アメリカの性病感染数は1億1千万

アメリカの性病感染数は1億1千万


 米国疾病対策予防センターによると、米国ではクラミジア、淋病、梅毒などの性病(STD)の発生率が増加しており、現在推定で1億1千万もの感染が報告されている。若年から成人女性に最も多いのはクラミジアで、15歳から19歳の9.2%、20歳から24歳の8%が感染している。梅毒の割合はすべての年齢層、すべての人種で増加し、20代に最も多い。同センターの性病予防ディレクター、ゲイル・バロン博士は、「性病増加の傾向を逆転させるには、すべての人がそれぞれの役割を果たす必要がある」と述べている。増加する性病と政治がどういうつながりを持つのか。RedとBlueの見解は?

出典『New York Times』紙
元記事:110 Million Americans Have an S.T.D.

RED: このバカげた結果はリベラル派による性の考え方のせい
“Leftist Sexual Polices have ridiculous consequences”

 アメリカにおける性病(STD)の発症率は過去20年のうち大部分で激減し、1991年から2000年にかけては段階的に減少した。しかし今、性病が再び増加している。それについては(ある部分)ハリウッドと、そして悲しいことに我々の政府による、10代のセックス、10代の妊娠、父親のいない子供への美化と宣伝のたまものだともいえるだろう。それは、なぜか? アメリカの左派政治家と地方自治体関係者は、10代のセックスを非難するのではなく、それを可能にさせたからだ。政府のプログラムによって、中高校の10代の子たちに避妊具を提供した(子供たちはいずれにしろセックスするのだから避妊具を与えるのに越したことはないというのが、奴らの誤った理屈だ)。さらに、ほとんどの左派およびリベラル民主党による中絶の正当化と宣伝は、人々が無防備な性行為に対して責任を取らない結果をもたらした。

 仮に、貧しい少女が妊娠したとしよう。そして避妊手術を受けられる医療機関がそれほど遠くないところにあったとしたら、実際に避妊手術を受けた女性たちが負う、生涯にわたる感情的心理的ダメージとは関係なく、手術は行われるのだ。セックスは常に何らかのリスクを伴う。いかなる社会も10代のセックス、無防備な性交渉、避妊手術、または未婚の母を美化したり、奨励したりすべきではない。こうしたリベラル派の考え方が、結果として性病を減少させるのではなく、感染率に大幅な上昇をもたらしたのだ。

 ついでに、ひとつ補足しよう。14歳から49歳までの黒人アメリカ人女性の48%が性器ヘルペス・ウイルスの感染者だ。冗談ではない、大変な悲劇だ。これはセックスに対する左派リベラルたちの考えがアメリカに広がった直接的な結果である。


BLUE:アメリカにいる全ての人が医師にかかれるべきだ
“Everyone in America Should Have Access to a Doctor”

 アメリカで1億1千万もの性病が発症しているというのに、2,800万人ものアメリカ人が健康保険に加入していない。なぜなら右派が、「貧困層は医療を受けるに値しない」と考えているからだ。500万人のアメリカ人はプランド・ペアレントフッド(全米家族計画連盟)を通して医療保険を得ているが、右派はこの団体が避妊手術を行っているからという理由で閉鎖を望んでいる。 

 これらの何百万もの無保険のアメリカ人は、定期的に医師にかかるのではなく、地元の救急医療室に駆け込むことになる。それは患者にとってより高額な負担になり、もしも支払えなければ、自治体が支払うしかない。

 アメリカにおいて性病は、安全な性行為によって撲滅に近づけることが可能だ。しかし、宗教的な右派たちは、子供への性教育に反対するだけでなく、性病への感性を予防できる避妊手段にも反対しているのだ。

 右派は貧しい人々を医者から遠ざけ、全ての人々を性教育から遠ざけることに努力を払っている。右派は、まるで性病に感染した、これほど多数の患者の全てが左派だと考えているのだろうか? 今こそアメリカは、公衆衛生や安全なセックス、医療保険へのアクセスを制限することによる、本当のコストについて真剣に考える時だろう。 

記事トピックスは、過去のメジャーな事件やニュースも含みます。

寄稿者

ジム・スミス(Jim Smith)農場経営者  
 1965年生まれ。アラバマの伝統的な保守派の両親のもとで生まれ育った影響から、自身も根っからの保守支持に。高校卒業後、アメリカ陸軍に入隊。特殊部隊に所属し8年軍に従事するも、怪我が原因で除隊。その後テキサス州オースティンの大学で農経営学を学び、現在は同州アマリロ近郊で牧畜を中心とする多角的な農場を営んでいる。地元の消防団に所属し、ボランティアの消防隊員としても活動するなど、社会奉仕活動多数。妻と子供3人の家族5人暮らし。

ポール・クラーク(Paul Clark)データ分析コンサルタント
 1972年、オレゴン州のリベラルな街に生まれ、両親も親戚も学友も周囲は皆リベラルという環境で育つ。カリフォルニアのベイエリアにある大学へ進学し、英文学とコンピューターサイエンスを専攻。卒業後はベイエリアの複数の企業に勤務し、各種のデータ分析業務に従事。現在は家族と共にオレゴン州に在住。趣味はサッカーとクラフト・ビール造り。

アメリカ人に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連する投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

野菜は近所で調達! ローカル・フード・ムーブメント

「サステイナブル(持続可能)」は、今日のアメリカの農業を語る上での、ひとつのキーワードだ。サステイナブルな農業にもいろいろな方法があるが、身近でそれを実現させている注目のサイトを紹介しよう。


ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

ミレニアムのテレビは「コード・カッティング」

進化を続けるオンライン事情により、日々豊かに変化していく人々の暮らし。そんな世界で賢く生きる術とは? デジタルマーケティング専門家、ティム・ポールが解説するコラム『オンラインと僕らの生活』。最近はアメリカの一般家庭でも自宅用の電話を引かず、携帯電話だけにする人が増えたが、テレビもまたその流れを追っている。


アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーとの出会い その2

アース・ウィンド&ファイヤーや、メアリー・J・ブライジなど、ビッグネームの舞台を支える著者が見た、エンターテインメントの実際とは? 飯塚登志子がお届ける『アメリカのエンタメ業界、そして私の進む道』。今月は著者のアメリカでのキャリアの出発点となったアース・ウィンド&ファイヤーとの仕事が、いかにして始まったかの続編だ。






最新の投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング