投資の英語表現では欠かせない「牛」と「熊」

投資の英語表現では欠かせない「牛」と「熊」


 「投資は禅に似ている」――これは、今までの記事にもつづらせていただいたことだが、「禅的投資」というコラムを書かせていただいていることもあるため、ぜひとも、禅の修行寺、福井県の永平寺には一度訪れてみたいと思っていた。その夢が、この秋の日本の旅でついに実現した。

 13世紀に開山された曹洞宗の大本山・永平寺は、夏は涼しく冬は雪に閉ざされる、静寂な深山の中に佇んでいる。禅寺の修行僧のことを「雲水(うんすい)」というそうだが、ここではたくさんの雲水たちが禅の修行をしている。

 樹齢700年とも言われる古杉の林の中に、堂や楼閣が立ち並んでいるのは圧巻だ。夜明け前に目覚める雲水の生活は、堂を清め、床を磨き上げることも含まれるそうで、美しい寺院だった。800年近くも同じ作法で、参籠、参禅、座禅、法話、写経、中食などの厳しい修行が繰り返されてきたのだそうだが、たまたま訪れた時間に修行僧たちの読経の声が響いていて、心洗われた。 この修行を経た後に雲水たちが心を一糸も惑わせなくなることができるのが理解できるようだった。

 投資で一番大切なことは、「状況に一喜一憂せず、感情で動かないこと」だ。今回はそれに関連して、投資でよく使われる英単語のbullish と bearish について取り上げよう。投資の言葉には動物に例えた表現がたくさんあるが、まずは「bull(牛)」と「bear(熊)」から。

Bull market 上昇・上げ相場、強気の市場 

 牛の角は上昇するように上に向いており、牛は攻撃するときに突き上げたり、蹴り上げたりするので、下から上にむかうイメージがある。 形容詞はbullishだ。
The market is bullish 市場は上げ相場だ。
I'm bullish on Apple 私はアップルを楽観している。
The market has been bullish on A Company for the last couple of days. この数日間、A社が買い人気だ。

Bear market 弱気の市場、下げ相場

 熊は相手を攻撃するとき、立ち上がり、するどい爪の前足を振り下ろす。上から下に向かうイメージである。形容詞はbearishだ。
It's a bearish market now. 今は下げ相場だ。
The stock market got bearish。  株式市場は下がり相場になった。

 しかし、最も大切なのは、「市場がbullishであろうが、bearishであろうが、心理的に引きずられず、平静な心を保つ。そして公式に従うこと」である。何度も言うようだが、それが投資の第一の原則だ。そのことを改めて感じた永平寺の訪問であった。

投資・株に関する記事 >

この記事の寄稿者

ローレンス・クリエイティブCEOとして、投資・ビジネスに特化した英語学校「ローレンス・インスティテュート」を運営。米ワシントン州のグリーンリバーカレッジで大学進学集中ESL科での教員経験から、日本人の英語指導には定評がある。ハワイ大学演劇科修士課程・博士課程修了後、1990年代には日本国立能楽堂内の国際演劇協会の職員として能楽の研究、学会誌の編集に携った経歴をも。The Japan Time、東洋経済オンラインニュース英語版『Tokyo Business Today』など寄稿多数。学校運営、投資家を続けながら、妻と世界中の図書館巡りを楽しんでいる。
著書:『ペンタゴン式 諜報員の英会話習得術』(講談社)

関連するキーワード


投資・株 日本文化

関連する投稿


日本にあって、アメリカにないものとは

日本にあって、アメリカにないものとは

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。アメリカに長年住んでから日本に帰国すると、日本に住んでいたときにはまったく気づかなかった文化の違いに驚かされる。今回はそのいくつかを紹介しよう。


【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

【Red vs. Blue】投資家に5兆ドル超の損失をもたらしたトランプ大統領のツイッター

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は『フォーブス』誌による、トランプ大統領のツィッターのつぶやきが投資家心理を悪化させて株価が急反落し、投資家たちは約5兆ドルも失ったという記事について。


日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回はアメリカでも人気のダイソーで買い出し。1つ5ドルの「イージーシーラー」、値段が安いと大喜びのアメリカ人だったが……


英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

アメリカの外交官などを対象にした外国語教育機関、Foreign Service Institute(FSI)の調べによると、英語が母国語の人にとって、日本語は最も難解な言語であるということが判明した。その理由とは?


アメリカ、今年のベスト&ワースト・フード・トレンド発表!

アメリカ、今年のベスト&ワースト・フード・トレンド発表!

次々と「新しい食べ物」が現れるアメリカのフード業界。2017年のアメリカで最も話題になった新フードやドリンクの「2017ベスト・トレンド20」に、日本食をベースにした「新フード」が選ばれた。






最新の投稿


米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

米大統領選ガイド(10)「トランプは勝てるのか?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

BizSeeds編集部スタッフがお届け!『ロックダウン・アメリカ』スタート

新型コロナウイルス、死者・感染者ともに拡大を見せているアメリカ。ロックダウンが始まって1ケ月今日、アメリカのフツーの人は、どうやってロックダウン生活を過ごしているのか? 


新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

新型コロナウイルスでトランプ叩きをする米大手メディア

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回はトランプ大統領を嫌っている米大手メディアと民主党によるトランプ・バッシングが、度を超えているという著者の意見を例を挙げて紹介しよう。


コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

コロナウイルスにどう立ち向かう? 12星座「ハリウッド開運術」特別編

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが、お届けする開運指南。今月は新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中における、今後の動向を星の配置や数秘の観点からお伝えしていきます。


トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

トイレットペーパーを買い溜めても、コロナが招いた問題は解決しない

圧倒的にリベラル派が多く住む米西海岸から、トランプ大統領と共和党の政策に真っ向から反対する日系アメリカ人ジャーナリスト、マイク佐藤がお届けする「トランプを支持しない人たちの声」。今回は、新型コロナウィルス感染防止で自宅に篭るべく、個々が食料品や雑貨の買い溜めをして備えているが、「忘れられている備え」があることについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング