スポーツの競技構造は社会構造の鏡

スポーツの競技構造は社会構造の鏡


 アイスホッケーは日本では人気のないスポーツだが、北米ではアメリカン・フットボール、野球、バスケットボールに次ぐ4大スポーツのひとつであり、バスケットボールと並んで北米とヨーロッパの両大陸でメジャースポーツとして認識されている数少ない球技である。カナダに次ぐアイスホッケーの超大国アメリカで、私がホッケー(北米では単にホッケーと言えばアイスホッケーのこと)を教えて約十年。スポーツ環境を通して、アメリカ人の価値観や社会構造が、より理解できるようになった。

 「フェアな戦い」というのは、アメリカ競争社会における最大前提条件のひとつである。しかし、この「フェアな戦い」とは、日本の高校野球に代表される公立も私学も強豪校も弱小校も、全てのチームが同じ条件で「全国四千校の頂点」を目指して戦うという「無差別級一発勝負トーナメント」とは全く意味が異なる。

 ほとんどのアメリカのユース(18歳以下)スポーツ大会は、年齢や学年だけでなく、競技レベル(もしくは学校やクラブの規模)に応じたグループ、「ディヴィジョン」に分かれて戦う。つまり、出来るだけ均衡した戦力同士で競い合うことこそが「フェアな戦い」とされているのである。また、運に左右されがちで参加費・遠征費に対して試合数が不平等になる一発勝負のトーナメントを避け、リーグ戦とプレーオフという長期戦で、勝ったり負けたりしながらチームと個人を育て、それぞれのレベルで最終的なチャンピオンを決めるのが「フェアな戦い」の目指すところである。これは州や地域のリーグ戦だけでなく、週末3日間だけの「トーナメント」でも同様であり、どんな小規模なトーナメントでも、階級分けされたディヴィジョン内で数試合の予選リーグと決勝ラウンドを行い、最低3〜4試合が保証されている。最初からレベル分けされ、試合に必要な人数で編成されたチームなので「補欠」という概念もなく、なるべく多くの選手を使いながら中長期の戦いを制する柔軟な選手起用と戦術が求められるため、指導者も成長する。

 こうしてユース年代からレベル分けされたリーグ戦を行い、徐々に試合数を増やしていく。年代が上がるとドラフトやトレードを導入して、競技ピラミッドの頂点であるプロ・スポーツに条件を近づけていくのは「フェアな戦い」であるだけでなく、アメリカ社会が好む「合理性」に基づいた人材育成構造でもある。そして、それは公教育からインターンを経て、徐々に社会人を育て、就職したら即戦力として扱う「育ててから競わせる」アメリカの社会構造に準じている。

 日本では、ユース年代からリーグ戦化を進めるサッカー等一部の競技を除き、高校生までは無差別級一発勝負トーナメントを行い、大学、プロ、社会人に入ってからレベル分けしたリーグ戦を始めるため、18歳を過ぎてから大人のスポーツ環境をいきなり学ぶことになる。プロ・スポーツチームに独身寮があり、プロの私生活を管理する仕組みは、日本以外では稀である。これは、まず受験や就職活動で厳しく競争させて、社会人になってからプロとしての教育を始める、「競わせてから育てる」日本の社会構造と似ている。

 アメリカに代表されるスポーツ大国と日本のスポーツ環境の違いは多いが、最も重要な違いは、上記のような競わせ方と育て方の構造である。私はこれを「競技構造」と呼んでいる。次回からも、主にアメリカと日本のスポーツを比較しながら、競技構造と社会構造について考察していきたい。

スポーツに関する記事 >

この記事の寄稿者

 筑波大学大学院体育科学研究科修了。USA Hockeyコーチ・ライセンスの最高位、Level 5(マスターコーチ)を保有。1997年に北米に渡り、日本人として初めてカナダのAAAレベルとアメリカNCAA(全米大学体育協会)でコーチを務める。
 帰国後、アジアリーグ日光アイスバックスのテクニカル・コーチを経て、2006〜12年は北米、2012〜13年はトルコ、2013〜15年は香港で男女代表チームを指導。
 2015年に米国へ移住し、NHLアリゾナ・コヨーテズのユースチーム他、世界各地のホッケーキャンプで指導。現場での指導の他、競技人口や競技施設を効率的に配置し、最適化された競技環境を構築する「競技構造」という概念を考案、研究している。

関連するキーワード


スポーツ業界 アメリカ人

関連する投稿


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


これからは「ペットが飼主に電話する」?

これからは「ペットが飼主に電話する」?

自宅にカメラを設置し、外出先からスマホでペットの様子を確認できるアプリ類はもう一般的。そこで今度は、外出中の飼主にペットからコンタクトすることが可能なガジェットが登場し、話題になっている。


1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

1月第4週ニュース・ピックス! 世界滅亡時計から、黄金の便器まで

米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ! 先週は、黄金の便器、洗剤を食べる人増加など冗談のようなニュースに注目が集まった。


バッファロー・ウイングを食べるときには

バッファロー・ウイングを食べるときには

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。アメリカで「ビールに合うつまみ」といえば、ソースに絡めたバッファロー・ウイング。手がベタベタになることが玉に瑕だが……?


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング