スポーツの競技構造は社会構造の鏡

スポーツの競技構造は社会構造の鏡


 アイスホッケーは日本では人気のないスポーツだが、北米ではアメリカン・フットボール、野球、バスケットボールに次ぐ4大スポーツのひとつであり、バスケットボールと並んで北米とヨーロッパの両大陸でメジャースポーツとして認識されている数少ない球技である。カナダに次ぐアイスホッケーの超大国アメリカで、私がホッケー(北米では単にホッケーと言えばアイスホッケーのこと)を教えて約十年。スポーツ環境を通して、アメリカ人の価値観や社会構造が、より理解できるようになった。

 「フェアな戦い」というのは、アメリカ競争社会における最大前提条件のひとつである。しかし、この「フェアな戦い」とは、日本の高校野球に代表される公立も私学も強豪校も弱小校も、全てのチームが同じ条件で「全国四千校の頂点」を目指して戦うという「無差別級一発勝負トーナメント」とは全く意味が異なる。

 ほとんどのアメリカのユース(18歳以下)スポーツ大会は、年齢や学年だけでなく、競技レベル(もしくは学校やクラブの規模)に応じたグループ、「ディヴィジョン」に分かれて戦う。つまり、出来るだけ均衡した戦力同士で競い合うことこそが「フェアな戦い」とされているのである。また、運に左右されがちで参加費・遠征費に対して試合数が不平等になる一発勝負のトーナメントを避け、リーグ戦とプレーオフという長期戦で、勝ったり負けたりしながらチームと個人を育て、それぞれのレベルで最終的なチャンピオンを決めるのが「フェアな戦い」の目指すところである。これは州や地域のリーグ戦だけでなく、週末3日間だけの「トーナメント」でも同様であり、どんな小規模なトーナメントでも、階級分けされたディヴィジョン内で数試合の予選リーグと決勝ラウンドを行い、最低3〜4試合が保証されている。最初からレベル分けされ、試合に必要な人数で編成されたチームなので「補欠」という概念もなく、なるべく多くの選手を使いながら中長期の戦いを制する柔軟な選手起用と戦術が求められるため、指導者も成長する。

 こうしてユース年代からレベル分けされたリーグ戦を行い、徐々に試合数を増やしていく。年代が上がるとドラフトやトレードを導入して、競技ピラミッドの頂点であるプロ・スポーツに条件を近づけていくのは「フェアな戦い」であるだけでなく、アメリカ社会が好む「合理性」に基づいた人材育成構造でもある。そして、それは公教育からインターンを経て、徐々に社会人を育て、就職したら即戦力として扱う「育ててから競わせる」アメリカの社会構造に準じている。

 日本では、ユース年代からリーグ戦化を進めるサッカー等一部の競技を除き、高校生までは無差別級一発勝負トーナメントを行い、大学、プロ、社会人に入ってからレベル分けしたリーグ戦を始めるため、18歳を過ぎてから大人のスポーツ環境をいきなり学ぶことになる。プロ・スポーツチームに独身寮があり、プロの私生活を管理する仕組みは、日本以外では稀である。これは、まず受験や就職活動で厳しく競争させて、社会人になってからプロとしての教育を始める、「競わせてから育てる」日本の社会構造と似ている。

 アメリカに代表されるスポーツ大国と日本のスポーツ環境の違いは多いが、最も重要な違いは、上記のような競わせ方と育て方の構造である。私はこれを「競技構造」と呼んでいる。次回からも、主にアメリカと日本のスポーツを比較しながら、競技構造と社会構造について考察していきたい。

スポーツに関する記事 >

この記事の寄稿者

 筑波大学大学院体育科学研究科修了。USA Hockeyコーチ・ライセンスの最高位、Level 5(マスターコーチ)を保有。1997年に北米に渡り、日本人として初めてカナダのAAAレベルとアメリカNCAA(全米大学体育協会)でコーチを務める。
 帰国後、アジアリーグ日光アイスバックスのテクニカル・コーチを経て、2006〜12年は北米、2012〜13年はトルコ、2013〜15年は香港で男女代表チームを指導。
 2015年に米国へ移住し、NHLアリゾナ・コヨーテズのユースチーム他、世界各地のホッケーキャンプで指導。現場での指導の他、競技人口や競技施設を効率的に配置し、最適化された競技環境を構築する「競技構造」という概念を考案、研究している。

関連するキーワード


スポーツ業界 アメリカ人

関連する投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。






最新の投稿


召しませ、完璧なステーキ

召しませ、完璧なステーキ

アメリカ人には、「肉好き」が多い。厚みのあるステーキは、アメリカ料理の定番のひとつだが、ステーキの調理は簡単のように見えて実は難しい。焼き加減によって硬くなり過ぎたり、生焼けになったりと、上手く肉が焼けない悩みを持つ人は多い。そんな悩める人々の救世主となるグッズとは?


ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ソーシャルメディア時代にぴったり!写真映えするビタミン剤

ちょっと変わったマルチビタミンが注目を集めている。特に変わっているのはその「形状」だ。今まで見たことがないような新しいデザインの錠剤は、写真映えするという理由から、たちまち世間に浸透した。一体、どんなビタミンなのだろう?


米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

米中間選挙: 保守派の見解「信じるな!世論調査とCNN」

テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は中間選挙に向けて、世論調査の結果を掲げて議論するリベラル派に対して、「その質問はフェアーか?」と質問の仕方に疑問を持つ保守派の声を現地からレポートする。


成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

成功への選択「未来予想図」2018年10月12日~10月18日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


静脈探し技術で患者の不満を解消

静脈探し技術で患者の不満を解消

 病院で看護師に「血管が見つかりにくい」と言われたことのある人に朗報だ。検査時などの採血の際、静脈の位置がなかなか見つからず、何度も針を刺されて痛い経験をしたことがある人も少なくないだろう。でも、これがあれば今後はそれほど痛い思いをしなくて済むかもしれない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング