詳しいので私の方がびっくりしました」 と感心された。レイ・チャールズは、「私は友人と常に情報交換しているのです。あなたの丁寧で親切な説明に感謝します」と言い、ソニービルを後にした。そして、ホテルに戻る車中で彼はこんなことを言っていた。

 「先ほどの担当者は技術者ではないと言っていたが、彼の専門的知識は奥深いものがありました。売り場の前線にいる人々が、かなり勉強していることがわかりました。こういうところが日本のすごさですね。技術者だけでは革新的なものは作れませんから。そこで働く人たち一人一人の真摯な気持ちが、より良い物作りに寄与しているのだと思います。」
彼の言葉を聞いた後に、答えに困ってしまったことを今でも覚えている。

 数日後、レイ・チャールズが機材の詳細などの情報の交換を、誰としているのかが判明した。同時期に来日公演を行っていたスティービー・ワンダーが、レイ・チャールズの公演に飛び入り出演し、公演後の楽屋でレイが「ソニービルで見てきた機材がいかに素晴らしかったか」を嬉しそうにスティービーに話していたのだ。二人は頻繁に電話で話をするほど仲がいいことも、その時に知った。二人は「技術進化は日進月歩であるから、我々もがんばらないと」と、いうようなことも話していた。私はスティービー・ワンダーのツアーにも帯同した経験があるのだが、レイもスティービーも視覚障害者のための同種のドキュメント・リーダー(機械に書類をセットすると情報を読み込み、音声が内容を伝える)を使用して、契約書を確認したり、最新の音楽機器情報や使用説明書を読んでいた。

 残念ながらレイ・チャールズは2004年に亡くなったが、 誰でも一度は聞いたことのある名曲を何曲も残している。桑田圭祐氏の『いとしのエリー』のカバー曲である『Ellie My Love』が日本のテレビコマーシャルに使用され、自らもそのコマーシャルに出演して、来日公演をするほど盛り上がっていたことが思い出される。

 ソニービルは、東京オリンピック後に新しく生まれ変わるそうだ。レイ・チャールズがあれほど感心したソニーの商品と人材がさらなる進化をとげて、世界に再認知される日を心待ちにしたい。ありがとう、レイ・チャールズ。頑張れ、日本。

エンタメ業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

日本生まれ、日本育ち。東京を拠点に複数の大手音楽プロモーターに勤務してキャリアを積んだ後に渡米し、2001年にアメリカで独立。ファンクの巨匠「アース・ウィンド&ファイヤー」(Earth, Wind & Fire)のツアー・マネージャー兼プロモーター、R&Bの女王、メアリー・J・ブライジ(Mary J Blige)のツアー・コーディネーターなどを長きに渡って歴任。ビッグネームたちの舞台には欠かせない存在として、本場アメリカの一流の現場で活躍し続けている。音楽業界のほか、スポーツをはじめとする大型国際イベントなどのプロモーターとしても定評がある。ビジネスの現場はアメリカのみならず、日本、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアなど世界中。世界のエンターテインメント市場で一線を走り続けている、数少ない日本人の一人。

関連するキーワード


エンタメ業界 日本

関連する投稿


【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は外国人労働者の受け入れ拡大に繋がる改正出入国管理法が成立した日本について、アメリカ人両派の意見を聞いた。


日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回はアメリカでも人気のダイソーで買い出し。1つ5ドルの「イージーシーラー」、値段が安いと大喜びのアメリカ人だったが……


トランスはジェンダーだけではない?

トランスはジェンダーだけではない?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。沿岸都市に住んでいるとLGBTの存在はすっかり社会に浸透した感があるが、アメリカのマイノリティは最近さらに複雑化している?!


【Red vs. Blue】アメリカから見る「日本の少子化危機と日常生活への影響」

【Red vs. Blue】アメリカから見る「日本の少子化危機と日常生活への影響」

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米ビジネス・インサイダーの記事、「日本の少子化の危機」を読んで保守派とリベラル派がどう感じたかを問うた。


日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

日産の脳波を読むヘルメットが米CESで話題に

車があなたの脳波から心の状態を読み取って運転を助けるという夢のような話が浮上している。開発を始めたのは日産自動車。昨今ブレインテック (BrainTech・脳工学)が話題になっているが、日産のこのニュースもアメリ カの自動車産業界で、ちょっとした話題になっている。






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング