レイ・チャールズが感心したSONY製品

レイ・チャールズが感心したSONY製品


 今年の6月から始まったメアリー・J・ブライジのワールドツアーも、9月下旬に全行程が終了する。今回のツアーは、相次ぐハリケーンの影響で延期や中止になった公演の処理に苦労したが、なんとか無事に終了できそうである。

 先日、 公演先のホテルのロビーで米国人の同僚の一人と雑談をしていた時、彼がロビーに置かれた大型テレビを指差して、「日本製はデザイン性能も機能も世界で一番だったのに、どうなってしまったんだ? どのホテルにも日本製品が見られないじゃないか」と言い出した。彼はSONY製品の大ファンなので、この状況に納得できないという。普段はほとんどテレビをみない私でも、そのことには気がついていた。私が過去に宿泊したホテルで、日本製のテレビが置かれていたことは皆無に近い。ホテル以外でも事情は同じで、公演で使用する会場にはシアターやアリーナ、スタジアムとあるが、いずれの会場でも使用するモニターで日本製品を見つけることは稀である。パスポートの継続申請をするために訪ねた日本領事館の待合室に設置されたテレビでさえ、日本のニュースを放映していたものの、日本製品ではなかった。なんと寂しいことだろう。

 今年4月に日本公演で東京に滞在して銀座を訪れた際、あのソニービルが閉館されたことを知って驚いた。東京でプロモーターとして仕事をしていた頃は、来日アーティストやプロダクション・スタッフを頻繁にソニービルにお連れしたものだ。最新のSONY製品を直接手で触って確認できる画期的なショールームは、海外から来た彼らが「訪ねたい場所」の常に上位だった。

 SONY製品に関することで、私が帯同したアーティストのなかで最も印象深いのは、レイ・チャールズだ。彼が日本滞在中、ホテルの部屋でも常に機材や楽器と接していた姿を思い出す。彼は最新の音響機器にとても興味があり、あるSONY製品のことが気になっていたようで「ソニービルに行って、実際に見たいものがある」とおっしゃられた。彼がいう機材がソニービルにあることを確認して、早速、車で一緒に銀座へ向かった。レイ・チャールズはお目当ての機材を前に、担当者からの説明を受けながら実際に機材を操作してみては、また質問をするというのを繰り返し、あっと言う間に2時間ほど過ぎた。始終丁寧に対応をしてくださったその担当者は、「一体、どこでこれらの機材に関する情報を得られているのですか? 大変お詳しいので私の方がびっくりしました」 と感心された。レイ・チャールズは、「私は友人と常に情報交換しているのです。あなたの丁寧で親切な説明に感謝します」と言い、ソニービルを後にした。そして、ホテルに戻る車中で彼はこんなことを言っていた。

 「先ほどの担当者は技術者ではないと言っていたが、彼の専門的知識は奥深いものがありました。売り場の前線にいる人々が、かなり勉強していることがわかりました。こういうところが日本のすごさですね。技術者だけでは革新的なものは作れませんから。そこで働く人たち一人一人の真摯な気持ちが、より良い物作りに寄与しているのだと思います。」
彼の言葉を聞いた後に、答えに困ってしまったことを今でも覚えている。

 数日後、レイ・チャールズが機材の詳細などの情報の交換を、誰としているのかが判明した。同時期に来日公演を行っていたスティービー・ワンダーが、レイ・チャールズの公演に飛び入り出演し、公演後の楽屋でレイが「ソニービルで見てきた機材がいかに素晴らしかったか」を嬉しそうにスティービーに話していたのだ。二人は頻繁に電話で話をするほど仲がいいことも、その時に知った。二人は「技術進化は日進月歩であるから、我々もがんばらないと」と、いうようなことも話していた。私はスティービー・ワンダーのツアーにも帯同した経験があるのだが、レイもスティービーも視覚障害者のための同種のドキュメント・リーダー(機械に書類をセットすると情報を読み込み、音声が内容を伝える)を使用して、契約書を確認したり、最新の音楽機器情報や使用説明書を読んでいた。

 残念ながらレイ・チャールズは2004年に亡くなったが、 誰でも一度は聞いたことのある名曲を何曲も残している。桑田圭祐氏の『いとしのエリー』のカバー曲である『Ellie My Love』が日本のテレビコマーシャルに使用され、自らもそのコマーシャルに出演して、来日公演をするほど盛り上がっていたことが思い出される。

 ソニービルは、東京オリンピック後に新しく生まれ変わるそうだ。レイ・チャールズがあれほど感心したソニーの商品と人材がさらなる進化をとげて、世界に再認知される日を心待ちにしたい。ありがとう、レイ・チャールズ。頑張れ、日本。

エンタメ業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

日本生まれ、日本育ち。東京を拠点に複数の大手音楽プロモーターに勤務してキャリアを積んだ後に渡米し、2001年にアメリカで独立。ファンクの巨匠「アース・ウィンド&ファイヤー」(Earth, Wind & Fire)のツアー・マネージャー兼プロモーター、R&Bの女王、メアリー・J・ブライジ(Mary J Blige)のツアー・コーディネーターなどを長きに渡って歴任。ビッグネームたちの舞台には欠かせない存在として、本場アメリカの一流の現場で活躍し続けている。音楽業界のほか、スポーツをはじめとする大型国際イベントなどのプロモーターとしても定評がある。ビジネスの現場はアメリカのみならず、日本、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアなど世界中。世界のエンターテインメント市場で一線を走り続けている、数少ない日本人の一人。

関連するキーワード


エンタメ業界 日本

関連する投稿


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ディズニーの21世紀フォックス買収が完了

ウォルト・ディズニー社が映像業界大手の21世紀フォックス社との合併交渉を締結、約7兆9,000億円を支払ったことが業界最大の変化の到来だと話題を呼んでいる。この買収により、ディズニー社は大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」などを持つ21世紀フォックスをはじめ、人気映画の権利や、Foxアニメーションの映画部門やテレビ部門も獲得した。


【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は外国人労働者の受け入れ拡大に繋がる改正出入国管理法が成立した日本について、アメリカ人両派の意見を聞いた。


日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回はアメリカでも人気のダイソーで買い出し。1つ5ドルの「イージーシーラー」、値段が安いと大喜びのアメリカ人だったが……






最新の投稿


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。


ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

学生たちを借金から解放させた米実業家に賞賛の声

大学の学費が高額なことで知られるアメリカ。親が裕福ではない限り、大抵の学生が卒業後に返済が始まる学生ローンを受けて進学するため、借金を抱えながら社会人になる。それでは若者たちが夢に向かいにくいと、ある実業家が大学を卒業する生徒、約400人分の学生ローン、総額約44億円を肩代わりすると発表。感動と賞賛の声がアメリカを駆け巡った。


プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

プロジェクト「;」 メッセージを込めたセミコロンとは?

アメリカで数年前からじわじわと流行りはじめた「;」のタトゥー。この二つの点からなるマークは英語の句読点のひとつ、「セミコロン」(semicolon)だ。このマークを身体に彫っている人が増えているが、このデザインが人気なのではなく、「セミコロンを身体に彫ること」がメッセージなのだという。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング