写真で見る分断 アメリカとメキシコの国境地域

写真で見る分断 アメリカとメキシコの国境地域


 昨年の大統領選におけるトランプ大統領候補の「メキシコとの国境に壁を建てる」という公約に興味を持ったイタリアの写真家2人(Edoardo Delille、Giulia Piermrtiri)がアリゾナ州内のメキシコ国境地域を訪れ、国境を巡回する軍事民兵部隊、国境を横断する密入国者、ボランティア「サマリタン」(困った人を助ける人の通称)の人々と9日間を過ごし、国境における彼らの姿を撮影した。 

 アメリカとメキシコの国境は太平洋岸からメキシコ湾岸まで2,000マイルもの長さにおよび、アメリカ側では4州にまたがる。毎年およそ3億5千万人が合法的に国境を越えるが、非合法に通過する人数はわかっていない。米国境警備は、昨年だけで40万8千人(うち4分の1は子供)の密入国者を捕らえており、少なくとも333人の死体を発見している。

 前述した2人の写真家による写真シリーズ『Far South(遠い南)』には、国境周辺をパトロールする物々しい民兵たち、喉の渇きと疲れと安堵で泣きながらボランティアの足元にひれ伏す密入国者、ボランティアが補給する給水所のドラム缶などの写真が収められ、 「自国を守ろうとする人々と、自分たちの人生を守ろうとする人々」のそれぞれの姿を映し出している。心打たれる写真の数々に、RedとBlueはどう反応するのか?

出典『Wired』
元記事:Wanna See How Divided the Country Is? Visit the US-Mexico Border

RED: 米国とメキシコ間に国境がある理由
“Wired.com gets one thing right…there is in fact a U.S. – Mexico Border”

 アメリカの大半の左派メディアは、トランプ大統領が言うこと、すること、賛成していること、あるいはコメントしたことなど、何に対しても異様なほど嫌悪感を持っている。だから、アメリカとメキシコの国境に関する問題が、しばしばジャーナリストやメディア・ブロガーたちの議論の対象に上るのだ。

 このWired.comの記事の解説には、幸いなことに害がない。しかし、彼らの論拠にはひとつだけ欠陥がある。国境は、ひとつの国を分断するものではない。国境とは二つの国、メキシコとアメリカを定義するものであり、二つの国の境界線である。国境の一方の側であるアメリカは、個人の自由と権利を認める法で統治された国家であり、移民たちにとっては希望の象徴になりうる。もう一方の側はメキシコだが、メキシコはアメリカと同じ国ではない。メキシコは良い国だが、自由、チャンス、信頼できる政府、より良い生活、法による統治国家、個人への尊厳を望んでいる者にとっては、移住したい国とは言い難いだろう。

 国境は尊重されなければならない。国としてのアメリカ、アイデアとしてのアメリカが何らかの意味を持つのだとすれば、それは土地、人間、そして領土の境界が絶対だからだ。国境を違法な形で超える違反行為は、それが個人、団体(テロリストなど)、外国の軍隊など問わず、許されるべきではない。不法移民がそれを越えようとすることは、隣国との信頼・友好関係への冒涜に等しいと言えるだろう。


BLUE:外部からの視点で見る米メキシコ国境は、我々に真実を見せてくれる
“An Outsider's View of the US-Mexico Border Helps Us See the Truth”

 イタリアの写真家は、アメリカの政治の影響を受けずに国境の状況を見ることができた。メキシコからアメリカへの国境を越えるのは人間なのだ。この事実は、アメリカの政治的な誇張のせいで見失われている。トランプと彼の支持者たちは、移民について否定的な側面ばかりを話したがる。トランプ支持者ではない人たちは、アメリカに不法に移民する人たちのほとんどが貧しく、飢えて、恐怖を感じ、ただ単によりよい暮らしを望んでいるだけだということを理解している。

 国境で武装した一般人たちがパトロールに当たっていることは非常に心配だ。我々の国境を、銃を構えて見張っているのはいったい誰なのだ? もし彼らが、国境を越えてきた人を捕まえたらどうなるのだろう? 銃で撃つのだろうか? 政府当局者が到着するまで待つように人々を強制するのだろうか? 

 メキシコ側から来る人々が国境地帯を無事に越えられるようにと、アメリカ側の人道支援ボランティアたちが、乾いた国境周辺地の木の下などに水のボトルを置くなどの活動している様子も写真に収められている。このコーナーの読者は、私がそのようなボランティアの人々がいることを嬉しく思うことに対して驚きはしないだろう。アメリカは、よりよい暮らしへの夢によって創られた国だ。アメリカでは、ネイティブ・アメリカンの人々以外はすべて移民であり、1492年以降にこの国に来た者たちに、他の人の入国を阻止する権利はないのだ。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

トランプ大統領に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

【Red vs Blue】セクハラは党政治よりも大きな問題だ

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。最近は毎日にように「まさか、この人が?」という文化人や有名人の過去のセクハラ行為が次々とメディアに取り上げるが……?


【Red vs Blue】トランプ大統領、水を飲むためスピーチを中断

【Red vs Blue】トランプ大統領、水を飲むためスピーチを中断

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、話題に事欠かないトランプ大統領の「大統領としての振る舞い」がなっていないと批判する米メディアの記事について。


アウトドアウエアのパタゴニア、トランプ大統領を告訴

アウトドアウエアのパタゴニア、トランプ大統領を告訴

 壮大なグランド・ステアケース・エスカランテ国定公園と、ベアーズ・イヤーズ国定公園は唯一無二の自然の宝庫。しかし、鉱山開発を推進するトランプ大統領は保護を辞めると決定。そこに、パタゴニアが立ち上がった!


米大統領夫人と副大統領夫人が揃ってファストフード店でランチ?

米大統領夫人と副大統領夫人が揃ってファストフード店でランチ?

米国のファースト・レディとセカンド・レディが揃ってテキサス州のハリケーン被災地を訪問中、予告なく地元のファストフード・ハンバーガー店に立ち寄り、気軽にランチを購入して店員やプレスを驚かせた。


バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

元トランプ政権のご意見番で、米極右派のリーダー的存在であるスティーブ・バノン氏が、再び自身が率いる右派メディアによるラジオ番組にレギュラー出演することを発表し、次期大統領選に向けてスタートを切った。






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング