可愛く見えても危険な「アライグマ」には要注意!

可愛く見えても危険な「アライグマ」には要注意!


 日本における「アライグマ」(英語はラクーン:Raccoon)のイメージは、「愛くるしく可愛い動物」と言ったところだろうか。キャラクター・グッズにもなるような、つぶらな瞳と愛嬌あるしぐさ。こんな可愛らしいアライグマに対して、マイナスのイメージを持つ人は少ないだろう。

 しかし、そんな「アライグマ」たちは、アメリカでは厄介者として扱われることの方が多い。アライグマはアメリカのほぼ全域に生息している。そのため、アメリカ人にとっては、よく見かける野生動物だ。カワイイとはしゃぐのは子供たちだけで、大人たちは「ゴミ箱を荒らされる」、「散歩をしていたら突然襲われて怪我をした」、「増えたアライグマを捕獲処理してほしい」など大抵は迷惑がる。

 作家のスターリング・ノースが、自分の幼少期の思い出をつづった『あらいぐまラスカル』は、世界中の子供が魅せられた物語でもあるが、その本の中でも、アライグマが人間と共存するのは難しい動物であることはつづられている。

 アライグマ被害はアメリカのニュースにもなることもある。BizSeeds編集部のあるシアトルのような都会でも、「アライグマが木から飛び降りて人を襲った」ことが昨年ニュースで報道されて人々を驚かせたが、彼らは動いている乗り物にも、平気で飛び乗ることができるらしい。

 先月21日、コロラド州コロラドスプリングスで、「アライグマが警察の車に飛び乗る」という珍事が起きた。『デンバー・ポスト』紙は「アライグマがヒッチハイクした」という見出しをつけて、これをニュースとして報道。アライグマは、深夜に車の衝突事故現場に向かうパトロール・カーの上に突然飛び乗り、車が停止するまで降りようとしなかったという。同ニュースには、パトカー内部から警官が撮影した「フロントガラスに張り付くような格好のアライグマ」の写真まで掲載されているので、笑いたい人は下記リンクから是非。

引用元:Hitchhiking Raccoon Tries to Assist Colorado Springs Police Office on a Call
アメリカ人に関する記事 >
Bizseedsでは、アメリカの注目新サービスを日本に展開するお手伝いをしています。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

この記事の寄稿者

関連する投稿


アメリカで家を新築するのはなかなか大変

アメリカで家を新築するのはなかなか大変

NYやLAなどの沿岸都市部に比べると、圧倒的に知られていないアメリカ南部。その文化、習慣、宗教観などをケンタッキー州よりジョーンズ千穂が紹介するコラム『アメリカ南部のライフスタイル』。今回は長年住んだアーカンソー州から、同じく南部のケンタッキー州へ引っ越した話。


スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

スフィロ・リングで誰もがミュージシャンに!

 子どもでもプログラミングが可能な球体のロボテック・トイとして知られるスフィロ社の「Sphero(スフィロ)」。アメリカでは小学校や中学校の授業でも使われているテック商品だが、日本でもかなり浸透しはじめた感がある。そのスフィロを作った会社が、ウェアブルな音楽ガジェットを発売して話題になっている。


マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ入り食品市場が広がるアメリカ

マリファナ合法州が一段と増えたアメリカでは、葉に火をつけて吸引するだけでなく、成分を飲み物に混ぜたり、スイーツや料理に加えたりと、様々な嗜好品が誕生している。しかも、この市場は来年以降、さらに広がる見込みだという。


「ライフル」という町の驚愕レストラン

「ライフル」という町の驚愕レストラン

米コロラド州に、変わった地名の町がある。その町の名は、「ライフル」。人口1万人強の小さな町だが、その地名を体現するようなコンセプトのレストランが、にわかに注目を集めている


同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

同性カップルにウエディング・ケーキを販売しない店が勝訴した理由

圧倒的にリベラル派が多く住むカルフォルニア州。同州在住でトランプ大統領に投票しなかったアメリカ人のひとりである著者が語る、今のアメリカのリアル。今回は「男性同士のカップルに対してウエディング・ケーキを販売することを拒否したベーカリー」の側を支持する判決を“米最高裁判所”が出したことに対して、憤るリベラル派の意見を伝える






最新の投稿


どんなに銃撃事件が続いても、銃を手放さない米保守派の言い分とは?

どんなに銃撃事件が続いても、銃を手放さない米保守派の言い分とは?

米テキサス州に暮らすイスラム教徒の著者が、米国内でも報道されにくい保守派の声をお届けするコラム、西森マリーの「トランプ支持がなぜ悪い? アメリカ保守派の考え方」。今回は、罪のない大勢の人々が犠牲になる悲惨な銃撃事件が立て続けに起きているアメリカで、銃規制に断固として反対し続ける保守派の見解を著者が解説する。


今週の神秘ナンバー占い(2019年8月23日〜29日)

今週の神秘ナンバー占い(2019年8月23日〜29日)

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。あなたの運勢はどのように変化する?!


ヴィーガンが崇める植物製肉「ビヨンド・ミート」の勢いが止まらない!

ヴィーガンが崇める植物製肉「ビヨンド・ミート」の勢いが止まらない!

「健康維持と環境保護ができる代替肉ブーム」が、北米で止まらない勢いを見せている。なかでも、植物ベースの代替肉としてベジタリアンやヴィーガンなどの健康志向の人たちを中心に大人気の「ビヨンド・ミート」は、今年5月に上場して以来、株価が2カ月弱で9倍にまで上昇。一時はIPO幹事行が投資判断を引き下げたほど注目が集まっている。


【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

【Red vs. Blue】「白人共和国」を望む共和党は、自由の国アメリカを破壊するのか?

米二大政党、共和党と民主党。保守派共和党の公式カラーは赤、リベラル派民主党は青。アメリカの分断は両者の意見が大きく異なるためだ。当連載ではアメリカで報道された新聞記事について各派のアメリカ人が見解を披露する。今回はタイム誌の「共和党はアメリカを白人共和国にするためにトランプを支持し、アメリカを破壊しようとしている」という記事について。


世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

世界初! サンフランシスコ空港「プラスチック製の水ボトル販売禁止」を決定

米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港が、8月20日から空港内における使い捨ての飲料水入りペットボトルの販売を禁止することを発表した。世界的にプラスチック製ゴミの問題が大きくなる中、それを減らすために市をあげて取り組む姿勢だ。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング