マリファナ合法の州ではジャンクフードの売上げが上昇?!

マリファナ合法の州ではジャンクフードの売上げが上昇?!


 海外のコメディー映画やドラマで「マリファナを吸って夜中にファストフードのテイクアウトをする」とか、「ハイになってハンバーガーやドーナツを暴食する」というシーンを見たことはないだろうか? マリファナには気分を高揚させるだけでなく、「食欲をもたらす」効用があるとされているからだが、それを裏付けるような調査結果が発表された。

 マリファナ(カナビス)に関する消費者動向や経済効果を調査する「グリーン・マーケット・リポート」と「カナビスにかかわる消費者リサーチ」が2万7,500人を対象にした最新の共同調査によると、マリファナが合法で購入や吸引できる州では、非合法の州よりもファストフード店の売上げが高いことが分かった。

 調査は基本人口を5,500万人と平均化し、全米いくつかの都市で行われた。そのうち合法マリファナ販売店(ディスペンサリー)でマリファナを購入した人は440万人つまり人口の8.5%にのぼったことも分かった。その合法マリファナ購買者のうちの 43%が、過去4週間の期間中にマクドナルドでファストフードを食べており、合法マリファナ販売店(ディスペンサリー)を訪れたことのない人たちの統計を上回ったという。

 マリファナ購入者が行ったファストフード店の全米総合順位の1位はマクドナルドで、43.4%と断トツ。2位はタコベルで18.3%、3位はウェンディーズの17.8%、4位はバーガーキングの17.6%、5位はサブウェイ8.7%と、2位から4位は僅差だった。州によって多少順位が異なり、たとえば米東海岸にあるワシントンDCでは、KFC(ケンタッキー・フライドチキン)やチックフィレイ(フライドチキン)、西海岸カリフォルニア州サクラメントでは地元カリフォルニア発祥のジャック・イン・ザ・ボックス、カールスJr.などがベスト5入りした。各州でマクドナルドが1位であることには全米における店舗数の多さも影響していると考えられている。

 この調査を行った「カナビスにかかわる消費者リサーチ」は、「これにより、マリファナ嗜好者たちの習慣や傾向がわかり、市場リサーチにも大いに役立つはず」と述べている。今後は大手ファストフード企業も、「カナビス・バーガー」や「マリファナ・チキン」、はたまた「夜間限定商品」など、ディスペンサー帰りの消費者にターゲットを絞った商品の開発を視野に入れるかもしれない。

引用元:Cannabis Consumers Prefer McDonald's and Taco Bell over Burger King
薬物・ドラッグに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


薬物・ドラッグ アメリカ人

関連する投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

期限は1月7日まで。幸せを約束する場所に急げ!

 「ディズニーランドに強烈な競合相手が出来た!」とロサンゼルスに住む人たちが語る場所。その名も「Happy Place」。一体、どんな場所なのだろう?


アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

アメリカ人はなぜ、エッグノックを飲むのか?

自然を愛し、趣味はハイキングと食べることという著者・デイビッド・アンドリューズが、「ごく普通」のアメリカ人代表として綴る『You Are What You Eat~食は人なり~』。クリスマスになると登場する卵色の飲み物「エッグノッグ」。アメリカ人はみんな、これが好きなのだろうか?


バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

バノン氏、次期大統領戦へ向けて極右派トーク番組レギュラーに復活

元トランプ政権のご意見番で、米極右派のリーダー的存在であるスティーブ・バノン氏が、再び自身が率いる右派メディアによるラジオ番組にレギュラー出演することを発表し、次期大統領選に向けてスタートを切った。






最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング