米メディアが絶賛 銃に厳しい日本は完璧に近い国

米メディアが絶賛 銃に厳しい日本は完璧に近い国


 アメリカの銃規制問題は複雑だ。銃を支持する派と反対派が一歩も引かぬまま、米国内の銃犯罪数は年々増え続けている。そして犯罪数の増加に比例するように、銃所持を支持派と反対派の声がさらに高まり、両者の歩み寄りはまったく見られない。

 そんな中、BBC国際ニュースが今年1月に出した「なぜ日本は銃犯罪をほぼ根絶できるのか」という日本の素晴らしさを讃える記事が、フェイスブックなどのSNSを通じてアメリカで再び拡散されている。

 同記事では、銃所持とその取り扱いに厳しい日本を「ほとんど完璧に近い国」だと絶賛。「アメリカでは2014年の1年間で33,599人も銃で死亡したが、日本はたった6人だった」という比較から始まり、「日本では、試験を受けて所々の手続きを踏んだ上で初めて銃を所有でき、しかもショットガンと空気銃に限られる」ことや、「日本の警察官は事件があってもほとんど銃を使わず、勤務時間外には銃を携帯すらしない。警察署や所属先の保管庫に銃を置いて帰宅する」ということに驚き、さらに射撃訓練終了後に「射った弾と薬莢の数が合わなければ、全員で射撃場内を探し回り、見つかるまで施設から出られない」など、銃の徹底した管理と安全確保の方法を列挙し、「だからこそ日本では銃乱射事件が起きない」と、日本は他国の見本となるべき国だと賞賛している。

 なかでも特に、銃を多用するアメリカの警察と、そうでない日本の警察を比較し、日本の警察官たちを掲げている。とはいえ、その説明の中には「日本の警察官たちは射撃よりも柔道や剣道などの練習に励み、誰もが黒帯になることを期待されている」とか、「日本の警察官は、暴れている人物や酔っ払いがいると、その人物を大きな布団でブリトーのように(注:薄い皮で具を巻いたメキシコの食べ物)ぐるぐる巻きにして、それを担いで交番に運び入れ、そこで人物を落ち着かせるのだ」など、読者の笑いを誘うような説明も見られるが、記事の焦点は「銃の所有者が限りなく少ないことが、国の安全に繋がることの証明」だとして、銃規制の重要さを伝えている。

 ラスベガス銃乱射事件など、アメリカでは銃による悲劇が続いている。解決が難しい問題から一瞬でも逃避したいと思う人たちが、日本という国に思いを寄せて、この記事を静かにシェアーしているのかも知れない。

引用元:How Japan has almost eradicated gun crime

私が銃を所有する理由

https://bizseeds.net/articles/441

 今から約10年前、渡米して間もない頃の私たち夫婦は、貯金をするために数年ほど家賃の安い築50年の二軒長屋を借りて生活していた。二軒長屋と言っても、アメリカの家。約8畳のベッドルームが2つ、キッチン、リビングは12畳位と、日本のアパートと比べると贅沢なスペースが多く、夫婦二人での生活には十分な広さで満足していた。

警察に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

【Red vs. Blue】外国人の受け入れ対応に変化を迫られる日本

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は外国人労働者の受け入れ拡大に繋がる改正出入国管理法が成立した日本について、アメリカ人両派の意見を聞いた。


銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

銃社会の現実 年間300件を超える銃乱射事件が起きるアメリカ

ある日、知らない誰かに突然銃で撃たれて死ぬ……。まるでハリウッド映画に出て来るような話だが、アメリカでは銃乱射事件が数日おきに起きている。今年も、ワシントン州立大学が毎年継続しているアメリカの銃暴力比較の調査結果が発表された。


「ライフル」という町の驚愕レストラン

「ライフル」という町の驚愕レストラン

米コロラド州に、変わった地名の町がある。その町の名は、「ライフル」。人口1万人強の小さな町だが、その地名を体現するようなコンセプトのレストランが、にわかに注目を集めている


日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

日本の逸品、アメリカ人が査定③「DAISOのイージーシーラー」

編集部が勝手に選んだ日本の優れた商品を、アメリカ人に試してもらうというこの企画。今回はアメリカでも人気のダイソーで買い出し。1つ5ドルの「イージーシーラー」、値段が安いと大喜びのアメリカ人だったが……






最新の投稿


成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

成功への選択「入浴剤」2019年1月18日~1月24日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたのビジネスを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょうか?


アメリカの本当の顔とは?

アメリカの本当の顔とは?

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は、時代の変化に柔軟性のない共和党(保守)に対して、民主党(リベラル)がいかにそうした変化を受け入れて柔軟であるかを軸に、アメリカのあるべき今後の姿について語る。


誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

誰でもシルク・ドゥ・ソレイユに挑戦できる! ラスベガスで新体験

エンターテインメントの街、ラスベガスは、カナダに本拠地のあるシルク・ドゥ・ソレイユのアメリカ拠点としても知られている。現在ラスベガスでは6つのショーが上演されているが、その本場の舞台に出演中の日本人パフォーマーが、新しいビジネスをスタートさせた。ラスベガス旅行を計画している人には特に注目の新情報だ。


あれから1年、#MeToo はどうなった?

あれから1年、#MeToo はどうなった?

アメリカ生活20年強。翻訳家の高柳準が、アメリカ文化とそれにまつわる矛盾を語る「アメリカで暮らしながら想うこと」。今回はハリウッド界に端を発する「#MeToo」について。女性差別問題は根深く、複雑化しやすい。性別や文化により、セクハラと性犯罪の違いに対する意識の違いを浮き彫りにしたこの運動、あれからどうなったのだろう?


アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

アメリカ版の福袋? 女子力アップの「サブスクリプション・ボックス」

日本の1月の風物詩のひとつである「福袋」。今年も85,000円もする「ジャイアント馬場福袋」があっという間に完売したり、新たな出会いを願う人のための「婚活福袋」が登場したりと世間を賑わせたが、アメリカにも福袋の発想に近い商品がある。それは若い女性を中心に人気を博している「サブスクリプション・ボックス」だ。その箱の中身とは?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング