リベラルには理解できない、銃所持者たちの真実

リベラルには理解できない、銃所持者たちの真実


 アメリカで暮らす銃所持者にとって、銃所持権は侵害されてはならない権利である。
アメリカ独立の15年後に合衆国憲法に付加された補正第2条には下記のように記されている。

 「規律の整った国民義勇軍は自由な国家の安全保障にとって必要であり、国民が武器を所持し、携帯する権利は侵害されてはならない」


 この条項に関してリベラル派は、「当時の武器は装填に時間がかかるマスケット銃で、この条項は現在のピストルや半自動小銃の所持を許しているわけではない」と言っている。しかし、その解釈法だと、「言論の自由を保障した補正第1条は活版印刷の地方紙しかなかった時代に制定されたものであり、ツイッターやインターネットの言論の自由を守っているわけではない」と言う人が出てきても、おかしくないことになる。

 また、リベラル派は「英国から独立を勝ち取った義勇軍が国防を担当していた時代は終わった。警察や正規の軍隊が存在する現在のアメリカではこの補正条項は無意味だ」と解釈している。しかし、保守派は「国民義勇軍とはアメリカの一般人から成り立っており、彼らの敵だった英国は“外国政府”ではなく、アメリカという植民地を支配していた政府だった。この条項は“自国の政府の横暴に国民が立ち向かうために銃所持権を与える”と規定したものだ」と解釈している。

 つまり保守派の銃所持者たちは、もしアメリカ政府がベネズエラのような独裁政権と化してしまった場合、本気で政府に立ち向かう覚悟でいるのである。彼らは、国民義勇軍(=一般人)が銃と大砲の力で独立を勝ち取った、というアメリカ建国史に大いなる誇りを抱いている。

 そして、南部や中西部、アラスカ州などに住む人々は、自分たちの先祖が銃の力を借りて荒野を開拓し、農場や牧場に変えたことを誇りに思っている。中西部の牧場や農場で働いている人々の家に行くと、居間の壁に数世代前の先祖が使っていたライフルを飾っている人や、亡くなった祖父が使っていた銃を形見として大切に携帯している人などが大勢いる。彼らにとって銃は、侍にとっての刀と同様に意義があるものなのだ。

 彼らは今でもコヨーテやオオカミ、地域によっては熊やマウンテン・ライオンから家畜や子どもたちを守るために銃を使用している。彼らの多くは敷地が4エーカー以上の地域や、広大な牧場・農場の脇に住んでいる。万が一強盗に襲われて警察に通報しても、保安官が到着するまでに20分以上もかかるため、護身のためにも銃が必要だ。

 そういう地域に住む人々にとって、銃は日常生活の必需品であり、小さな子どもたちも親から銃の安全な扱い方を教わる。射撃練習場に通って正しい操作法や射撃法をプロのインストラクターから学び、親と射撃の腕を競い合って楽しむ姿もよく見受けられる。ピンクや紫色のピストルや半自動銃も販売されており、女子中高生やファッショナブルな女性たちも、射撃場などに通って射撃を楽しんでいる。

 このように銃所持者にとっては、銃は不屈の開拓精神の象徴であり、自力で道を切り開く独立心旺盛なアメリカ人のアイデンティティそのものだ。また、銃は親子の絆を深め、家族で楽しい思い出作りをするための道具でもある。

リベラル派は、「狩猟やコヨーテ撃退のために半自動銃は必要ない」と言うが、銃所持派は「銃規制を強化しても、悪者は不法な手段を使って自動式襲撃銃を手に入れるので、それに対抗するためには半自動銃が必要だ」と言う。

 ラスベガス銃乱射事件の直後、CBSテレビの重役がFacebookに「カントリー・ミュージックのファンのほとんどは共和党の銃所持者なので、私は同情心さえ抱いていない」と書き込んで即刻解雇されたが、恐らくこれが都会のエリート、リベラル派の本音だろう。

 テキサス在住である私の隣人はほとんど皆、銃を所有している。彼らの多くは何世代にもわたってテキサスに住んでいる牧場主であり、テレビ番組のリポーターやセレブリティたち、ニューヨークやカリフォルニア州選出の政治家たちが銃規制を叫ぶたびに、必ずあきれ顔でこう言う。

「セキュリティ設備が整った豪邸に住んで、銃を持った警備員に守られている連中に説教される筋合いはない」


 都会のエリートたちは、野中の一軒家に1カ月ほど1人で住んでみたらいい。護身のために銃が必要だという感覚をリベラル派も肌で感じ、「銃は危険物ではなく、安全と自由を確保するための必需品」だという銃所持派のイデオロギーに少しでも理解を示せるようになれば、アメリカでも銃に関してもう少し建設的なディベートができるようになるだろう。

銃規制に関する記事 >

この記事の寄稿者

エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年から1994年までNHK関東ローカル・ニュース、NHK教育テレビ『英語会話I 』講師、NHK海外向け英語放送ラジオ・ジャパンのDJ、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスターを務め、1994年にオランダに移住。1998年、拠点をテキサスに移し、”レッド・ステイト(共和党が強い州)に住むイスラム教徒”というユニークな立場からアメリカでも日本でも報道されていないアメリカ保守派の視点を伝えている。

著書:
『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか?アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』(星海社)
『レッド・ステイツの真実 アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)
『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(講談社)
『聖書をわかれば英語はもっと分かる』(講談社)

関連する投稿


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

リベラル派がフェイクニュースと呼ぶ「FOXニュース」視聴率、全米1位

トランプ大統領が唯一、フェイクニュースと呼ばないテレビ局としても知られる「FOXニュース・チャンネル」が、米ケーブル局の視聴率調査でCNNなどの大手局を抑えて、堂々たる1位を継続中だ。なぜ、FOXニュースはこれほど人気が高いのだろうか?


トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

トランプ大統領、保守派も唖然としたタブー発言で人気高騰

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、ポリティカル・コレクトネスに反するとして、歴代の米大統領たちが「演説や発言では使わなかった三文字」をトランプ大統領が頻繁に使うことについて。


大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

大都市に住むアメリカ人たちが知らないテキサス人の真の姿

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、保守派が多く住むと言われるテキサス州で、人々はどのように軍人を見ているのかがわかるニュースにまつわる話。






最新の投稿


アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

アメリカでタイダイ柄がカムバック! 政治の影響がファッションに

1960年代のアメリカを一世風靡したヒッピー・ムーブメント。その頃の若者たちが着ていたカラフルな絞り染め、「タイダイ柄」を覚えているだろうか? 1950年代の厳しい社会的規範から逃れて自由を謳歌し、個人を表現するカウンター・カルチャーのシンボルとして大流行したタイダイ柄が、アメリカで再び流行り出しているようだ。


成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

成功への選択「時よ、止まれ!」2019年3月15日~3月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


人工中絶はいつでも出来る?

人工中絶はいつでも出来る?

保守とリベラル派の対立が激化し「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが語る。米バーモント州で、妊娠週に関係なく人工中絶できるという法案が可決したことで教会は大騒ぎ。アメリカはどこに行くのだろう?


アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

アメリカで「チーズ・ティー」は流行るのか?

「抹茶」がアメリカで初めてブームになったとき、そのまま抹茶が茶市場に定着すると思った人はどれほどいただろうか? あとに続いた「コンブチャ」も「ボバ・ティー」も同様に一過性ではなく定着した。そんな中、中国や台湾で流行っている「チーズ・ティー」がアメリカに進出したが、第4の流行茶になるだろうか?


トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

トランスジェンダーの選手とそうでない選手の競争はフェアーなのか?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回は、生まれたときの性別と異なる性別で活躍するトランスジェンダーのスポーツ選手たちが、そうでない選手との身体能力差が大きく議論されている問題について。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング