空気伝達のハッキングが可能 「Bluetooth」機能の脆弱性に注意

空気伝達のハッキングが可能 「Bluetooth」機能の脆弱性に注意


 米国のセキュリティー企業Armisが先月、近距離間のデータ通信に使う無線機能のBluetooth(ブルートゥース)に、空気伝達の「BlueBorne」(ブルーボーン)という脆弱性が新たに見つかったことを発表した。この脆弱性をもつ機種のデバイスでBluetooth機能がオンになっていると、Bluetoothは常に開かれた状態になり、他のデバイスからの接続を待ってしまうため、それを悪用したハッキング攻撃を簡単に仕掛けることができるという。

 「Windows」、「Android」、「Linux」、「iOS」のOSのBluetooth実装の脆弱性は以前からあるが、「BlueBorne」に関しては、なかでも特にBluetoothを搭載したIoTデバイスは機能を使っていないときはスイッチをオフにしておかないと、攻撃者がデバイスを探して脆弱性が確認したら10秒ほどでハッキングできてしまうという。同社によると、この影響を受けるデバイスの総数は53億台だ。Armis社では下記のビデオで「銀行に来た配達人のデバイスがハッキングされたら」や「カフェでノートパソコンを広げて仕事をしている人のそばに、その配達人が立っていたら」などの設定でこの脆弱性を説明している。

Armis社制作のBlueBorne ビデオ

 アップルのiOSの場合は2016年にリリースした「iOS10」以降のものには、この脆弱性はなく、Windowsの場合は今年7月にパッチを公開、Googleはパッチ公開の準備中だという。しかし、スマートTVやスピーカーなどBluetoothを搭載したIoTデバイスは細心の注意が必要だ。

 これまでのように仕掛けられたリンクをクリックしたり、偽ファイルをダウンロードすることによって、コンピューターがウイルスに感染するのではなく、空気中を通して情報を取られてしまうとは、「カフェで仕事をするなど、もってのほか」という話になりかねない。セキュリティーを取るか、利便性を取るか。確実な解決策が出るまでは Bluetooth機能はオフにしておくべきだろう。

引用元:The Attach Vector “BlueBorn”Exposes Almost Every Connected Device
セキュリティに関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


人口知能と「ゼロ」

人口知能と「ゼロ」


アップルウォッチはFOMOを救えるか?

アップルウォッチはFOMOを救えるか?








最新の投稿


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


ラスベガスで植木鉢を食べよう!

ラスベガスで植木鉢を食べよう!

 アメリカを代表する観光都市、ラスベガス。カジノや世界一流のエンターテインメント・ショー、至近にはグランドキャニオンと見所が一杯だが、有名レストランが多いことも見逃せない。


フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

フェイスブックを作ったことを後悔 元管理職の告白

今や世界中で利用されているソーシャル・ネットワークを構築した先駆者、フェイスブック。しかし、その初期に参加していた制作者たちが次々にメディアで発言し、SNSそのものに対して警笛を鳴らし始めている。


シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

シリコンバレーで意外とニーズの高い仕事とは?

数日から数か月で、倍から数十倍に売り上げを伸ばすビジネス・コンサルタントがお届けする、アメリカ式「勝てるビジネス」のノウハウとは? 田島洋子のコラム、『アメリカのビジネスシーンで人を惹きつける秘訣』。アメリカのビジネスマンやビジネスウーマンは、きちんとしている印象を持つ人が多いかも知れないが、意外にそうでもない……。


アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アップルが音楽認識アプリのShazamを約4億ドルで買収

アメリカで音楽認識アプリといえば、Shazam(シャザム)。世界中に数億人のユーザーがいると言われるShazamの技術が、音楽で抜きん出ているアップルに加わることで市場に大きな影響を与えるのは間違いない。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング