トランプ大統領、自分がヒラリーをゴルフボールで打つ映像を自ら共有

トランプ大統領、自分がヒラリーをゴルフボールで打つ映像を自ら共有


 トランプ大統領のツイッターはしばしば世間を騒然とさせるが、今回は大統領支持者が作ったGIF画像を共有して物議を醸している。問題の画像は、トランプ大統領がゴルフをプレー中の映像と、国務長官時代のヒラリー・クリントン氏が飛行機に乗り込む際につまずいた映像を編集し、まるでトランプ大統領の打ったゴルフボールがクリントン氏の背中を直撃したように見せている。この画像のシェアを大統領支持者は喜んだが、多方面から「いい加減、大人になれ」と言った批判の声が上った。トランプ大統領はこれまでも、自身がCNNを滅多打ちにしている様子や、CNNレポーターが列車に轢かれるイメージのGIF画像をツイッターで発信している。ちょっとした冗談か、それとも大統領にあるまじき行動か。RedとBlueの意見はいかに?

出典『The Washington Post』
元記事:Trump shares GIF of himself striking Hillary Clinton in the back with a golf ball

RED: メディアにはちょっとした冗談が必要だ
“The media needs to lighten-up”

 この騒ぎをまずは時系列で整理しよう。誰かがトランプ大統領がゴルフをプレー中の画像と、ヒラリー・クリントンが飛行機に乗り込む際に転んだ画像を編集して短いビデオを作った。ドナルド・トランプはそのビデオをツイッターで共有した。そして左派メディアはそうした行動は大統領府の職につくにはふさわしくないと怒っている。

 情報化時代のソーシャル・メディアには多くの否定的な側面もある。この画像は確かにふざけた内容だ。左派はトランプ大統領ユーモアのセンスが気に入らないかもしれないが、彼は冗談として共有したのだ。

 報道されるべき世界情勢は、たくさんある。北朝鮮が核ミサイル開発間際になり、ISIS (イスラム国)は何千人もの十代の少女を奴隷にして強姦し、ロンドンやヨーロッパがテロ襲撃され、イランは大量破壊兵器を追求し続けている中、米左派メディアにとっての最も重要な心配事は、大統領がツイッターで共有したおふざけのビデオなのか。真剣にこんなニュースを問題化するよりも、「ちょっとした笑いのネタ」くらいで報道としては足りるのではないか。


BLUE:トランプは大人の男の体を持った危険な子供だ
“Trump Is a Dangerous Child in an Old Man’s Body”

 トランプが選挙に勝った時、アメリカ国民は、彼が大統領らしく振舞うように学ぶことを期待した。今も我々は、彼が大人らしく振舞うことを願っている。トランプがツイッターに病み付きなのは周知の事実だが、暴力的な内容を気軽にツイッターで共有する行動には驚かされる。アメリカの軍隊を統括する男が、電車に轢かれる記者や、元大統領夫人が打ち倒されるのを見て面白いと思っているのだ。彼は、アメリカの敵を気軽に脅し、同盟国をからかったりする。彼が莫大な軍隊の力と指揮権を持っていることを思うと、こうした行動を取ることを見るのは本当に恐ろしい。

 トランプが選挙で勝ったというのは、残念ながら事実である。しかし、彼のエゴはあまりにも脆いため、いまだに彼はヒラリー・クリントンを攻撃する必要があると感じているようだ。彼は自分の態度がいかに危険であるかを無視して、楽しげに北朝鮮をからかっている。彼は子供のようなユーモアのセンスは持っているようだが、自己抑制力がない。彼の狭い心が、私たちを戦争に導かないことを願うばかりだ。

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

トランプ大統領に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

【Red vs Blue】トランプ政権、米疾病管理予防センターに「7つの用語」の使用禁止を通達

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、先月半ばに現政権が米CDCに対して「多様性」などの用語の使用禁止を通達したことについて、両者が意見を戦わせる。


【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

【Red vs Blue】トランプ大統領のセクハラ告発者の勇気を讃えたヘイリー米国連大使

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は、大統領自身も自らを告発した女性たちの声を聞くべきだと発言したヘイリー米国連大使について、二者が意見を交わす。


トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

トランプ大統領をSNSで批判すると警告の電話が来る?!

SNSで友達に向けて、米大統領に批判的な意見を発信したとする。ある日、米大統領支持団体から、その投稿を指摘する電話が掛かってきたら、あなたはどう反応するだろう? 市民のSNSまでモニターされているのだろうか?


【Red vs Blue】トランプ大統領の北朝鮮政策は飢饉を誘発する?!

【Red vs Blue】トランプ大統領の北朝鮮政策は飢饉を誘発する?!

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はトランプ大統領による北朝鮮への制裁に対して、両者の意見を聞く。






最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング