アメリカ上流・中産階級層の食へのこだわり

アメリカ上流・中産階級層の食へのこだわり


 今回はアメリカの“上中産階級”の人々の食に対するこだわりについて話そう。複数の大手テック企業が軒を連ねるシアトルでは、2015年の市民の中間所得収入が80万ドル(約900万円)、住宅購入中間価格は700万ドル(約7,900万円)という異常事態が起きている。これは市民全員の収入が上がったという訳ではなく、富裕層、中間層、貧困層の収入格差が広がり続けているという象徴でもある。

 アメリカでは、文化や宗教、信条的な理由から菜食主義や、特定のものを食べない人々が多くいる。食に関する支出の心配が少ない層の人々においては、健康上の理由 で何を食べるか・食べないかを決めている人が大多数である。私(麻子)と主人・ジャックは天性の天邪鬼な性格が故に、何かを規制されるのが大嫌いなので、「何事もほどほどに」をモットーにしているが、私たちのような雑食な人は稀で、問題もなく何でも食べられる身体に恵まれて、幸運だとも思っている。

 アメリカでの「スペシャル・ダイエット」や「ダイエタリー・リストリクション(Dietary Restriction)」には、日本語でいうところの食事制限とはちょっと違うニュアンスがある。信教的な食事制限では、ユダヤ教で定める食べ物に関する規定であるコーシャに従う人々や、イスラム教の戒律に従って調理・加工されたハラル食品のみを食する人々、牛乳やチーズなどの乳製品は食するが、卵や肉製品は食べないインド系の菜食主義の人々などがあげられる。ベジタリアン(菜食主義)と一言に言っても、肉は食べないが魚は食べるベジタリアン(ペスカタリアン)、乳製品は食べるラクト・ベジタリアン、果実や種のみを摂取する菜食主義のフルータリアンと呼ばれる人々もおり、その分類も様々である。肉魚製品、乳製品はもちろん、蜂蜜も避けるヴィーガン、出来るだけ加熱処理をせず、生のまま食べるローフード・ダイエットを実践する人々もいる。健康や体調の理由という人もいれば、信条的な理由で「不殺」の考えにのっとり菜食主義を選ぶ人、そして環境などに関わる問題を理由に選択する人など、それぞれベジタリアンやヴィーガンになるきっかけや理由も様々である。ちなみに、地球温暖化を進めると言われる温室効果ガス排出量の内の20パーセント程度が、畜産業によって生じていると言われている。

 アレルギーでは、乳糖(ラクトース)不耐症で乳製品が一切ダメという人もいるし、乳清だけに反応するので牛乳の入った食品はダメだが、バターは大丈夫という人もいる。大豆は大豆に含まれるイソフラボン(女性ホルモンのエストロゲンと似た化学構造と働きをすると言われる物質)の過剰摂取を危惧し、大豆は一切食べないという女性もかなり多い。麦(小麦、大麦、ライ麦など)に含まれるタンパク質に反応し、免疫症状が出る小麦アレルギーの人、麦に含まれるタンパク質の一種であるグルテンを消化・分解することが困難なグルテン不耐症の人、麦グルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患であるセリアック病(またはシリアック病)の人など、一言でグルテン・フリーやウィート・フリー(Wheat-Free/小麦除去)と言っても、実は数種類の疾病が関係している。セリアック病は全米の1%以下と言われているし、アメリカにおける小麦アレルギーの人が他国に比べて多い訳ではないが、グルテン不耐性として挙げられる症状には、消化器系トラブル、頭痛や偏頭痛、ホルモンバランスの乱れ、肌のトラブル、めまいやふらつき、慢性疲労、気分の波、関節の痛み、手足の冷えや痛みなどといった様々な症状が含まれるため、グルテン・フリーは近年飛躍的に支持される食トレンドとなっている。

 このような背景もあり、アメリカでの飲食業運営は頭が痛い。特に私たちの現職のような一種のイベント施設で、一定のメニューを持たない飲食業は大変だ。農園にある屋外の石窯でピザのイベントをすると宣伝すれば「グルテン・フリーのピザはあるか」、「ヴィーガンは対応しているか」、「乳糖(ラクトース)不耐症なので、チーズののっていないピザを作ってくれ」、「ニンニクと玉ねぎのアレルギーがあるので、ソースなしのピザは作れるか」、「子供向けのチーズピザはあるか」など、イベントの前は問い合わせの電話が後を絶たない。私たちの職場が、オーガニックの野菜を使い、化学物質や遺伝子組み換えの材料を一切使わないクリーン・キッチンであり、もともと食に対する関心や意識が高い人々が顧客に多いのも理由だろう。

 アメリカは自由と個性を尊重する国だと言われることに対して、最近のアメリカ社会を見ていると疑問に思うこともあるが、多くのアメリカ人の食に関するこだわりを目にする度に、やはりアメリカは自由の国だとつくづく思う。人々のこだわりが少しでも波になれば、マーケットがそれに対応する。受け入れてくれるマーケットがあるから、消費者はとりあえず問い合わせをしてみるのだ。誤認識や過剰反応と言ったケースもあるので、サービスを提供する側から見ると悩みは尽きないが……。私たちの勤める「21エーカーズ」には管理栄養士のスタッフも常駐しているので、正しい情報を配信しながら、人々の食のこだわりや悩みをサポートしていきたいと思っている。

食に関する記事 >

この記事の寄稿者

麻子・サリバン
東京出身。1980年代後半に渡米。大学卒業後、10数年にわたり国際営業の仕事で世界中を旅する。シアトルでの学生時代に知り合った料理人のジャックと2003年に結婚を機に、「食」に関わる仕事をしようと決意。Le Cordon Bleu College of Culinary Art で学んだのち、レストランやケータリング会社での勤務を経て、2012年に21 Acres へ。現在はThe 21 Acres Center for Local Food & Sustainable Livingキッチン・チームの一員。

ジャック・サリバン
シアトル出身。料理人歴30年以上のベテランシェフ。12歳の時にレストランで皿洗いの手伝いを始めてから料理の楽しさに目覚め、シアトル・セントラル・カレッジにて製パン・製菓を学び、その後、Le Cordon Bleu College of Culinary Artへ入学。数々のレストランでの勤務経験を経て、2015年から現職。夫婦ともに料理本収集とマーケット巡りが趣味。

関連する投稿


ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

ビールのお供にドーナツ! 高カロリー・マッチングは流行るのか?

アメリカ生活には欠かせない食べ物のひとつ、ドーナツ。子供たちだけでなく、大人も大好きなスイーツだ。「おやつ」のイメージが強いドーナツだが、ビールと合わせてドーナツを楽しむことをトレンドにしようと頑張る人たちがいる。


アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

アメリカでも人気のタピオカ・ドリンク とうとうアルコール入りも

日本でも大人気のタピオカ・ミルクティー。アイスティーをはじめとするタピオカ入りドリンクの人気がアメリカでも沸騰し、全米に様々な店舗が現れている中、各社が斬新なブランド・イメージや独自メニューを打ち出して競争している。


「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

「牛肉を控えても健康上のメリットなし」? 調査結果に揺れるアメリカ

医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」が、「牛肉などの赤身肉を控えても健康上のメリットはない」という調査結果を公開し、菜食主義者や健康を気遣うヘルスコンシャスな人が日々増え続けているアメリカが揺れている。これまでの通説を覆すこの研究発表に対して、主要な国際機関からも反発がおきている。


米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

米南部人が大好きなフライドチキン、バーガーになって大混乱!

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は米南部の名物料理のひとつであるフライドチキンをバンズに挟んで売り出しただけで大騒ぎになってしまった件について。


ニューヨーカーが大絶賛、ナルシストでテックな新フィットネス器具

ニューヨーカーが大絶賛、ナルシストでテックな新フィットネス器具

ニューヨークにあるフィットネス機材のフラッグシップ・ショップが連日賑わいを見せている。これまでの常識を覆すその機材、どんな場所にも設置が可能で、かなりスタイリッシュだ。一体、どんなものなのだろう?






最新の投稿


米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

米アマゾンの年末商戦、「子供の目線」のカタログ配布は功を奏すか?

昨年、米アマゾンドットコム社が突如開始したオモチャのカタログ。今年もホリデーシーズンに先駆けて、アメリカ国内の家庭にカタログが届き始めた。しかし昨年とは異なり、今年のアマゾンのカタログのマーケティングにはひねりがある。このカタログは、完全に子供たちに向けたものなのだ。


ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

ハリウッドに続け! ベガスに「セルフィー・ミュージアム」がオープン

映画の街ハリウッドにオープンして話題の「セルフィー・ミュージアム」。ハリウッドに続けと、今度はエンターテイメントの都・ラスベガスにもオープンした。本物そっくりな人気番組のセットやイルージョンに見える背景など、SNSで目立つこと間違いなしのセットが揃うミュージアムで、思う存分セルフィー撮影を楽しもう!


2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

2020年版、「アメリカで最も求められる企業トップ100社」発表

米ESG評価機関NGO「JUST Capital」による恒例の「America’s Most JUST Companies」の2020年度ランキングが発表された。地域への還元や雇用の創出、環境保全への取り組みなどの公共性など、時代を反映する各項目でそれぞれ高得点を得た米企業とは?


今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年11月15日~21日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

米大統領選ガイド(1)「アメリカの大統領選は、なぜ重要なのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング