アメリカ人のジョーク

アメリカ人のジョーク


 アメリカ人との会話の中でいつも感心することは、ジョークをシリアスな場面でも使いこなす話術である。例えばアメリカ人の医師は、大きな手術中でもジョークを言う。それが患者の緊張を解くからだ。

 アメリカ人が使うジョークは、日本人からみると皮肉(sarcasm)に聞こえ、傷つく類のものが多いのだが、それこそがアメリカ流であり、文化でもある。アメリカのジョークは、日本人による冗談や漫才、お笑いのネタとは全く異なる種類のものだ。実際、過去に日本人のお笑い芸人が英語で漫才のネタをハリウッドで公演したが、全く受けなかった。

 では、アメリカ人に受けるジョークとは、どういうものか? たとえば下記のように、シリアスな会話にもジョークのエッセンスを入れ込んで打ち明けるなどは一般的な例のひとつだろう。

妻「あなた、今日は良いニュースと悪いニュースの2つあるの。どっちを先に聞きたい?」
夫「そうだなあ、やっぱり、いいニュースだな」
妻「あなたの車のエアーバックは、正常に動作したわよ」

 上記はアメリカの文化同様にダイレクトでありつつ、皮肉的な言い回しを使って何があったのかを相手に伝えようとしている。もし、上記の会話を日本人が伝える場合は、妻は夫に、夫が大事にしている車で事故を起こしてしまったことを涙ながらに伝えて、誠心誠意で謝るのが一般的かもしれないが、切り返しが早いアメリカ人は、同じことを伝えるにも、どこかに笑いが残るユーモアを入れるのである。

 これをアメリカ人は、センス・オブ・ユーモア(Sense of humor)というが、どんな会話にもユーモアのセンスを上手く入れることは、アメリカ文化なのだ。この背景を理解した上で、自分でジョークを考えて、それを会話に活かしてアメリカ人を笑わせることができたら、立派な英語の達人だと言えるだろう。ここで大切になることは英語力そのものよりも、アメリカ人の「笑いのつぼ」にうまく入ることだ。これは訓練するというより、慣れだと思う。普段からコメンテーターが紹介するアメリカの政治ニュースやミュージカル、コメディー・ショーなどを見ておくと、この感覚がだんだんわかってくるだろう。

 アメリカ人がジョーク好きと言っても、それが行き過ぎるものであれば、当然相手を怒らせるきっかけにもなるので注意が必要だ。そのためには、皮肉を効かせていながらも、単純かつ「前向きな見解に至る内容」のジョークを常にいくつか準備しておくとよいだろう。つまり、たとえジョーク話の設定がなんであれ、そのジョークの最後のオチがポジティブな気持ちになるものであれば良いのである。
  ちなみに、私が教えてもらったアメリカン・ジョークのひとつに、こんな話がある。

 レストランでウエイトレスが熱いスープを客に運んでいた際に、そのスープの中にウエイトレスの指が入ってしまったのを見た客が、「君の指が僕のスープの中に入っていたぞ」と、クレームをつけた。すると、そのウエイトレスはこう言った。「あら、大丈夫よ。私はやけどしてないから」。

 これを聞いて客もウエイトレスも笑い飛ばして終わるのだが、このジョークに「どうしてそこまで笑うのか?」というほどアメリカ人は笑う。こういう前向きに捉えられるようなユーモアを発見して自分の英会話術に組み込み、アメリカ人を相手にさらっとジョークを言えるビジネスマン&ビジネスウーマンでありたいものである。

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

 ファッション、美容を中心に、日本とヨーロッパで長年輸出入ビジネスを展開。2008年、リーマンショック直前に日本の拠点としていた輸入会社を大手アパレル企業、株式会社ベイクルーズに売却、翌年2009年よりアメリカで本格的な事業展開をスタートし、ハワイ州にビジネスを登記。その後カリフォルニア州ロスアンゼルスにFundsmedia incを設立した。日米双方に向けての商品開発や販売、マーケティング、コンサルテーション、プロモーション、ライセンス契約エージェント業務など、幅広いサービスを提供。特にビューティー、フードビジネスエリアに関するサービスには定評がある。日欧米というグローバルな土壌で培った長い事業経験と、常に新しい視点でリサーチを重ねたビジネス案、ヒット予測を元に、現在新商品開発にも力を入れている。アメリカでビジネス展開を希望する、日本の個人、企業パートナーも募集中。

関連する投稿


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

【Red vs. Blue】トランプ大統領、フロリダの集会で2020年大統領選の再選を宣言

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はトランプ大統領が来年11月に予定されている次期大統領選への立候補を正式表明したことについて。


なぜ、ブリトーの皮が人気なのか?

なぜ、ブリトーの皮が人気なのか?

アメリカには時折、理解に困る流行が生まれることがある。そんな流行のひとつと言えるのが、メキシカン料理を代表する「ブリトー」だ。今年大流行している2つのブリトー。しかし、これらはいずれも、食べられるブリトーではない……。


他人と会話が続かない人が増えている?

他人と会話が続かない人が増えている?

アメリカ生活も20年を過ぎた翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は、ユーザーの質問に答えるAI 搭載の電子機器がアメリカの日常生活に浸透する一方で、他人と会話のキャッチボールができない人が増えていることについて。


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?






最新の投稿


奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

奴隷制に対する賠償金を支払うのは誰なのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、トランプ大統領に対抗するリベラル派の大統領候補や政治家たちが「過去の奴隷制に対して賠償金を払うべき」と訴えていることについて、保守派の見解を解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年7月19日~25日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

クレジットカード社会のアメリカらしい、子供向けサービス

日本とは異なり、アメリカでは50ドル以上の現金を持ち歩く人はとても少ない。「現金はまったく持たず、クレジットカードかデビットカードのみ」という人も大勢いる。そんなカード社会だからこそ重宝されている、子供向けのサービスがある。


50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

50歳以上の女性を対象にした一軒家シェア・マッチングとは

地域などで差はあるものの、一般的に個人主義と言われるアメリカ人は、高齢になってもひとり暮らしを好む傾向が高い。しかし50歳を過ぎて独身の場合は、必ずしもそうとは言えないようだ。一軒家の所有者で同居人を探している人と、賃貸マンションやアパート暮らしに不安を感じている人をマッチングさせるサイトの人気が上がっているという。


アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

アイデア靴下の大勝利? 旅行やアウトドアの必需品に

夏、真っ盛り! 旅行やイベントなどの予定がある人も多い中、海外旅行や野外イベントに行くときに、ちょっと心配なのが貴重品の管理だ。大勢が集まる場所や海外ではスリやひったくりに遭わないよう、昔ながらの腹巻型の貴重品入れに財布やパスポートを入れて持ち歩く人もいるのでは? そんなあなたにオススメなのが、このアイデア靴下だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング