億万長者が実践する朝の「風水」

億万長者が実践する朝の「風水」


 『フォーブス』誌で世界の億万長者として紹介されたこともある老紳士は、ヨーロッパ貴族の末裔で、その後、アメリカを拠点にアートのコレクターとなった。一度、彼のニューヨークの自宅を訪問した際、さりげなく飾られている絵画がピカソやモネだったことをよく覚えている。彼は日本の作品も好きだった。私が日本に住んでいたことがあると話すと、会話が弾んだ。彼は夢中になって竹久夢二の話をしてくれた。飼い猫を「YUMEJI」と名付けるほど、彼は夢二を愛していた。

 そんな彼が凝っていたもののひとつに、「風水」がある。夢二の暮らした東京下町を旅した際に、偶然立ち寄った店の庭が風水を元にデザインされていると知って以来、彼はすっかり風水の虜になったのだと言った。彼はニューヨークだけでなく、ヨーロッパにもいくつか家を所有しているが、そのひとつであるオーストリアの屋敷は、香港から風水師を呼び、すべてデザインさせたと言っていた。そして、その屋敷が完成した直後から、素晴らしい出来事が立て続けに起こったそうだ。娘の結婚が決まり、孫が誕生した。コレクションに加えたい作品も様々な偶然が重なり、オークションなどに参加しなくても、何故か彼の元に作品がやって来るようになった。一番の幸運はピカソの絵で、「風水がピカソを運んできてくれたんだよ」と、それは嬉しそうに話していた。

 その老紳士は以降、「朝の風水」というものを大事にしていた。これは風水というより、彼がそう呼んでいる「儀式」のようなものだ。朝起きるとすぐに、ピレネー山脈に位置するフランスのルルドから特別に取り寄せた水を一杯飲みほし、これを朝食替わりにしていた。ルルドという地は、聖母マリアが出現した地とされており、カトリックの巡礼地にもなっている。聖母マリアが示した場所を掘った洞窟から湧き出る水は、万病を癒す奇跡の泉として知られ、世界中からその奇跡を求めて人が集まることでも有名だ。

 「風水は水や風の流れを大切にするが、この知恵を学んでから、人間の体の水の流れも滞ってはいけないと思うようになった」と言い、この儀式をかれこれ15年も続けていると話していた。ニューヨークから遠く離れたルルドから水を輸入するためだけに、彼は5人も雇っていた。風水を取り入れ、ルルドの泉を朝の儀式にするというのは、少し不思議な組み合わせのようにも思えるが、こういう人たちは自分が「良い」と思ったことには、金額など二の次なのだろう。

自己啓発に関する記事 >

この記事の寄稿者

関連するキーワード


自己啓発 文化

関連する投稿


もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

もう手放せない! ありそうでなかった「ヨガマット」

米ロサンゼルス在住のヨガ愛好家が開発したヨガマットが、全米のヨガ愛好家たちを夢中にさせている。一体、どんなマットなのだろう?


「一流」や「本場」から学ぶということ

「一流」や「本場」から学ぶということ

「ペンタゴン(米軍)式」はビジネスでも使える! メンタル・トレーニングを中心に、国防省現役キャリアの著者が知られざるペンタゴンの世界を紹介する『ペンタゴン式・心の鍛え方』。何かを習得したい時には、ボトムアップでコツコツ自分を試すだけなく、一流や本場と呼ばれる世界に体当たりしよう。


オペラ歌手の真冬の恋

オペラ歌手の真冬の恋

運命鑑定と開運アートで、ハリウッドセレブリティら、ビッグネームたちから愛される著者がこっそり伝える成功者たちの習慣とは?Sara Sayes(サラ・セイヤス)の『運命鑑定士がみたアメリカ人の幸福』。年の瀬になると著者の元には翌年の運勢鑑定が殺到するが、よい運気でも運が上がらない人もいるらしい。必ず開運するコツとは?


「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法

「意識的な3秒」を積み重ねて、人生最良の選択を実現する方法







最新の投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング