アメリカ人のジョーク

アメリカ人のジョーク


 アメリカ人との会話の中でいつも感心することは、ジョークをシリアスな場面でも使いこなす話術である。例えばアメリカ人の医師は、大きな手術中でもジョークを言う。それが患者の緊張を解くからだ。

 アメリカ人が使うジョークは、日本人からみると皮肉(sarcasm)に聞こえ、傷つく類のものが多いのだが、それこそがアメリカ流であり、文化でもある。アメリカのジョークは、日本人による冗談や漫才、お笑いのネタとは全く異なる種類のものだ。実際、過去に日本人のお笑い芸人が英語で漫才のネタをハリウッドで公演したが、全く受けなかった。

 では、アメリカ人に受けるジョークとは、どういうものか? たとえば下記のように、シリアスな会話にもジョークのエッセンスを入れ込んで打ち明けるなどは一般的な例のひとつだろう。

妻「あなた、今日は良いニュースと悪いニュースの2つあるの。どっちを先に聞きたい?」
夫「そうだなあ、やっぱり、いいニュースだな」
妻「あなたの車のエアーバックは、正常に動作したわよ」

 上記はアメリカの文化同様にダイレクトでありつつ、皮肉的な言い回しを使って何があったのかを相手に伝えようとしている。もし、上記の会話を日本人が伝える場合は、妻は夫に、夫が大事にしている車で事故を起こしてしまったことを涙ながらに伝えて、誠心誠意で謝るのが一般的かもしれないが、切り返しが早いアメリカ人は、同じことを伝えるにも、どこかに笑いが残るユーモアを入れるのである。

 これをアメリカ人は、センス・オブ・ユーモア(Sense of humor)というが、どんな会話にもユーモアのセンスを上手く入れることは、アメリカ文化なのだ。この背景を理解した上で、自分でジョークを考えて、それを会話に活かしてアメリカ人を笑わせることができたら、立派な英語の達人だと言えるだろう。ここで大切になることは英語力そのものよりも、アメリカ人の「笑いのつぼ」にうまく入ることだ。これは訓練するというより、慣れだと思う。普段からコメンテーターが紹介するアメリカの政治ニュースやミュージカル、コメディー・ショーなどを見ておくと、この感覚がだんだんわかってくるだろう。

 アメリカ人がジョーク好きと言っても、それが行き過ぎるものであれば、当然相手を怒らせるきっかけにもなるので注意が必要だ。そのためには、皮肉を効かせていながらも、単純かつ「前向きな見解に至る内容」のジョークを常にいくつか準備しておくとよいだろう。つまり、たとえジョーク話の設定がなんであれ、そのジョークの最後のオチがポジティブな気持ちになるものであれば良いのである。
  ちなみに、私が教えてもらったアメリカン・ジョークのひとつに、こんな話がある。

 レストランでウエイトレスが熱いスープを客に運んでいた際に、そのスープの中にウエイトレスの指が入ってしまったのを見た客が、「君の指が僕のスープの中に入っていたぞ」と、クレームをつけた。すると、そのウエイトレスはこう言った。「あら、大丈夫よ。私はやけどしてないから」。

 これを聞いて客もウエイトレスも笑い飛ばして終わるのだが、このジョークに「どうしてそこまで笑うのか?」というほどアメリカ人は笑う。こういう前向きに捉えられるようなユーモアを発見して自分の英会話術に組み込み、アメリカ人を相手にさらっとジョークを言えるビジネスマン&ビジネスウーマンでありたいものである。

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

 「ディズニーランドに強烈な競合相手が出来た!」とロサンゼルスに住む人たちが語る場所。その名も「Happy Place」。一体、どんな場所なのだろう?


アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。クリスマスになると登場する卵色の飲み物「エッグノッグ」。アメリカ人はみんな、これが好きなのだろうか?


バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

元トランプ政権のご意見番で、米極右派のリーダー的存在であるスティーブ・バノン氏が、再び自身が率いる右派メディアによるラジオ番組にレギュラー出演することを発表し、次期大統領選に向けてスタートを切った。






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング