米ハリケーン被災地にメキシコから援助ボランティアが駆けつけた

米ハリケーン被災地にメキシコから援助ボランティアが駆けつけた


 8月末に米テキサス州を襲った大型ハリケーン「ハービー」は、死者60人を出し、数万人が依然、避難生活を強いられている。テキサス州と国境で隣接しているメキシコは、赤十字社を通じて物資や食料輸送の準備を整えると共に、テキサスにボランティアを派遣し、食事の世話や精神的サポートなど、被災者の支援に当たっている。
 トランプ大統領は、不法移民を阻止するためにメキシコとの国境に壁を建てると言い、オバマ大統領が制定した子供時代に親に連れられ米国に不法入国した若者80万人の救済プログラム(若年不法移民向け在留合法化プログラム)を廃止するなど、メキシコやメキシコ人に対して厳しい姿勢を取っているが、それにもかかわらず、メキシコが隣国に示す温かい援助に感動した被災者たちからは、「国境に壁を作るという話は、もうしないで欲しい」と言う声も出ている。隣人の苦境に手を差し伸べるメキシコに対し、果たしてトランプ大統領は態度を変えるのか? 

出典『ロイター通信』
元記事:Mexican volunteers cross border to aid Texas after Hurricane Harvey

RED: リンゴと石の比較! 左翼メディアは何でもトランプに関係させる
“Comparing Apples with Rocks. For the Leftist Media Every Story is about Trump”

 これは、2つの国が災害時に協力し合うという平均的な良い話だ。メキシコ赤十字社は、先日ハリケーンに襲われ、150億ドル以上の被害を受けたヒューストンの都市部及び周辺地域の災害復興を支援するため、ボランティアを派遣した。もちろん、左派メディアはこのことを、トランプ大統領の国境の壁を立てるという公約に関連させずにはいられない。ドナルド・トランプは、アメリカ人を助けるためにメキシコから赤十字ボランティアが来るのを止めさせたいとは、一言も言っていない。彼は移民に関してメキシコと協力することに反対だとも決して言っていない。彼は単に、隣国との間の2,000マイルの国境の安全を確保したいだけだ。

 メキシコからアメリカに不法に侵入する外国人に対し、犯罪や麻薬密輸入を含む深刻な懸念はあるか? 答えはイエスだ。不法移民はアメリカ政府と納税者に何十億ドルもの損害を与えることになるか? その答えもイエスだ。メキシコからアメリカを援助するために来る赤十字職員は、犯罪を犯すためにアメリカに不法に入国するMS-13暴力団(国際犯罪組織)とは違う。左派メディアは、リンゴと石を比較して、読者がその嘘に引っかかることを期待しているようだが、地球上で起こるすべてのニュースや出来事がドナルド・トランプと関係するわけではないことを、受け入れてはどうだろう。


BLUE:メキシコは100年以上にわたるアメリカの同盟国
“Mexico Has Been America's Ally for More Than 100 Years”

 トランプは、アメリカをメキシコ人から守るための壁を作りたいと思っている。彼はメキシコのすべてに関して、相当ひどいことを言ってきた。昨年、トランプは「彼らは友人ではない、私を信じて欲しい」と発言し、メキシコ国民のことを「レイピスト」、「悪い奴ら」などと呼んだ。それなのにメキシコ人は、テキサスが災害に襲われると、躊躇することなく食料やベッド、その他の物資を支援してくれた。
 米国とメキシコは長年にわたる同盟国だ。メキシコに対するトランプの失礼な発言は、彼が自分で解決可能だと主張できる問題を作り出すためならば、何でも喜んで言うことを示している。
 確かに、アメリカは不法移民の問題を抱えている。しかし、壁を作ったり、メキシコに関して事実と異なる失礼なことを言ったりするのは、問題解決へ向けて明らかに間違ったアプローチだ。アメリカはメキシコに抵抗するのではなく、共に仕事をすることができる。テキサスの救助に駆けつけたボランティアの寛大な行動は、協力と思いやりの理想的な例といえるだろう。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

移民に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

【Red vs. Blue】トランプ大統領とイーロン・マスクは似ている?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露。今回は、『フォーブス』誌が掲載した、トランプ大統領とイーロン・マスクの類似点をあげた記事を読んだ両者の意見を聞く。


ムスリムのトランプ支持者たち

ムスリムのトランプ支持者たち

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は大手メディアではほとんど報道されない「イスラム教徒のトランプ支持者」について紹介する


トランプより優れた大統領候補の登場か?

トランプより優れた大統領候補の登場か?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住で、トランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今秋に行われる中間選挙を前に、現政権に対立する民主党はもとより、共和党内でもトランプに異を唱える政治家が出はじめている。そんな共和党候補者を、リベラルはどう見ているのか。


中間選挙に向けて始動するアメリカ

中間選挙に向けて始動するアメリカ

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いトランプ大統領率いる政権も2年目に入り、今年は中間選挙がある。保守から勝利を奪還したいリベラル派市民たちが開く集会の数も増えてきているが、そんな集会でリベラルたちは何を語っているのだろうか?


【Red vs. Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

【Red vs. Blue】トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した共和党議員たち

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について、各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、朝鮮半島の非核化実現に向けたトランプ大統領の功績について、両者の意見を乞う。






最新の投稿


電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

電通イージス 、ファッション界の巨人LVMHの北米広告担当に

世界的な高級ブランド・コングロマリットであるLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)社。同社が所有する全ブランドの北米における広告を、電通の海外企業である電通イージス・ネットワークが行うことが決定した。LVMHは 昨年だけで北米市場になんと3億8,600万ドル(約428億円)もの広告費を使っている。


成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

成功への選択「夏の日の大雨」2018年8月17日~8月23日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス人は、なぜオノ・ヨーコが嫌いなのか?

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ビートルズの故ジョン・レノン氏の未亡人オノ・ヨーコ氏が、平和のために新作アルバムを発表するニュースを南部テキサス人はどう捉えているか、というレポートだ。


未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

未だかつてない日本のビジネスに、アメリカ失笑

ここ数週間、アメリカで笑いが伴う話題に上るようになった日本企業、ワキノ広告社。BizSeeds編集部はアメリカにあるため、この会社が日本でどれほどの知名度があるのか分からないが、ワキノ広告社が販売する驚きの広告スペースに、アメリカ人が失笑中だ。


赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

赤ちゃんがすぐ泣き止む画期的なロボティックス・ベッド

2002年に育児書でベストセラー本とDVDを出版した小児科医が、多額の投資を受けてハイテックなロボティックス・ベビー・ベッドを開発した。育児における親の「消耗」が最大のストレスに繋がると警告する同医師が、親たちのストレスを軽減するために開発した画期的なベッドを紹介しよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング