ソフトバンクがアメリカを制覇する日

ソフトバンクがアメリカを制覇する日


 現在、アメリカのビジネス界で最もその動向が注目される日本企業と言えば、何といってもソフトバンクであろう。孫正義氏は日本の実業家としてアメリカでも知られているが、ここ最近、アメリカで彼の名を目にしない日はほとんどない。

 孫氏が一般のアメリカ人にも知られるようになったきっかけは、トランプ大統領のツイッター・コメントによる部分も大きい。選挙を勝ち抜き大統領への就任が決まったトランプ氏が、「マサが500億ドルをアメリカ企業に投資し、5万人の雇用を新たに生むことを約束してくれた」とツイートしたのは昨年12月7日のこと。二人のツーショット写真が日本のメディアでも取り上げられていたので覚えている人も多いと思うが、このツイートはアメリカでも特に保守層の間で拡散され、「リベラルはトランプ政権誕生に納得していないようだが、彼は偉大な大統領になる。すぐさま公約通りにアメリカの雇用に働きかけをしてくれた」と、歓迎モードだった。

 「あの日」に孫氏が交わしたトランプ大統領との約束は、着々と守られつつあるようだ。10月16日には、かねてから噂されていたソフトバンクによるUber社への投資が、来週にも合意に達する見通しであることが報道された。このニュースは、『ウォール・ストリート・ジャーナル』誌が主催する「Dライブ」というテクノロジー会議に出席したUber役員の一人、アリアナ・ハフィントンが明らかにしたもので、その投資額は100億円にもなる可能性が高いという。これが実現すれば、ソフトバンクはUberの株式の20%前後を取得することになり、同社の大株主に躍り出ることになる。

 このニュースとほぼ同時に、ソフトバンクがアメリカの携帯電話会社で業界大手第4位のSprintとドイツテレコム傘下にある業界第3位のT-Mobile USを経営統合させる可能性が高まったというニュースも浮上した。この統合が実現すれば、業界1位のVerizon Communicationと第2位のAT&Tに迫る規模になる。

 ソフトバンクがSprintを買収したのは、今からちょうど5年前の2012年10月15日のこと。ソフトバンクはその後、T-Mobile USとの経営統合を目指していたが、アメリカ連邦通信委員会(FCC)などからの承認が取れずに中断していた。統合の発表は、早ければ10月中に行われるとみられている。

 さらに10月17日、『ウォール・ストリート・ジャーナル』誌が、ソフトバンクがオーストラリアのレンドリース・グループとインフラ関連の合弁事業を立ち上げ、全米に約8,000の携帯電話基地を取得することを伝えた。ソフトバンクは、グローバルにテクノロジー分野へ出資することを目的とした「ビジョン・ファンド」を保有し、すでに93億ドル調達していると言われているが、第二の大型ファンドを調達する動きにも出ており、さらなる事業投資をアメリカ国内で進めるのではないかとみられている。

 立て続けにアメリカ市場で積極的な動きを見せるソフトバンクに対して、アメリカの投資家たちも舌を巻いているが、こうした動きが急激に進んでいる背景には、トランプ大統領が昨年、孫氏と会談した際に「検討する」と回答した様々な規制の緩和が功を奏しているのかもしれない。ソフトバンクの積極的な動きが何を意味し、最終的に何を求めているのか――今後の同社の動きからは目が離せそうにない。

引用元①:SoftBank's deal to invest in Uber 'very likely' in the next week, Arianna Huffington says
引用元②:SoftBank Venture Seeks 8,000 Cellular Sites Across U.S.
ビジネスに関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

渦中の米WeWork、この3カ月半で新規オープン622件。大丈夫かの声

米メディアを騒がせている「WeWork(ウィーワーク)」。先月末のIPO撤回、カリスマ創設者の退任や現金不足など、厳しい局面を迎えていることで注目される一方で、ソフトバンク・グループの巨額出資、今月10日までの3カ月半で123都市、合計622件も新規共同オフィスをオープンしたことも注目されている。


米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

米フード配達員の約3割、客の食べ物を配達中につまみ食い?!

配車サービスの運転手が、レストランやファストフード店から自宅へ温かい料理を配達してくれるサービスは、アメリカでも人気が高い。しかし、「Uber Eats」など米大手フード配達サービス4社と契約している配達員500人のうち、なんと28%が「配達中に我慢できずに客の食べ物をつまみ食いしたことがある」というアンケート結果が出ている。


アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

アメリカで人気の配車サービス 田舎での普及が課題

広大なアメリカでは、日本のように公共交通機関が発達していないため、車だけに頼る生活をしている人が多い。そのため米沿岸部で始まった配車サービスは瞬く間に普及し、タクシー業界に大きな痛手を与えているが、田舎ではほとんど普及していない状況だという。


スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

スターバックス全米直営店2,000店舗で来春から宅配開始

とうとうバリスタが淹れたエスプレッソやカフェラテが自宅に届く時代がやってきた。スターバックス社が来春から全米規模でコーヒーの宅配サービスを開始する。部屋着のままでフラペチーノが飲めることを喜ぶ人もいれば、コーヒーまで宅配できると外出が減りそうだと心配する声も。同社のこの動きは業界のテクノロジー化に拍車を掛けそうだ。


アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

アメリカに押し寄せる「バイク・シェアリング」の波

オレンジ、ライムグリーン、イエロー、レッド、ライトブルー、ホワイト……。これらは米大都市を走り回る「バイク・シェアリング」(自転車シェアー)の色鮮やかなブランド・カラーだ。米東海岸都市からゆっくりと全米に広がったバイク・シェアリングが、配車サービスのUberや中国勢の参入などで市場が加速し、勢いがとまらない。






最新の投稿


米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

米大統領選ガイド(4)「フェイスレス・エレクターとは?」

2020年11月3日に実施される米大統領選挙。トランプ現大統領率いる共和党とリベラルな民主党が政権奪回を争う選挙戦は、その後の世界情勢にも大きく影響するが、米大統領選のルールはかなり複雑だ。そこで、米大統領選を2000年から取材しているジャーナリスト・西森マリーによる、どこよりも分かりやすい解説をお届けしよう。


「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

「えっ、そうなの?」 日本とは全く視点の異なるアメリカでの家探し(3)

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。「アメリカでの家探し」の第3回目、今回は新築の家を購入する際に気をつけたいことを説明しよう。


今どきのアメリカ、コメ事情

今どきのアメリカ、コメ事情

アメリカの名門エモリー大学で28年間、教鞭をとってきた著者が語る、アメリカの日常と非日常。今回は日本人の心、お米について。アメリカ国内における米事情を紹介しよう。


今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年12月6日~12日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


トランプ大統領の弾劾を叫ぶ民主党を保守派があざ笑う理由

トランプ大統領の弾劾を叫ぶ民主党を保守派があざ笑う理由

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けする、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は現在進行形の「トランプ大統領を弾劾するべきか否か」問題にについて。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング