ハロウィンのお菓子

ハロウィンのお菓子


 もうすぐ、ハロウィンだ。アメリカでは、オレンジ色のかぼちゃを削ってジャック・オー・ランタンをつくり、多くの家庭では大きな袋に小さなお菓子がたくさん入った詰め合わせを買ってハロウィンの準備を進める。そして、子供たちが仮装をして、お菓子を集めに近所を歩き回る一夜のために、家々はお化けや魔女、骸骨などの不気味な装飾で飾られる。

 ハロウィンは、死者の霊をしのんだり、悪霊から身を守るための古代ヨーロッパの祭りや伝統から進化したと信じられている。今日では、子供たちや地域社会が楽しむ行事、そして、ほとんどの休日と同じように大量消費の機会になっている。

 ハロウィンの夜、仮装した子供たちは、その日のために飾られた家や玄関灯が点いている家を探す。そして、ドアをノックして「トリック・オア・トリート!」と叫ぶ。これは遊び心のある脅しで、文字通り訳すと「お菓子をくれないと悪戯するよ!」という意味だ。なかには、お菓子の有無に関わらず、かぼちゃを割ったりするような小さな悪戯をするティーンエイジャーもいるが、ほとんどの子供たちは、お菓子をもらいに行くだけで、悪戯はしない。子供たちは「トリック・オア・トリート!」と叫んだ後、それぞれのバックを差し出す。そして、それぞれの家の大人たちは、子供たちのコスチュームを褒めたり、怖いふりなどをしながら、各自のバックにお菓子を入れてくれるのだ。

 この日の 子供たちは、お化けだけでなく、好きなテレビ番組やアニメ、ビデオゲームのキャラクターなどに扮装する。なかには大人でも、この日にコスチュームを着ることを楽しむ人もいる。家庭によっては、精巧でユニークなコスチュームを作るために、ものすごい努力をするが、親たちは子供たちが欲しがる使い捨ての輸入されたコスチュームを喜んで買う。それにより、コスチュームを作る時間と面倒を節約することができるからだ。

 僕が子供だった頃、両親は僕と兄のためにコスチュームを作ってくれた。僕らは、お化けやカウボーイ、野球選手になった。両親は僕らと一緒に近所を歩き、僕らがドアをノックしてお菓子を集めている間、他の親たちと挨拶したり話したりしていた。そしてその夜の終わりに、僕らのバックの中身を見て、僕らが持つべきではないものを受け取っていないかを確認した。当時は、果物や各家庭で手作りしたお菓子やポップコーンを貰うことは珍しくなかった。それらは一般的に安全だった。なぜなら、僕の両親は近所のほとんどの人を知っていたし、誰が何を子供たちに渡していたか見ていたからだ。最近は、昔のような近所づきあいをしている人は少ない。だから大抵の家庭では、手作りや市販のパッケージに入っていないお菓子は、家に戻った後、そのままゴミ箱に捨てることが多い。

 また、その日は誰もが皆、お菓子を配るわけではない。人によっては、その夜に外出するか、家中の明かりを消して、誰も家にいないように見せかける。また、お菓子を入れた箱を玄関先に置き、自由に持っていくようにと張り紙をする人もいる。歯ブラシをあげたり、安いプラスチックのおもちゃをあげたり、1セント硬貨がたくさん入った小さな袋をあげたりする人もいる。ほとんどの子供たちは、ハロウィンに貰う新しい歯ブラシなんて喜ばないが、親たちは一般に承認している。そんな中で子供たちにとってのその日のヒーローは、ハロウィン・サイズの小さなお菓子(一口サイズ)ではなく、普通サイズのお菓子をくれる人だ。そして親たちの中でのヒーローは、子供たちがお菓子をもらうために玄関先に来た時、親たちのために温かい林檎サイダーやビールを用意してくれる人だろう。

 僕が今、住んでいる家の近所には子供たちがいないため、ハロウィンの夜にはお菓子を集めにこない。でも万が一、誰かがドアをノックするかもしれないので、家の中には適切なお菓子を用意しておく。もしハロウィンのすぐあとに子供たちが僕の家にお菓子をもらいに来たら、僕は大盤振る舞いするだろう。ハロウィンの後はいつも、僕の家にはたくさんのお菓子がある。スーパーマーケットでは売れ残ったハロウィン用のお菓子が大セールになるからだ。ハロウィンのお菓子が並んでいた棚を空けて、そこにサンクスギビング(感謝祭)用の商品を陳列するために。

食に関する記事 >

この記事の寄稿者

 アメリカ中西部オハイオ州の小さな田舎街に生まれる。オハイオ州立大学に通った後、アメリカ各地を転々と暮らしながら旅をした経験を持つ。これまでに就いた職業は飲食業、ツアーガイド、ミュージシャン、セールスマン、オフィス勤務、物書き、長距離トラック運転手、花屋さんなど多岐に及ぶ。現在はワシントン州にある国際輸送業関連会社に勤務し、平日は会社でデスクワーク、週末は趣味のハイキング、ランニング、写真撮影などに勤しんでいる。料理と食べること、そして自分と異なる文化を知ることが何よりも好き。文化の違いを学ぶだけでなく、共に美しい地球上で生きる者として、その差異の中にも人間として何か共通点を見つけることを常に心掛けている。

関連する投稿


アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

アヒル型ロボットをがんと戦う子供たちへ

医療・がん保険の「アフラック」と聞けば、多くの人はコマーシャルに登場する、コミカルでちょっとトボけたアヒルを思い出すだろう。そのアヒルを模したロボットを、がんの子供たちに届けようという取り組みが始まった。同社がロボテック会社のSproutel社と共に開発したアヒルを紹介しよう。


キッズがおねだりする洋服の秘密

キッズがおねだりする洋服の秘密

最近、アメリカの子供たちの間で爆発的な人気を集めている洋服がある。ロサンゼルスのメーカーが販売している「Cubcoats」だ。可愛くて便利な上着の全容とは?


構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

構想から8年! スタイリッシュなロボットが作るグルメバーガー登場 

アメリカでもグルメな都市として知られるサンフランシスコに、ハイテクなロボティックス技術を駆使し、有名シェフ監修の元にグルメなハンバーガーを提供する店がオープンした。これまでのハンバーガー・ロボットを大きく超えた、その画期的なビジュアルや技術を紹介しよう!


日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

日本の逸品、アメリカ人が査定①「ふくらむえのぐ」

「日本の逸品をアメリカ人に手渡したら、どんな反応をするだろう?」。それを見てみたいという好奇心にお応えする企画第一弾は、「ふくらむえのぐ」。 アメリカでは売られていない文具を手にした子供たちの反応は?


【Red vs. Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

【Red vs. Blue】寿司「Nakazawa」の中澤氏、トランプホテル出店の「何が悪い?」に波紋

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は、両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々の見解を披露する。今回はニューヨークで「最も予約が取れないレストラン」に名前が挙がる高級寿司店の日本人オーナーシェフの発言について。






最新の投稿


今どきのファッションはレンタルが主流!?

今どきのファッションはレンタルが主流!?

アメリカではオンライン・ショッピングが主流となり、名門デパートや専門店が惜しまれながらもその看板を下ろすケースが増えている。それでも景気が良いと言われるアメリカで、突如として頭角を現したショッピング・トレンドが、「レンタル」だ。流行のデザインや色の移り変わりが速いファッション分野に合うこのトレンドが今後の主流となるのか?


成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

成功への選択「理想の家」2019年3月22日~3月28日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

【Red vs. Blue】米国土安全保障省、留学生の取締まりのため「おとり」の偽造大学設立

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は不法滞在者のおとり捜査をするために、米国土安全保障省が「おとりの偽造大学」を創設していたことについて。


ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

ミレニアル世代は「社会主義」のイメージまで塗り替える?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回は資本主義よりも社会主義に魅せられるという、ミレニアル世代たちについて。なぜ今、社会主義なのだろう?


アメリカの若者は占星術の虜?

アメリカの若者は占星術の虜?

ニューヨークにある名門コロンビア大学バーナードカレッジの学生、光田有希が、アメリカの大学生たちに人気のアプリやサービス、学生たちのトレンドなどの情報をお届けする。今回は占いにハマる人が急増中という、アメリカのミレニアル世代たちについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング