マリファナ合法の州ではジャンクフードの売上げが上昇?!

マリファナ合法の州ではジャンクフードの売上げが上昇?!


 海外のコメディー映画やドラマで「マリファナを吸って夜中にファストフードのテイクアウトをする」とか、「ハイになってハンバーガーやドーナツを暴食する」というシーンを見たことはないだろうか? マリファナには気分を高揚させるだけでなく、「食欲をもたらす」効用があるとされているからだが、それを裏付けるような調査結果が発表された。

 マリファナ(カナビス)に関する消費者動向や経済効果を調査する「グリーン・マーケット・リポート」と「カナビスにかかわる消費者リサーチ」が2万7,500人を対象にした最新の共同調査によると、マリファナが合法で購入や吸引できる州では、非合法の州よりもファストフード店の売上げが高いことが分かった。

 調査は基本人口を5,500万人と平均化し、全米いくつかの都市で行われた。そのうち合法マリファナ販売店(ディスペンサリー)でマリファナを購入した人は440万人つまり人口の8.5%にのぼったことも分かった。その合法マリファナ購買者のうちの 43%が、過去4週間の期間中にマクドナルドでファストフードを食べており、合法マリファナ販売店(ディスペンサリー)を訪れたことのない人たちの統計を上回ったという。

 マリファナ購入者が行ったファストフード店の全米総合順位の1位はマクドナルドで、43.4%と断トツ。2位はタコベルで18.3%、3位はウェンディーズの17.8%、4位はバーガーキングの17.6%、5位はサブウェイ8.7%と、2位から4位は僅差だった。州によって多少順位が異なり、たとえば米東海岸にあるワシントンDCでは、KFC(ケンタッキー・フライドチキン)やチックフィレイ(フライドチキン)、西海岸カリフォルニア州サクラメントでは地元カリフォルニア発祥のジャック・イン・ザ・ボックス、カールスJr.などがベスト5入りした。各州でマクドナルドが1位であることには全米における店舗数の多さも影響していると考えられている。

 この調査を行った「カナビスにかかわる消費者リサーチ」は、「これにより、マリファナ嗜好者たちの習慣や傾向がわかり、市場リサーチにも大いに役立つはず」と述べている。今後は大手ファストフード企業も、「カナビス・バーガー」や「マリファナ・チキン」、はたまた「夜間限定商品」など、ディスペンサー帰りの消費者にターゲットを絞った商品の開発を視野に入れるかもしれない。

引用元:Cannabis Consumers Prefer McDonald's and Taco Bell over Burger King
薬物・ドラッグに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

こんなグロテスクな番組が人気に? ニキビ潰し映像に見入るアメリカ人

ティーンエイジャーにとって最大の悩みのひとつが、ニキビ。成人でも顔や体にあるニキビや吹き出物に悩む人は多い。そんな中、どんなニキビも見事にスッキリと取り除いてしまう美人皮膚科医の存在がインターネット上で広まり、アメリカでは「その女医がニキビを潰す映像を見ること」がサブカルチャー的な人気を誇っているという。


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

マリファナ生産市場の拡大、一般嗜好品にも影響か?

昨年、5年間の農業政策などを定めた「2018年改正農業法案」が成立したアメリカでは、全土で産業用大麻(マリファナ草、ヘンプ草)の大規模栽培ができるようになった。こうした動きに押されるように、消費者市場にも様々な動きが出ているようだ。


なぜ? 南部の保守州でも医療マリファナが合法に

なぜ? 南部の保守州でも医療マリファナが合法に

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをアーカンソー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回はかなり保守的な南部アーカンソー州でも、医療マリファナが合法になったことについて。







最新の投稿


育毛もテックな時代に?!

育毛もテックな時代に?!

米ノースキャロライナ州に拠点を置くPhotonMD社が販売しているテックな育毛医療機器が、密かな話題を呼んでいる。男女問わず、いわゆる若ハゲ(アンドロゲン性脱毛症)やストレス性脱毛などに高い効果があるという。どんな商品なのだろう?


IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

IQが20ポイントも上昇?! アメリカで話題のBrainTechアプリ

認知神経科学者によって開発された「IQと記憶を向上させるためのアプリ」が話題を呼んでいる。指示に従って利用を続ければ、IQが20ポイント以上あがることが保証されているという、このアプリ。その実態とは?


アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカで本格派ラーメンの宅配! 若き日本人起業家による新ビジネス

アメリカにおける「日本の本格派ラーメン」の人気は年々上昇を続け、ニューヨークやロサンゼルスなどの沿岸大都市では本格派ラーメン店が並ぶ激戦区があるほどだ。地方都市でもラーメン人気が高まる中、若い日本人起業家が考案した「自宅で本格的な日本の味を再現できるラーメンのミール・キット」が話題を呼んでいる。


ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ベーグルの切り方でNYが大論争 縦に切るか、横に切るか?

ニューヨークの名物、ベーグル。リング状の形をしたこの固めのパンは文化の一部なんだと言えるほど、ニューヨーカーのベーグルに対する想いは熱い。そんなニューヨークで、セントルイスの出身者がニューヨークとは異なるベーグルの食べ方を自信満々に紹介したツイートが炎上。単なる「ベーグルの切り方の違い」なのだが、まだ騒ぎは収まらないようだ。


【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

【ペンタゴン(米軍)式】「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング