シリコンバレーの給料は低い?

シリコンバレーの給料は低い?


 IT業界に興味がある人ならば、シリコンバレーのエンジニアの収入についての噂を聞いたことがあるだろう。超一流の大企業やユニークなベンチャー企業がひしめき合い、優秀なエンジニアがたくさん集まる。皆かなりの高給取りで、有名企業ならば大卒新入社員でも年収は1,000万円を軽く超える。

 ほぼ、すべて事実である。しかし、シリコンバレーは生活コストも異常に高く、年収1,000万円程度では「中の下」ほどの生活しか出来ない、という話もある。2014年にはサンフランシスコの住居費がニューヨークを抜いて全米1位になったというニュース

 本当にシリコンバレーで働くことは経済的に豊かな生活に結びつくのか。生活コストの違いに基づいて調整を施した、地域毎のソフトウェアエンジニアの平均給与額が公開された。転職支援サービスを提供する Hired 社によるレポートである。

 まずは単純な地域ごとの地域ごとの平均年俸

やはりシリコンバレーを含む SF BAY AREA ( サンフランシスコベイエリア )が$134Kで最高額となっている。1ドル115円で日本円に換算すると1,541万円になる。それに$126K( 1,449万円 )のシアトル、$120K( 1,380万円 )のニューヨークが続く。確かに高額だ。

 しかし、サンフランシスコ周辺とニューヨークの生活コストは全米1位と2位である。そこで、年俸額が一番高いサンフランシスコ周辺の金額は変えず、生活コストに基づく調整を他の都市に施すとどうなるか


 トップはテキサス州のオースティンで、$198Kとなる。それに次いで$180K前後でコロラド州のデンバー、ワシントン州のシアトル、カリフォルニア州のサンディエゴが続く。ニューヨークとサンフランシスコ周辺は約$133K、最下位まで下がってしまう。ただ、ひとつ注意したいのは、同レポートを作成したHiredは転職支援会社だということである。会社の事業を考えると、シリコンバレーに一極集中しがちなソフトウェアエンジニアの目を他の地域にも向けさせたいのではないかと邪推することも可能ではある。しかし、それを割り引いても、やはり大きな違いである。

 コスト調整でそこまで大きな差が出るサンフランシスコ住民の収入は、どれほど高いのか。つい最近、サンフランシスコと隣接する一部の地域で、住宅費補助を受けられる低所得世帯の上限が$105Kに達したと話題になった。 乱暴な言い方をすれば「世帯年収が1,200万円以下ならば貧乏」なのである。ちなみに、コスト調整前の年俸額で2位、調整後は3位になっているシアトルでは、計算方法が違うものの、$72K(828万円)が低所得世帯の基準になっている
サンフランシスコに比べると霞んでしまうが、これでも日本の基準から考えれば非常に高い。

 2008年のリーマンショックにともなう株価減少が底を打って以来、アメリカのIT業界は好景気が続いている。ソフトウェアエンジニアの需要はどんどん伸び、給与額はどんどん上がり、それとともに生活コストもどんどん上がる……という循環が何年も続いてきた。「これはバブルだ」と言うと、反対する人はほとんど居ない。新卒での就職と共に高給を得た若手エンジニアは自信に溢れているが、良い時も悪い時も経験したことがあるベテランとしては、この揺り戻しがいつ来るのかと不安を感じてしまうのもまた事実である。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


シリコンバレー IT業界

関連する投稿


 1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュース・ピックス! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

シリコンバレーの人々を虜にするテスラ(TESLA)の魅力とは?

IT業界の世界的な聖地とも言えるカリフォルニア州のシリコンバレー。この地に在住して10年、元NFLチアリーダーの齋藤佳子がシリコンバレーの見逃せない情報や、地元に飛び交う噂話などをお届けする。今回はシリコンバレーに限らず、世界中から注目されているテスラ(TESLA)が、これほど羨望される理由を紹介しよう。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。






最新の投稿


サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

サステイナブルな食生活への移行はゆっくりでいい

オーガニック野菜の生産や販売、食育教室などを開催するサステイナブル農場「21エーカース」の料理人で、料理人歴30年以上のベテラン・シェフ、ジャック・サリバン。今回はジャックが、サステイナブルな食生活へのスムーズに移行するための「コツ」を伝授する。


日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

日本好きを魅了する、ビバリーヒルズのスパ探訪

全米の流行発信地のひとつでもあるカリフォルニアのビバリーヒルズに、セレブリティたちを魅了する日本スタイルのスパがある。日本人女性、黒野智子さんがオーナーの「Tomoko Spa」だ。その驚きのサービスとは?


【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

【Red vs Blue】ビットコインが抱える“多くの問題”に頭を悩ませる監査当局

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回は、アメリカでも話題の仮想通貨への投資について。


今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

今週のU.S.A.ニュース・ピックス! 銃規制スピーチからロボット動画まで

アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思った今週のU.S.A.ニュースをピックアップ! 2月第3週のアメリカでは、フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の生存者によるスピーチを有名アーティストや若者層がリツイートして全米に銃所持の問題を提起したことが最大のニュースに。


トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

トランプの「軍事パレード開催」発言を兵士たちはどう受け止めたか

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、「軍事パレードを開催したい」というトランプ大統領発言に対する兵士や保守派の意見を紹介する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング