ハリケーンの銃撃は禁止! フロリダ警察が異例の警告を発信

ハリケーンの銃撃は禁止! フロリダ警察が異例の警告を発信


 ある意味「アメリカらしい」という気もするが、フロリダのパスコ郡警察が9日、地域の人々に向けて「ハリケーン・イルマを銃で撃たないように」という、異例の警告を出していた。

 郡警察はツイッターで「イルマを銃で撃たないように。そんなことをしてもハリケーンの向きを変えることはできないし、それによる別の危険が発生してしまう」と、発信した。この不可思議な警告の背景には、フロリダ在住のリョン・エドワーズさん(22歳)が、ハリケーンが来るというストレスと暇を持て余し、フェイスブックのイベントページ「ハリケーン・イルマを撃て」(Shoot at Hurricane Irma)を作ったことが関係している。エドワーズさんは開設したページで、「僕らの方が先に撃つことをイルマに見せてやろう」とふざけて呼びかけたが、なんとそれに5万人以上の人々が参加に興味があると反応したのだ。なかにはイベントを本物だと信じた人も多く、今から撃つという格好で、銃を手にした自分の写真を同ページに掲載した人までいたという。

 この状況を受けて、同郡警察が「念のため」に、「そんなことをしたら空に向けて撃った銃弾が落ちてきて、自分たちに当たる可能性がある」と、その危険性を訴える流れになった。銃弾を空に向かって撃てば、その弾は地表に降り落ちてくることが分からない人たちがフロリダには大勢存在する、ということの方がニュースかもしれない。

引用元:Don't Fire Guns at Hurricane Irma, Florida Police Warn
警察に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


災害 警察 フロリダ州

関連する投稿


教室にシェルターの設置が加速する?

教室にシェルターの設置が加速する?

今年2月、17人もの犠牲者を出したフロリダ州パークランドの高校における銃乱射事件。アメリカの教育現場ではこうした悲劇を防ぐための解決策が模索されている。そんな中でも注目の対策は?










最新の投稿


今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年5月17日〜23日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

【Red vs. Blue】全米ライフル協会に迎合するトランプ、国連武器貿易条約から離脱か?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は、銃規制に反対する全米ライフル協会を支持するトランプ大統領が、同協会の会合で「国連武器貿易条約」から離脱すると発言したことについて。


アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

アメリカでは4人に1人がスマートスピーカーを所有している

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。アメリカの一般家庭におけるスマートスピーカーの普及率が上昇し、成人の4人に1人が所有するといわれるアメリカ市場の現状とは?


米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米大手メディアはなぜキリスト教徒迫害の現状を伝えないのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、欧米にはびこる「ポリティカル・コレクトネスの風潮」から、イスラム教徒の迫害は欧米でニュースになるのに、キリスト教徒の迫害は報道されないという現状について。


トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

トランプ大統領の顔は、なぜオレンジなのか?

米トランプ大統領の顔の色が、「オレンジ色に見える」と思ったことはないだろうか?アメリカでは、彼が大統領に立候補した頃から徐々にオレンジ色が濃くなっていることや、その理由を知りたがる声が継続的にトークショー番組やSNSを賑わせているが、小麦色の肌を手にいれたいのはトランプ大統領だけではないようだ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング