写真で見る分断 アメリカとメキシコの国境地域

写真で見る分断 アメリカとメキシコの国境地域


 昨年の大統領選におけるトランプ大統領候補の「メキシコとの国境に壁を建てる」という公約に興味を持ったイタリアの写真家2人(Edoardo Delille、Giulia Piermrtiri)がアリゾナ州内のメキシコ国境地域を訪れ、国境を巡回する軍事民兵部隊、国境を横断する密入国者、ボランティア「サマリタン」(困った人を助ける人の通称)の人々と9日間を過ごし、国境における彼らの姿を撮影した。 

 アメリカとメキシコの国境は太平洋岸からメキシコ湾岸まで2,000マイルもの長さにおよび、アメリカ側では4州にまたがる。毎年およそ3億5千万人が合法的に国境を越えるが、非合法に通過する人数はわかっていない。米国境警備は、昨年だけで40万8千人(うち4分の1は子供)の密入国者を捕らえており、少なくとも333人の死体を発見している。

 前述した2人の写真家による写真シリーズ『Far South(遠い南)』には、国境周辺をパトロールする物々しい民兵たち、喉の渇きと疲れと安堵で泣きながらボランティアの足元にひれ伏す密入国者、ボランティアが補給する給水所のドラム缶などの写真が収められ、 「自国を守ろうとする人々と、自分たちの人生を守ろうとする人々」のそれぞれの姿を映し出している。心打たれる写真の数々に、RedとBlueはどう反応するのか?

出典『Wired』
元記事:Wanna See How Divided the Country Is? Visit the US-Mexico Border

RED: 米国とメキシコ間に国境がある理由
“Wired.com gets one thing right…there is in fact a U.S. – Mexico Border”

 アメリカの大半の左派メディアは、トランプ大統領が言うこと、すること、賛成していること、あるいはコメントしたことなど、何に対しても異様なほど嫌悪感を持っている。だから、アメリカとメキシコの国境に関する問題が、しばしばジャーナリストやメディア・ブロガーたちの議論の対象に上るのだ。

 このWired.comの記事の解説には、幸いなことに害がない。しかし、彼らの論拠にはひとつだけ欠陥がある。国境は、ひとつの国を分断するものではない。国境とは二つの国、メキシコとアメリカを定義するものであり、二つの国の境界線である。国境の一方の側であるアメリカは、個人の自由と権利を認める法で統治された国家であり、移民たちにとっては希望の象徴になりうる。もう一方の側はメキシコだが、メキシコはアメリカと同じ国ではない。メキシコは良い国だが、自由、チャンス、信頼できる政府、より良い生活、法による統治国家、個人への尊厳を望んでいる者にとっては、移住したい国とは言い難いだろう。

 国境は尊重されなければならない。国としてのアメリカ、アイデアとしてのアメリカが何らかの意味を持つのだとすれば、それは土地、人間、そして領土の境界が絶対だからだ。国境を違法な形で超える違反行為は、それが個人、団体(テロリストなど)、外国の軍隊など問わず、許されるべきではない。不法移民がそれを越えようとすることは、隣国との信頼・友好関係への冒涜に等しいと言えるだろう。


BLUE:外部からの視点で見る米メキシコ国境は、我々に真実を見せてくれる
“An Outsider's View of the US-Mexico Border Helps Us See the Truth”

 イタリアの写真家は、アメリカの政治の影響を受けずに国境の状況を見ることができた。メキシコからアメリカへの国境を越えるのは人間なのだ。この事実は、アメリカの政治的な誇張のせいで見失われている。トランプと彼の支持者たちは、移民について否定的な側面ばかりを話したがる。トランプ支持者ではない人たちは、アメリカに不法に移民する人たちのほとんどが貧しく、飢えて、恐怖を感じ、ただ単によりよい暮らしを望んでいるだけだということを理解している。

 国境で武装した一般人たちがパトロールに当たっていることは非常に心配だ。我々の国境を、銃を構えて見張っているのはいったい誰なのだ? もし彼らが、国境を越えてきた人を捕まえたらどうなるのだろう? 銃で撃つのだろうか? 政府当局者が到着するまで待つように人々を強制するのだろうか? 

 メキシコ側から来る人々が国境地帯を無事に越えられるようにと、アメリカ側の人道支援ボランティアたちが、乾いた国境周辺地の木の下などに水のボトルを置くなどの活動している様子も写真に収められている。このコーナーの読者は、私がそのようなボランティアの人々がいることを嬉しく思うことに対して驚きはしないだろう。アメリカは、よりよい暮らしへの夢によって創られた国だ。アメリカでは、ネイティブ・アメリカンの人々以外はすべて移民であり、1492年以降にこの国に来た者たちに、他の人の入国を阻止する権利はないのだ。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

トランプ大統領に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


トランプ大統領 メキシコ

関連する投稿


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、先月半ばに現政権が米CDCに対して「多様性」などの用語の使用禁止を通達したことについて、両者が意見を戦わせる。


【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、大統領自身も自らを告発した女性たちの声を聞くべきだと発言したヘイリー米国連大使について、二者が意見を交わす。


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


【Red vs Blue】トランプ大統領の北朝鮮政策は飢饉を誘発する?!

【Red vs Blue】トランプ大統領の北朝鮮政策は飢饉を誘発する?!

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はトランプ大統領による北朝鮮への制裁に対して、両者の意見を聞く。






最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング