ソフトバンクがアメリカを制覇する日

ソフトバンクがアメリカを制覇する日


 現在、アメリカのビジネス界で最もその動向が注目される日本企業と言えば、何といってもソフトバンクであろう。孫正義氏は日本の実業家としてアメリカでも知られているが、ここ最近、アメリカで彼の名を目にしない日はほとんどない。

 孫氏が一般のアメリカ人にも知られるようになったきっかけは、トランプ大統領のツイッター・コメントによる部分も大きい。選挙を勝ち抜き大統領への就任が決まったトランプ氏が、「マサが500億ドルをアメリカ企業に投資し、5万人の雇用を新たに生むことを約束してくれた」とツイートしたのは昨年12月7日のこと。二人のツーショット写真が日本のメディアでも取り上げられていたので覚えている人も多いと思うが、このツイートはアメリカでも特に保守層の間で拡散され、「リベラルはトランプ政権誕生に納得していないようだが、彼は偉大な大統領になる。すぐさま公約通りにアメリカの雇用に働きかけをしてくれた」と、歓迎モードだった。

 「あの日」に孫氏が交わしたトランプ大統領との約束は、着々と守られつつあるようだ。10月16日には、かねてから噂されていたソフトバンクによるUber社への投資が、来週にも合意に達する見通しであることが報道された。このニュースは、『ウォール・ストリート・ジャーナル』誌が主催する「Dライブ」というテクノロジー会議に出席したUber役員の一人、アリアナ・ハフィントンが明らかにしたもので、その投資額は100億円にもなる可能性が高いという。これが実現すれば、ソフトバンクはUberの株式の20%前後を取得することになり、同社の大株主に躍り出ることになる。

 このニュースとほぼ同時に、ソフトバンクがアメリカの携帯電話会社で業界大手第4位のSprintとドイツテレコム傘下にある業界第3位のT-Mobile USを経営統合させる可能性が高まったというニュースも浮上した。この統合が実現すれば、業界1位のVerizon Communicationと第2位のAT&Tに迫る規模になる。

 ソフトバンクがSprintを買収したのは、今からちょうど5年前の2012年10月15日のこと。ソフトバンクはその後、T-Mobile USとの経営統合を目指していたが、アメリカ連邦通信委員会(FCC)などからの承認が取れずに中断していた。統合の発表は、早ければ10月中に行われるとみられている。

 さらに10月17日、『ウォール・ストリート・ジャーナル』誌が、ソフトバンクがオーストラリアのレンドリース・グループとインフラ関連の合弁事業を立ち上げ、全米に約8,000の携帯電話基地を取得することを伝えた。ソフトバンクは、グローバルにテクノロジー分野へ出資することを目的とした「ビジョン・ファンド」を保有し、すでに93億ドル調達していると言われているが、第二の大型ファンドを調達する動きにも出ており、さらなる事業投資をアメリカ国内で進めるのではないかとみられている。

 立て続けにアメリカ市場で積極的な動きを見せるソフトバンクに対して、アメリカの投資家たちも舌を巻いているが、こうした動きが急激に進んでいる背景には、トランプ大統領が昨年、孫氏と会談した際に「検討する」と回答した様々な規制の緩和が功を奏しているのかもしれない。ソフトバンクの積極的な動きが何を意味し、最終的に何を求めているのか――今後の同社の動きからは目が離せそうにない。

引用元①:SoftBank's deal to invest in Uber 'very likely' in the next week, Arianna Huffington says
引用元②:SoftBank Venture Seeks 8,000 Cellular Sites Across U.S.
ビジネスに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連するキーワード


日本企業 Uber SoftBank

関連する投稿


日本に居ると分からないアメリカ

日本に居ると分からないアメリカ

シカゴを拠点に、30年近くビジネスを展開する著者が、アメリカに進出したい企業人が知っておくべき常識や、ハイパーニッチで事業開発を加速化する術を指南。岸岡慎一郎のコラム『今こそ、アメリカで勝負!』。2017年はトランプ政権発足により、波乱の幕開けであった。1年が経ち、経済はどのように動いているのか。今年を総括してみたい。


今年も大人のためのキティが帰ってきた!

今年も大人のためのキティが帰ってきた!

日本生まれのキャラクターとして「全世界を制覇した」といえる認知度を誇る「ハローキティ」。今年も「あの」大人のための商品が発売され、全米のキティ・ファンが熱狂している。


日本版統合型リゾート「IR」への指針

日本版統合型リゾート「IR」への指針

巨大カジノホテルがひしめくラスベガスは世界一の観光都市とも謳われる。その地で観光産業のノウハウを学び、職を求めて体当たりし続ける著者が綴る等身大体験コラム、塚原ミキヒトの『ラスベガス就活奮戦記』。日本のカジノ構想を語る上で、最も重要なのは統合型リゾートIR(Integrated Resort)の実現ではないだろうか?


日本の○○がラスベガスにやって来る!?

日本の○○がラスベガスにやって来る!?







最新の投稿


【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

【Red vs Blue】NYタイムス紙の詩織さん報道 レイプ被害者に対する日米の視点の違い

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された記事に各派のアメリカ人が各々見解を披露する。今回は米メディアが取り上げた日本の「詩織さんレイプ被害事件」について。通常は意見が対立するレッドとブルーだが……?!


 1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

1月第1・2週ニュースピック! スマホからホワイトハウスまで

先週アメリカでは、どんなことが起こり、何が話題になったのか? 米大手メディアが拾わないような現地ニュースも含め、アメリカ人たちが「これは見逃せない!」と思ったニュースをピックアップ!今回は2週間の拡大版。背筋が寒くなりそうなテック・ニュースなどに注目!


シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

シアトル市の新しい税金にコストコもため息?

アメリカでは、日本ではあまり馴染みのない不思議な税金が課せられることがある。新年から導入されたシアトル市の新しい税金には、消費者だけでなく、コストコのような量販店もため息交じりだ。


訳が分からないアメリカの不法移民問題

訳が分からないアメリカの不法移民問題

保守とリベラル派の対立が激化し、「分断された」と言われるアメリカだが、実際には中道派も多く存在する。二つの異なる思想の間で様々な思いを抱く中道派の視点で、グッドイヤー・ジュンコが「アメリカ」を語る。1,100万人以上とされるアメリカの不法移民。トランプ政権発足後、取り締まりが強化されているが……。


権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

権利意識が社会を変える:アメリカ女子アイスホッケー(前編)

アイスホッケーの在米コーチである著者が、アメリカのプロスポーツ・ビジネスの構造や考え方、ユース・スポーツの育成、アプローチ方法などを情報満載でお届けする、若林弘紀のコラム『スポーツで知るアメリカ』。平昌オリンピックの開幕まで、あと約1カ月。今回は注目の女子アイスホッケーで、なぜ北米が優位なのかを解説する。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング