米メディアが絶賛 銃に厳しい日本は完璧に近い国

米メディアが絶賛 銃に厳しい日本は完璧に近い国


 アメリカの銃規制問題は複雑だ。銃を支持する派と反対派が一歩も引かぬまま、米国内の銃犯罪数は年々増え続けている。そして犯罪数の増加に比例するように、銃所持を支持派と反対派の声がさらに高まり、両者の歩み寄りはまったく見られない。

 そんな中、BBC国際ニュースが今年1月に出した「なぜ日本は銃犯罪をほぼ根絶できるのか」という日本の素晴らしさを讃える記事が、フェイスブックなどのSNSを通じてアメリカで再び拡散されている。

 同記事では、銃所持とその取り扱いに厳しい日本を「ほとんど完璧に近い国」だと絶賛。「アメリカでは2014年の1年間で33,599人も銃で死亡したが、日本はたった6人だった」という比較から始まり、「日本では、試験を受けて所々の手続きを踏んだ上で初めて銃を所有でき、しかもショットガンと空気銃に限られる」ことや、「日本の警察官は事件があってもほとんど銃を使わず、勤務時間外には銃を携帯すらしない。警察署や所属先の保管庫に銃を置いて帰宅する」ということに驚き、さらに射撃訓練終了後に「射った弾と薬莢の数が合わなければ、全員で射撃場内を探し回り、見つかるまで施設から出られない」など、銃の徹底した管理と安全確保の方法を列挙し、「だからこそ日本では銃乱射事件が起きない」と、日本は他国の見本となるべき国だと賞賛している。

 なかでも特に、銃を多用するアメリカの警察と、そうでない日本の警察を比較し、日本の警察官たちを掲げている。とはいえ、その説明の中には「日本の警察官たちは射撃よりも柔道や剣道などの練習に励み、誰もが黒帯になることを期待されている」とか、「日本の警察官は、暴れている人物や酔っ払いがいると、その人物を大きな布団でブリトーのように(注:薄い皮で具を巻いたメキシコの食べ物)ぐるぐる巻きにして、それを担いで交番に運び入れ、そこで人物を落ち着かせるのだ」など、読者の笑いを誘うような説明も見られるが、記事の焦点は「銃の所有者が限りなく少ないことが、国の安全に繋がることの証明」だとして、銃規制の重要さを伝えている。

 ラスベガス銃乱射事件など、アメリカでは銃による悲劇が続いている。解決が難しい問題から一瞬でも逃避したいと思う人たちが、日本という国に思いを寄せて、この記事を静かにシェアーしているのかも知れない。

引用元:How Japan has almost eradicated gun crime

私が銃を所有する理由

https://bizseeds.net/articles/441

 今から約10年前、渡米して間もない頃の私たち夫婦は、貯金をするために数年ほど家賃の安い築50年の二軒長屋を借りて生活していた。二軒長屋と言っても、アメリカの家。約8畳のベッドルームが2つ、キッチン、リビングは12畳位と、日本のアパートと比べると贅沢なスペースが多く、夫婦二人での生活には十分な広さで満足していた。

警察に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

保守派が選ぶ8月・9月のフェイク・ニュース「ワースト5」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがここ2カ月間に報道したニュースの中で、多くの保守派が「フェイク・ニュース」だと断言しているニュースの「ワースト5」を紹介しよう。


どんなに銃撃事件が続いても、銃を手放さない米保守派の言い分とは?

どんなに銃撃事件が続いても、銃を手放さない米保守派の言い分とは?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、罪のない大勢の人々が犠牲になる悲惨な銃撃事件が立て続けに起きているアメリカで、銃規制に断固として反対し続ける保守派の見解を著者が解説する。


トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

トランスジェンダーの不法移民専用の収監施設がすごすぎる件

メキシコ国境と隣接する米テキサス州に暮らすイスラム教徒のジャーナリスト・西森マリーが、米国内でも報道されにくい保守派の声やテキサス州など南部の住民たちの声をお届けするコラム。今回はトランスジェンダーの不法移民専用の収容施設が米国民のホームレスより環境が良いのはおかしいだろうという保守派の声について。


【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

【Red vs. Blue】日本でのトランプ大統領の発言に、アメリカ国民はどう思ったか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は先月、日本に新元号初の国賓として訪れたトランプ米大統領が、日本で開催された記者会見で自国の政敵の悪口を言い、金正恩の発言をサポートしたことについて。


アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

アメリカの警察は人種により対応が異なるのは本当か?

日本でよく聞く「職質」、いわゆる「職務質問」とは、街にいる「怪しそうな人」に警察官が声をかけることだが、英語だと職質は「プロファイリング」と呼ばれる。日本と同様、警察官が気になった人に対して名前や職業などを尋ねることが、今アメリカでは社会的な問題になっている。






最新の投稿


大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

大手メディアがまったく伝えない「トランプ大統領の良いところ」

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、アメリカの大手メディアがまったく伝えないトランプ大統領の良い部分を、保守系メディアではどう報道されているかを紹介しよう。


マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

マイ・エコバッグより、さらに一歩進んだエコ袋とは?

環境に配慮した日用品が市場に増えて来たアメリカでは、捨てずに何度も使用できるストローや、店で買い物をした際に自分のエコバッグを持参することなどがかなり定着してきた。最近ではエコバッグはもちろん、そのバッグ中にいれる商品の小分けに使う袋も洗って何度も使えるものや、土に返せるコンポースト素材のものが増えている。


今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

今年も「ボスキャリ」の季節がやってきた

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は、アメリカの大学を卒業する日本人学生のほとんどが参加すると言われている恒例の「ボストン・キャリア・フォーラム」における就活の様子について。


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


【Red vs. Blue】合意に達した日米貿易協定 それでいいのか、日本?

【Red vs. Blue】合意に達した日米貿易協定 それでいいのか、日本?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回は合意されたばかりの日米貿易協定を、政治的な見解が異なるアメリカ人たちがどう思っているかについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング