投資の英語表現では欠かせない「牛」と「熊」

投資の英語表現では欠かせない「牛」と「熊」


 「投資は禅に似ている」――これは、今までの記事にもつづらせていただいたことだが、「禅的投資」というコラムを書かせていただいていることもあるため、ぜひとも、禅の修行寺、福井県の永平寺には一度訪れてみたいと思っていた。その夢が、この秋の日本の旅でついに実現した。

 13世紀に開山された曹洞宗の大本山・永平寺は、夏は涼しく冬は雪に閉ざされる、静寂な深山の中に佇んでいる。禅寺の修行僧のことを「雲水(うんすい)」というそうだが、ここではたくさんの雲水たちが禅の修行をしている。

 樹齢700年とも言われる古杉の林の中に、堂や楼閣が立ち並んでいるのは圧巻だ。夜明け前に目覚める雲水の生活は、堂を清め、床を磨き上げることも含まれるそうで、美しい寺院だった。800年近くも同じ作法で、参籠、参禅、座禅、法話、写経、中食などの厳しい修行が繰り返されてきたのだそうだが、たまたま訪れた時間に修行僧たちの読経の声が響いていて、心洗われた。 この修行を経た後に雲水たちが心を一糸も惑わせなくなることができるのが理解できるようだった。

 投資で一番大切なことは、「状況に一喜一憂せず、感情で動かないこと」だ。今回はそれに関連して、投資でよく使われる英単語のbullish と bearish について取り上げよう。投資の言葉には動物に例えた表現がたくさんあるが、まずは「bull(牛)」と「bear(熊)」から。

Bull market 上昇・上げ相場、強気の市場 

 牛の角は上昇するように上に向いており、牛は攻撃するときに突き上げたり、蹴り上げたりするので、下から上にむかうイメージがある。 形容詞はbullishだ。
The market is bullish 市場は上げ相場だ。
I'm bullish on Apple 私はアップルを楽観している。
The market has been bullish on A Company for the last couple of days. この数日間、A社が買い人気だ。

Bear market 弱気の市場、下げ相場

 熊は相手を攻撃するとき、立ち上がり、するどい爪の前足を振り下ろす。上から下に向かうイメージである。形容詞はbearishだ。
It's a bearish market now. 今は下げ相場だ。
The stock market got bearish。  株式市場は下がり相場になった。

 しかし、最も大切なのは、「市場がbullishであろうが、bearishであろうが、心理的に引きずられず、平静な心を保つ。そして公式に従うこと」である。何度も言うようだが、それが投資の第一の原則だ。そのことを改めて感じた永平寺の訪問であった。

投資・株に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


投資・株 日本文化

関連する投稿


英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

英語が母国語の人にとって最も難解な言語は日本語!

アメリカの外交官などを対象にした外国語教育機関、Foreign Service Institute(FSI)の調べによると、英語が母国語の人にとって、日本語は最も難解な言語であるということが判明した。その理由とは?


アメリカ、今年のベスト&ワースト・フード・トレンド発表!

アメリカ、今年のベスト&ワースト・フード・トレンド発表!

次々と「新しい食べ物」が現れるアメリカのフード業界。2017年のアメリカで最も話題になった新フードやドリンクの「2017ベスト・トレンド20」に、日本食をベースにした「新フード」が選ばれた。


今年も大人のためのキティが帰ってきた!

今年も大人のためのキティが帰ってきた!

日本生まれのキャラクターとして「全世界を制覇した」といえる認知度を誇る「ハローキティ」。今年も「あの」大人のための商品が発売され、全米のキティ・ファンが熱狂している。


目紛しく変わる時代の中で

目紛しく変わる時代の中で

時間に追われず、望むライフスタイルを実現するための投資家が多いアメリカ。ビジネス、金融、投資英語などのハウツーを交え、稼ぎながら自由を楽しむライフスタイルを紹介するケネス・ローレンスの『禅的投資』。今回は、2017年の1年間をかけて本格的な身辺整理をした著者の備忘録と英語で投資をする際に覚えておきたい用語を紹介しよう。


アメリカの食卓を通して考える、日本の食文化の素晴らしさ

アメリカの食卓を通して考える、日本の食文化の素晴らしさ

オーガニックワインや野菜の生産で有名なシアトル近郊、Woodinville。その街を代表する農場「21エーカース」の料理人、サリバン夫妻が語るサステイナブルな食とは? 『地球に優しく世界を食べよう!』。「アメリカの食」は多様性に富んでいる。それを通して見える「日本の食文化」の素晴らしさとは、何であろうか?






最新の投稿


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

【Red vs Blue】サンフランシスコの慰安婦像 大阪市長が姉妹都市提携の解消を表明

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回はサンフランシスコ市が設置した「慰安婦像」と大阪市の言い分について、保守派とリベラル派が市民目線で見解を述べる。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

トランプ大統領は現代のロビン・フッドだ

多様なアメリカでは、暮らす地域によってすべてが異なる。テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、アメリカ国内でも報道されない保守の声をお届け。トランプ支持がなぜ悪い? 西森マリーの「アメリカ保守派の考え方」。先日、新税制改革法を通したばかりのトランプ大統領。彼こそが「現代のロビン・フッド」だと評価する保守派の考え方とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング