セレブリティが指定する鑑定場所

セレブリティが指定する鑑定場所


 セレブリティたちの人生に、ゴシップはつきもの。私生活がニュースになるのは想定内で、それは本人たちも分かっている。けれど、パパラッチに隠し撮りを狙われ続け、ありもしないことを書かれてしまうことを「有名税だと思えばいい」などと言い切れる人は稀だろう。

 私達はみな、同じ人間。ありもしないことを世間に報じられて、傷つかない人はいないと思う。立場上、私は彼らの悩みの相談に乗るのが仕事でもあるが、「あの記事には参った」と、心底落ち込み、傷ついてしまう人はとても多い。

 なので、有名人といわれる人たちが、私達のような仕事をしている人間に何かを見てもらう際、彼らはとても慎重になる。「運命鑑定=悩み、問題」という公式が誰でもすぐ浮かぶので、ゴシップ記事を書く仕事の人たちにそのことを知られたら、何と書かれるか分からない。だから彼らは、鑑定士や占い師の存在自体を秘密にし、鑑定士に長期契約の代わりに他の人の鑑定を行う際の条件をつけたり、「鑑定士という職業を公開しない」と誓約させたりするのだ。

 以前、私と同じ仕事をしている仲間のひとりが、「鑑定士という職業を公開しない」と契約書にサインした上で、定期的にある男性俳優を鑑定していた。鑑定をする指定場所はいつも一流ホテルのスイートルームだったが、ある時、仕事を終えて出てきたところをパパラッチに撮影されて、「XXXの新しい恋人は20歳年上の子持ちの既婚女性」とタブロイド記事に書かれてしまった。彼女は契約書にサインをしていたため、その誤解を公表できずにとても苦しみ、家族にも迷惑が掛かったこともあって、それ以後は有名人の鑑定を引き受けなくなった。

 この事件はハリウッド内部では有名な話で、この事件後はセレブリティの運命鑑定の場所にホテルが使われることは少なくなった。ホテルだけでなく、自宅やハリウッド市内も避けるケースが増え、誰もがもっと安全だと思える場所を指定するようになった。

 ほとんどの場合、私たちは現場に行くまで行き先を伝えられない。お迎えの人が来て、延々と車に乗せられ、ロサンゼルスから何時間も掛けて、エージェントが運命鑑定のためだけに借り切った森の中の一軒家に連れていかれたこともあるし、立ち入り禁止になっている取り壊し前の郊外のビルに連れていかれたこともある。

 最近一番多い鑑定場所は、プライベート・ジェット機の中だ。移動時間を利用できる上、プライバシーが完全に保てるので、セレブリティたちにとって最適な場所だと思う。私もプライベート・ジェットのように隔離された場所であれば、安心して仕事に集中できる。顧客たちとは仕事で会っているのに、「新しい恋人だ」、「不倫だ」と疑われては身が持たないし、一般人の私には、それも仕事の一部だとは思えない。セレブリティでいることは、本当に大変なのだ。人が羨むような生活をしていても、不自由はいっぱいある。他人の人生は、外から見ただけでは分からないものだ。

エンタメ業界に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


ハリウッド




最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング